硝子にくるまれて

作者 羽間慧

107

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

と、申し上げるのは簡単ですが、これほど思いと想いのぶつかり合いを濃密に描いた作品は極めて稀有だと思います。
『思い』は主人公ではない方(横澤)の浅はかな考えで、『想い』は主人公(新山)とヒロイン(雨宮)の間に通じていた恋心です。

情景描写はちょうどいいくらいでありながら、巧みに登場人物の視線や雰囲気を描き込む手腕は、やはり著者様にあって『流石!』と唸らされます。
僕のような映画オタクからラノベ方面に浮気(!?)してきた人間には、到底描き得ません。

まあ、何事も始めるに遅きに失することはない、とも言いますし、何かやってみるかもしれませんが。

って、わたくしめの話はどうでもよくて。
もしここまでの拙い文章でも心動かされた方がいらっしゃれば、是非ご覧いただきたい、というのが、自分の考え得る最良のレビューです。

★★★ Excellent!!!

自分のことを好きだと言ってくれた人と、何となく付き合う。
若い頃はそういう恋もあったかもしれない。
それで後から気持ちが生まれてきて、幸せになれることもあるだろう。

でも、心にそっと想うひとがいるのなら――。

考えさせられる物語でした。
文章の美しさにも強く惹かれる作品。

★★★ Excellent!!!

 自分以外の誰かを好きになることは、ありふれているようで、やはり特別なことだということが分かりますね。
 好きでもない人と付き合うこともありますし、そのあと好きな人が現れることだってある。
 好きでなくても付き合ってから好きになることだってあるかもしれない。

 色々と考えさせられる作品でした。

★★★ Excellent!!!

 この方の作品を読むと、文章に秘められた無限の可能性を感じずにはいられません。是非この美しくも儚い文学的な世界をのぞいてみてほしい。きっとあなたの心を震わせることでしょう。もしこの方の短編集が出版されたら必ず手に入れたい、私はそう思いました。

★★★ Excellent!!!

この作品の最たるテーマはこれだと思いました。
人間は臆病な生き物です。
手に入れたいと思っていても、
「手に入るか分からない」「自分が傷つくかもしれない」と思うと腰が引けてしまい、
目の前にある「手に入るもの」に手を伸ばしてしまいがちです。
しかし、その「逃げ」ともとれる選択をした時、
どのようなことが起こり得るかをこの作品は示してくれています。
このジャンルは恋愛ですが、夢とか、仕事とか他の事にも通じる、とても大事なことに気づかせてくれる作品だと思いました。