第14 親衛隊!?

「うーん」

何かの下敷きにされているような感覚が来て俺は起きた。

「うわ、2人共上に乗っかって寝てるよ…」

寝相悪いのがわかってるから俺を真ん中にしたのか…

「おーい、起きてくれ。重いんだけど」

「「レディに対して失礼でしょうが」」

俺はグーで殴られた。

「もう…やだ…」

俺の意識は遠のいていった。


「「ごめんなさい」」

目が覚めたと同時に赤面した2人から謝られた。

「あぁ、気にしないでくれ」

それ以上、寝相のことに触れることはなく俺たちは学校へ向かった。


登校中にて。

「あのーおふたりさん?とても歩きにくいので離れていただけないですかね」

「「いやだ」」

妹がめっちゃ睨んできてるし、周りからの視線(殺意)も痛い。

「一回離していただけます?靴紐を結び直したいんで」

「それなら」 「いいけど」

「ありがとう」

俺は2人が離した瞬間に走り出した。

「もう、いやだー」

「まて、逃げんな」

「まてー」

捕まったら死亡。ミスは一回もできない。

く〜、ミッションイン○ッシブルみたいで熱いな…

俺は捕まることなく学校に着くことができた。

「久々に疲れたな…」

「おはよう、怠惰なお前が走ってくるなんてよっぽどのことがあったのか?」

「おはよう櫻、ちょっとね…」

「はぁ、はぁ、はぁ」

「はぁ、はぁ、はぁ」

「春が2位の京が3位だな」

「そんなことよりなんで突然はしりだしたの?」

春さーん?自覚して。僕にくる視線殺気が痛いからに決まってるやんけ。

「栄治君、いこうか」

京が俺の手と絡ませてくる。

まあ教室が同じなんだけどこれはやめて欲しい。

「あの・・・やめていただきたいんですけど」

「なんで?幼馴染ならこれくらい挨拶のようなものでしょ?」

「どんな幼馴染だよ!!!」

勢いよく突っ込んでしまった。

「櫻行こうぜ」

「お、おう」

「まさか…そっちが好きなの?」

「だから川の字で寝ても襲わなかったのね」

「ちっげーわ、ってか爆弾投下しやがって」

2人の親衛隊にめっちゃ睨まれるんだが…

春のがあるのは知っていたが、京のができてるなんてびっくりした。

俺はこれ以上いたらまずいと思い教室へ逃げ込んだ。

「俺の平穏な学校生活は何処へ…」

深いため息をついた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます