その指先に触れるまで時間のかかるじれったい恋物語

作者 時田唯

30

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いわゆる『異世界転生モノ』に対して真っ向から向き合った、とても真摯で優しい物語です。
とにかく丁寧かつ鮮やかな筆致が見事で、開始数行でもうのめり込んでしまいました。
早々に読者の意識をコントロールする手法は、さすがプロ! という感じで勉強になりますね。
肝心の内容ですが、もう本当にタイトルどおりひたすらじれったくて切ない。
でもそこに悲壮感はなく、お互いを尊重し合っている様子がひしひしと伝わってきて、むしろ胸の奥が温かくなります。
中盤からは涙を誘うシリアスなシーンもあり、緩急自在に心を揺さぶってきますが、すべては約束されたかのようなハッピィエンドへの布石であり、圧倒的な読後の幸福感とともに、この作品を読んで良かったという満足感も得られることでしょう。

じれったい恋愛モノがお好きな方はもちろん、異世界転生モノがお好きな方にも自信を持ってオススメできる作品です!

★★★ Excellent!!!

面白すぎます。完成度が高すぎる。
とりあえず1-1だけでも良いから読んで欲しい。読み始めたら多分一気に終わりまで連れてってもらえますので笑

特に素晴らしかったのが「優しくて丁寧な文章」。これがシリアスな場面でも決して崩れません。キャラが首尾一貫していて、シンパシーを強く感じます。応援したくなってきます。

あと……やっぱり可愛いヒロインは最強ですよね笑