第33話 明日へ

 

『ミッションコンプリート。すべてのミッションが完了しました』


 アナウンスが流れる。


『三分後に教室に戻ります。お疲れ様でした』


 ミッションが終わりカムイやクリスの前に椅子が出現する。

 最初にカムイが、次にクリスが椅子に座って消えていく。


「ルカ、くっつきすぎ、椅子に座れない」


「一緒に帰る。まだ座らないで」


 アリスが椅子に座るのをルカが邪魔している。

 アリスが死にかけてからルカの様子がおかしい。

 側から見ていると百合ゆり全快だ。

 二人の様子をハイドが白けた目で見ている。

 ようやくルカの椅子が出現すると二人で同時に椅子に座る。


 アイと二人きりになった。

 ナナが死んだ時、無謀にもジークに立ち向かうのをアイは身体を張って止めてくれた。

 それから一言も話していない。

 気まずい空気が流れている。

 一言、礼を言っておこうとアイを見る。


 パンツを脱いでいた。


「な、なにしてるんですかっ」


 動揺して大声で叫んでしまう。


「ん、ナナ、下着ないの気にしてたから」


 脱いだパンツをナナの着物の上に置く。

 キョウヤとナナ、二人の遺体を綺麗に並べていた。

 ナナの首は元の位置にちゃんと戻している。


「向こうでも履いてなかったらかわいそうだからね」


「そっか......」


 良かった。痴女的行為でなくて本当によかった。


「それじゃ、俺も」


 スエットのポケットからアルミに包まれたおにぎりを出す。


「食べなかったの?」


「半分のだけ食べた。後であげようと思ってたんだ」


 オカカのおにぎりをキョウヤの身体の上に置く。

 アイと二人で手を合わせる。


 椅子が現れ、座る。


「サヨナラ」


 ナナの笑顔が頭に浮かぶ。

 それがぐにゃりと歪んだ後、すべてが真っ暗になり教室に戻った。


 生き残った全員が椅子に座ってる。

 ナナ、キョウヤ、ヒロシの机に花が飾られていた。

 結局、新人は一人も生き残れなかった。


 キーンコーンカーンコーン


 スピーカーからチャイムが鳴る。

 時計を見ると夜の五時を指している。


『リザードマン討伐ミッション結果』


 黒板に文字が書き込まれていく。


『出席番号1番 カムイ君 8530P』


『出席番号11番 クリス君 50P』


『出席番号12番 アリスさん 910P』


『出席番号18番 ルカさん 910P』


『出席番号 30番 アイさん 135P』


『出席番号 33番 ハジメ君 135P』


『出席番号 34番 キョウヤ君 死亡』


『出席番号 35番 ナナさん 死亡』


『出席番号 36番 ヒロシ君 死亡』


『次回のミッションは四月七日の予定です』


『それではみなさん、また明日〜〜』


 カムイのポイントが桁違けたちがいだ。

 ジークを倒したポイントが大きいのだろう。


「さて、それじゃあ、ワタシはA組に戻るわね〜」


 クリスが立ち上がり、携帯を取り出す。


「待ってるわよ、カムイちゃん」


 カムイにウインクした後、こちらを見る。


「あらあら、怖い顔してるわね。ハジメちゃん」


 顔に出ていたのか。

 ナナとキョウヤの直接の原因はクリスではない。殺したのはこのデスゲームだ。

 だがそれでも考えてしまう。

 クリスがジークを呼ばなければ、二人は今も笑って、ここにいたんじゃないかと。


「強くなってA組に来たら、話聞いてあげるわ。ここじゃ弱い者が語る権利はないのよ」


『クリスくんがA組に編入します。皆さん、笑顔で見送りましょう』


 スピーカーから音声が流れる。


「それじゃ、みんな」


 クリスが深々とお辞儀をする。


「また地獄で会いましょうね」


 クリスの姿が一瞬で消える。


 教室に沈黙が流れる。

 最初にアリスとルカが席を立ちロッカーに戻った。


「寝るわ。今日、晩御飯いらない」


 アイもロッカーに戻る。

 カムイと二人きりになった。

 左手で携帯をいじっている。

 普通の体型に戻ったときに無くなっていたカムイの右手が再生されていく。

 どうやらポイントで回復をしているようだ。


 花が飾っているナナの机越しに、じっ、とカムイを見つめる。

 ミッション前夜のカムイの言葉を思い出していた。


『これからお前は数々の死を見ることになる』


 ナナ、キョウヤ、ヒロシ、カムイが言ったように三人が死んだ。


『愛しい者の死。親しい者の死。憎い者の死。幼き者の死。年老いた者の死』


 これからも続くのか。

 俺は死を見続けるのか。


『潰され、引き裂かれ、飛び散り、霧散むさんする』


 ナナは首を飛ばされ、キョウヤは頭を吹っ飛ばされた。


『だが覚えておくといい』


 だが、次は、次こそはっ。


『ここでの命は平等に価値がない』


「違うっ!」


 思わず叫んでいた。


「ナナやキョウヤの命に価値がないなんて、そんなことはないっ」


「......」


 カムイは何も話さない。

 右手は回復していたが、何も話さず黒板の方を見たまま座っている。


 立ち上がり、カムイを睨みつける。


「強くなる。誰かを守れるようにっ。俺は強くなるっ」


 カムイが静かに立ち上がった。

 俺の方を少し見た後、ロッカーに向かって帰ろうとする。


「カムイっ!」


 呼び止めていた。

 話したい事はたくさんあった。

 この世界の事、神の事、カムイはすべてを知っているのではないか。


 カムイは、ロッカーのドアを開けたまま、こちらを振り向いた。


 だが、何も話さない。

 無言でただ俺を見つめている。

 俺も言葉が出なかった。

 長い沈黙の後、カムイがロッカーに入る。


 ただ一言。

 小さな声でカムイは、呟いた。


「明日へ......」


 ロッカーが閉まり、教室に完全な沈黙が訪れた。


 明日へ。

 生き残り明日へ行けということか。

 そうすれば、すべてを知ることができるというのか。


 ならば、生き残るしかない。

 強くなり、すべてを知る。

 それまで、このゲームを終わらせるわけにはいかない。


 壮絶な四日目が終わり、五日目が始まろうとしていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

デスゲームに巻き込まれたようだけどこのゲーム作ったの俺でした 九蓮 @akirarenkon

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画