第54話 京の母襲来?

おはよー、朝だー。

棒ハム太郎系VTuberのごとく起きた。


「なかなかに、よく寝れた」

基本眠たい俺にすると朝起きて、あんまり眠たくないことは珍しい。


「おはよう、京」

「おはよう・・・」

京は、眠そうな目をこすっている。かわいい……

「おはよう、2人とも朝ごはんできてるから、早く食べちゃいなさい」

今日の朝食は、目玉焼きに味噌汁、サラダにご飯だ。

ちなみに皆様は目玉焼きになにをかける派?

何をかけるかで戦争が起きるとかなんとか聞いたけど、俺は醤油にマヨネーズをかける派。

こらそこ、デブになるとかいわない。まじでおいしいんだよ。


「女の子の天敵ですね…」

ん?マヨ醤油のことか?

京はスタイルいいんだし、気にしなくてもいいと思うんだがなぁ。

女心ってよくわからない。痩せてるのに自分は太ってると思ってる子もいるみたいだし。

「旨いんだよ…、一回食べてみそ?」

俺は一切れ切り取って京の皿にのせる。

「じゃあ、いただきます」

若干いやそうながらも食べる京

「どうだ?」

「おいしい…」

うんうんと頷く。

「だけど、たまにでいいかな。こればっかりにしてたら太りそうだし」


「ごちそうさま」

「やっぱりはやいなぁ~。」

あんまり食事に時間をかけたくないので5分程度で終わらせる。

これで社畜になってもエネルギーの摂取はできる。

あらやだ、私ったら社畜向き。


この視線にももう慣れた。慣れって怖いね。

特別害があるわけではないので、困ってはいない。

最近は、怖い先輩に呼び出しを食らうこともなくなったので、ゆっくりできている。

まあ、行ったことないんだけどね・・・


「京の母さん何時くらいにくるか知ってるのか?」

両親が共働きなので、あまり早く来られても待ちぼうけをくらうはめになる。

「16:00くらいにはつくみたいだよ」

「それなら多分母さんも帰ってきてるだろう」

SHR開始の予鈴がなったのでスマホをしまった。


うわっ。一限から体育かよ・・・

体育が終わってからの記憶が曖昧だ・・・


「ふぁぁ。寝ちゃったか」

「おはよう?。帰ろっか」

時計を見れば16:20

「そうだな・・・」

もう、京の母さんが家にいることだろう。


京のスマホが鳴った。

『京、逃げなさ…』

「え?お母さんなに?」

なにやら京が混乱していた。

「どうしたんだ?」

「お母さんから、逃げろって電話がきて・・・」

昨日母さんが言ってた、なにかが起きたのか…。

「よし、とりあえず逃げるぞ」

「でも、お母さんが」

「とりあえず、京が今帰るほうが危ないと思うから。」

なんなら、俺の部屋にカメラが仕掛けられてるから、それを活用すれば状況を確認できる。

ありがとう、燐。今俺を監視していた、カメラが役に立つよ。


とりあえず、俺の部屋の映像を俺のスマホの画面に映した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます