第2話 金魚のような彼女

 僕は彼女と同じゼミに所属していた。

 彼女は金魚のような人だった。金魚と言っても、優雅なひれがあるものでも美しい斑模様があるものでもない。夏祭りの出店でよく見られるような赤一色の小さい金魚だ。とりわけ目立つ特徴がなくても、どこか見る人の心を動かす力がある。彼女にはそんな魅力があった。

 だからこそ、男が雨宮の彼氏だと知って僕の胸はちくりと痛んだ。だが、複雑な気持ちは講義中にしぼんでいった。シラバス通りの進行は僕の期待を裏切ることがなく、エンドロールを見届けて心地よく余韻に浸っていた。

 四時か。案外、時間の経つのは早いな。

 感想を書き終わると、目の前に和田先生が立っていた。

「新山くん。元気そうですね」

「はい。和田先生も久しぶりです」

 気付けば講義室にいる学生は僕一人になっていた。和田先生に紙を渡すと、思いがけない一言を掛けられた。

「きみの短歌が新聞に載っていましたね」

「見てくださったんですか!」

 和田先生の目に留まっていたことが嬉しく、自然と笑みがこぼれる。僕は二年後期に取った授業で、新聞の俳壇・歌壇に応募していた。

「確か、恋の歌を多く作っていましたね。きみは、若い人にはないものを持っている」

「短歌は『みだれ髪』が好きなんです。あの情熱的な歌風に憧れて、古風なものを作りました」

  購いし紅のつけたる君のくちあふるるかげに我はときめく

 僕の脳裏に自信作が浮かび上がる。添削された作品も良いものになり、あの授業を受けて満足している。

  「好き」とだけ伝えたいのに言えなくて二音の重み心の重み

 僕がストレートな恋の苦しみに思いをはせていると、和田先生は意味深な言葉を口にした。

「新山くん。流されることも、ときには必要ですよ」

「え?」

 しかし……しかし君、恋は罪悪ですよ。

 あの一文の持つ響きと似ているように思え、しばらく固まってしまう。そんな僕に、和田先生は掴みどころのない笑みを見せたのだった。

「流されすぎてはいけませんがね」

 

 

 

 バイト後の帰路が遠く感じる。

 書店から出て商店街をとぼとぼと歩いていると、左肩が何かに当たった。おもむろに振り返ると、そこには雨宮がいた。泣きはらしたような目元に、僕は彼氏と何かあったのだろうかと推測していた。

「ごめんなさい……」

 ぶつかったことを謝る雨宮の姿に、僕は見とれていた。見慣れたカジュアルな服装ではなく、ノースリーブのワンピースだった。紺色が肌の白さを際立たせる。

「気にしないで」

 僕の声に雨宮は驚いたようだった。と同時に、涙腺が緩んでいく。

「め、珍しいね。雨宮さんがこんな時間帯に出歩いているの」

 しどろもどろになりながらも雨宮を気遣う言葉を掛ける。その顔反則と悶えたい気持ちが収まるまで、右手を強く握っていた。

 居酒屋から出てくる若者の姿がちらほら見える。雨宮を放っておくことができず、僕は駅まで一緒に歩くことにした。

 僕の眉間にしわが寄るまで長くは掛からなかった。聞かされたデートの内容は幸せな思い出ではなく、珈琲のような苦い時間だった。

 食事に行った場所に知り合いがいたため、彼氏は何の気なしに席を移ったという。それから一時間以上も放置され、耐えきれなくなった雨宮が帰ることを決めたようだ。

「怒ってよくない?」

 デート中に他の女の子のところに行くものだろうか。同窓生なら許せるものの、サークル仲間であれば学内で話すべきだと思えてしまう。

 心の声を凝縮した僕の言葉に、雨宮は複雑そうな表情を浮かべた。本音をそのまま言えるのなら困っていないと言いたげな様子に、僕は疑問を投げ掛ける。

「高校からの知り合いとか?」

「うん。四月に横澤くんと久しぶりに会って、そこから」

  茶髪に見とれていた雨宮に、横澤は「チャラそうに見える?」と見つめたようだ。 雨宮が言いそうな選択肢は一つしかない。それでも僕は言葉を紡いだ。

「それで、雨宮さんは何て答えたの?」

「『そんなことない。横澤くんはいい人だと思う』と返事をしたの」

 高校のときは気付けなかったな。……今からじゃ遅いか?

「……ベタだな」

 僕の予想は当たっていたらしく、雨宮は俯いていた。

 彼氏に気を付けて。今の話だけを聞くと、もてあそばれている気がする。

 そんな本音を口にするほどの勇気はなく、困ったら相談していいよとだけ告げた。

「ん」

 頷く雨宮が輝いて見えたのは、酔った彼女が頬を赤く染めていたからだと思う。

 僕が目を背けると、視線の先には駅があった。

「じゃあ、僕はこの道まっすぐだから」

 僕が足早に去ろうとすると、雨宮は服の袖をそっと掴んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます