第17話 安堵のひととき

翌日、よく晴れたいい天気になった。

空は雲ひとつ無く、とても青く澄んでいる。


僕はいつも通りの時間に家を出た。

そして、いつも通りの時間のバスに乗った。


バスが学校の前に停車すると、生徒たちがゾロゾロと降車口から降りていく。

ブザー音とともにバスの扉が閉まる音がした。

でも、僕は動くことなく、そのままバスに乗っていた。

病院に向かうためだ。


学校をサボるのは彼女と海に行った時以来、人生二度目だ。

ただ、その時のようなドキドキする高揚感は全く無い。

手術前に一目だけでから彼女に会いたい、その気持ちだけだった。


病院前でバスを降りた。

朝の病院のエントランスホールは診察待ちの人でいっぱいだった。


彼女の病室に着いた。

でもそこに彼女の姿は無かった。お母さんの姿も見えない。


 ――あれ、どこに行ったのかな?


僕は病室を出て彼女の姿を捜した。

急に不安感が僕を襲った。


待合室を捜してみた。

すると、そこに見覚えのある男性が一人で長椅子に座っていた。


この人の顔は忘れない。

彼女のお父さんだ。

会うのはあの海へ行った日の病院以来だ。


 ――あ、まずいな。でも挨拶しないと・・・。


そう思い悩んでいるうちに、お父さんが先に僕に気づいてしまった。


「君は確か・・・なぜ君がここにいるんだ? 学校は?」


 ――すいぶん怒ってるみたいだ。あたり前か。


「あの・・・すいません。彼女のお見舞いに・・・」

「見舞いって、よくもまあ・・・」


かなりイライラしている様子が伺える。

前に会った時も怒ってはいたが、今日はその時とは明らかに雰囲気が違っていた。


お父さんが今にも怒鳴り出しそうな瞬間だった。

そこにちょうど彼女のお母さんが帰ってきた。


「あなた、やめて! 名倉君は私が呼んで来てもらったの!」

お父さんは訳が分からないというような困惑した顔になり、黙ったまま顔を背けた。

「名倉君、ごめんなさい。咲季、朝から緊急手術することになったの。実はもう手術室に入ってる」

「え、もう? だって手術は午後からじゃ」


あまりにも突然のことで僕は愕然とした。

どうやら彼女の容態が予想より悪化して、予定を急遽早めたらしい。


「そんなに悪いんですか彼女。大丈夫・・なんですか?」


お母さんはしばらく黙ったまま下を向いていた。

その様子から、大丈夫なんてことはないということが容易に想像がついた。


「ごめんさない名倉君。今日は帰ってもらえる。何かあったらすぐに連絡するから」


僕は黙って頷くしかなかった。


 ――大丈夫。心配ない。心配ないよ。


僕は自分に言い聞かせた。


いつも物事を悪い方向にばかり考えている自分だったが、今回だけは大丈夫と信じていた。

いや、無理やり信じ込んだ。

そう思わないと僕自身の感情を保てなかった。


僕は夕べ彼女に言おうとして言えなかったことを悔やんだ。


 ――いや、変なことは考えないようにしよう。


僕はこのまま学校へ行かないでサボってしまおうかとも考えたが、学校から家に連絡が行くと面倒なことになるので学校へは行くことにした。


授業は三時限目から出ることができた。

でも頭はうわの空の状態で、先生の声なんか全く耳に入らなかった。

僕はもう気が気ではなく、何回もスマホの画面を確認した。


四時限目が終わり昼休みとなった。

スマホの画面を見たが、やはり着信は無かった。


 ――やっぱり病院に戻ろうか。


そう思った時だった。

メール着信の振動が響く。


僕はすぐにスマホの画面を見た。

お母さんからだ。


心臓の鼓動が一気に高まった。

僕は祈りながらメールを開いた。


『名倉君、連絡遅くなってごめんなさい。咲季の手術は無事に成功しました。

本当にありがとう。明日には面会できると思うから、時間が分かったらまた連絡します』


 ――よかった!


心の中でめいっぱいに叫んだ。


僕の視界は急激に大きく広がり、まわりのものすべてが明るく輝いて見えた。


 ――よかった! 本当によかった!


心の中で何度も叫んだ。

心なしか風も暖かくなった気がする。

明日、彼女に会ったら真っ先に言葉で伝えよう。

言えなかった僕の本当の気持ちを。


家に帰ってからも時間が経つのが異様に長く感じた。


 ――早く、早く明日になあれ!




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます