【未来系バトルアクション】特攻装警グラウザー〔エピソードX1抜け修正しました〕

作者 笹月風雲@特攻装警

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

しっかりとした地文は迫力の一言につきる。

近年ラノベというものは描写がなくても面白ければいける。みたいな事になってるようですが、それでは駄目だと思っています。

だってここにしっかりと濃厚な描写の作品があるんですから。

一つ一つが手に取るように分かる重圧な文章。
どこかへと置き忘れてしまったのは軽くて面白さだを求めた文。
この作品は面白さもあり、ラノベのように軽くはない。それは濃厚で臨場感のある描写を書けるからこそではないだろうか。

世界観も練られていて、豊富な知識が光る。


SFというジャンルを知らなくてもいいんです。この作品を読めばSFがどんな世界でどんな感じなのか。
お手本にしてみたくなるような文章です。

★★★ Excellent!!!

もう少しすれば、訪れるかもしれない時代。
もしかすれば、実現されるかもしれない未来。
新たなる発展の時を迎えるも……しかし、犯罪は起こる。

平和と治安を守るべく、彼らは存在し、戦う。
特攻装警――アンドロイドの法の護り人たちは。

鋼の身体に纏うは、巨悪を討つためのハイテクの武装。
されど、その胸の内に宿すのは血潮よりも熱い意志。

護るために戦うそんな彼らは――おそらく、人間が決して到達することの叶わぬヒーローなのかもしれない。

★★★ Excellent!!!

本作は贅沢に参ります。

童心に響くワクワク。
マニア心を唸らせる作り込み。

ですが、真に私が燃えるもの。

――それは、“リアルをまとったワクワクの魂”。

リアルとは。言わば“大人の愉悦”。
ワクワクとは、言わば“男の子の夢”。

いずれも本作は網羅しております――が。

本作の根底に滾るものは。
ワクワクが体現する――言わば“原初の高揚感”。

護るべきもの。
超えるべき敵。
襲い来る困難。
立ち向かう勇気。
そして――克服のカタルシス。

掛け値なしのロマンに身を委ね。
手加減なしの演出に翻弄され。
そして目指すは――ワクワクの極致。

いざ赴かん、根源の愉悦へ。

正義の魂に心を燃やせ。
緻密なリアルに酔いしれろ。

『特攻装警X未来戦線』

その肌で感じ取れ――未来。

★★★ Excellent!!!

≪日常から地続きの世界観≫
近未来東京、現在の社会問題がそのまま放置され、進行した世界が舞台だ。高度な再開発を迎える大都市東京の陰には、正義を成すに難く、悪を成すに易い世界が広がっている。疲弊した一方で、前時代的な硬直体制から抜け出せない警察組織は、凶悪化する国際犯罪にどう立ち向かうのか?

≪兄弟達よ巨悪に立ち向かえ!≫
人の可能性を拡張するサイボーグ技術、そして人を助けるための存在、アンドロイド。これらは人類の夢の結実かもしれない。しかし、そんな人類の夢が悪夢に変わりつつあった。人と機械……いや「新しい人」と呼べるアンドロイドのかかわり方が醸成される過渡期の時代に産み落とされた鋼の兄弟達は、どんな未来を切り拓くのか?

≪特撮モノ?否……読めば分かるさ≫
重厚なSF設定・アクションは言うに及ばず、刑事ドラマ、組織犯罪、国際テロ、成長記録、格差社会、果ては人と機械の恋愛といった要素さえ内包する物語は、読む人の興味に応じた面白さを伝えることだろう。

≪機械の身体に人の心を……≫
警察という組織内で活躍する特攻装警達は、時として人間よりも人間らしくイキイキと動き回る。人ではない存在。しかし人と共に生きるべき存在。それ故に人たらんとするアンドロイド達は、獣性を帯びたヒトよりも余程に人らしい……


彼等は根源の所で、自分達が活躍しない事を望む真のヒーローなのだ!