第6話 部員が元ひきこもり四人になりました。

 翌日の放課後、俺は中庭にいた。

 なぜなら、土曜日に希に渡しそびれたペンダントを渡すためだ。そのため、昨夜に放課後に中庭に来るようにと、希に連絡をいれておいた。

「そろそろかな」

「すいません、奏斗先輩」

「……っ⁉」

 相変わらず、先輩という言葉に動揺を隠せない俺。

「今日は何の御用ですか?」

「大した事ではないんだけど、これを希に渡そうと思って。はい」

「何ですか、これ?」

 希が紙袋をきれいに開ける。

「な、何ていうか、それは僕からのプレゼントで、お守りみたいなものだよ」

「う、嬉しいです!でも、これって……」

「まあ、僕からの先輩としての最後のお節介かな?」

「そうですか。一生、大事にしますね!」

 そう言って、満面の笑みを見せた。

 そんな笑顔を見せられたら、また何かしてあげたくなるのは男の性だろうか?この時、俺はまた彼女の役に立ちたいと思ったのだ。

「あと、もう一つ、希に用があるんだ」

「何ですか?」

「それは希に謝らなくてはいけないことなんだ。俺、希とのこと思い出したんだ……」

「ほ、本当ですか?」

「うん。まあ、ほとんど姉ちゃんのおかげなところはあるんだけどな。とりあえず、希、今まで忘れててごめんな」

「か、奏斗先輩……もう全くですよ!私はかーくんが覚えているって思っていて、楽しみにしていたのに全然覚えていないし!それに、部活なんて作って、他の可愛い女の子と仲良くして!私、とても悲しかったんだから!」

「の、希さん?」

「それにかーくんは――」

「も、もういいから!俺が悪かった!この通り反省しています!」

 そう言って、俺は深く土下座した。

「本当に……反省してる?」

「はい!」

「分かった、許す。だから、顔を上げて」

「はい」

 そして、俺は立ち上がる。

「じゃあ、改めて謝罪を」

「分かりました!」

 さすがに、許してくれたんだから、改めて謝罪することなくね?とは言えず、素直に指示に従う。

「希!本当に――」

「ち、違う……」

「え?な、何が?」

「よ、よ、呼び方……」

「って!それは昔の呼び方で――」

「い、いいから!」

「はい!の、のんちゃん……今まで忘れていて申し訳ございませんでした!」

「ゆ、許す」

「ありがとうございます!」

「そ、それと、かーくんとのんちゃんって呼び合うのは二人きりの時だけでいいから」

「お、おう」

「うん。かーくん、私からも言いたいことがある」

「な、なんだ?」

「私も、悩み相談部に入部する!」

「え?い、今なんて……」

「だから!私もかーくんと同じ悩み相談部に入部する!」

「マ、マジで?」

「うん。私が入部するのが、そんなに嫌なの?」

 希が不安そうに言う。

「嫌って訳じゃないんだけど……ま、まあ、とりあえず、部室に案内するよ」

 あ~これはもうややこしくなることが目に見えてるな……


 そして、俺は希を連れて部室に行った。

「奏斗遅い!」

「……」

「すまん、すまん」

 相変わらず、美羽はスマホを触り、春奈は読書か。

「それより、奏斗くん。そこにいる女の子は誰?」

「うんうん」

「紹介するよ――」

「初めまして、中島希です。今日から悩み相談部に入部することになりました!」

「「え?」」

「そ、そういうことだから、仲良くしてやってくれ」

「奏斗、これは一体どういうこと?」

「そうよ、その子とはどういう関係なの?」

「え、えっと……」

 やばいな、この空気……今すぐここから逃げ出したい……

「では、私から説明しますね」


「なるほどね。つまり、希は依頼をしてくれた生徒で、実は奏斗とは昔に会っていて、奏斗は今日まですっかり忘れていたって訳ね。そして、入院暮らしが長かった元引きこもり?少女なのね」

「昔に奏斗くんと会っていたってのは先を越されているみたいで、気に入らないけど、今日まで忘れられていたってのには同情するわ。奏斗くん、筋金入りの朴念仁なのね」

「私も同感だわ。希、こっちにいらっしゃい」

「はい、先輩!」

「な、何か上手いこと希が溶け込んだのはいいけど、俺をそんな可哀そうな目で見つめるな!」

 三人が俺を可哀そうな目で見つめる。

 素直には喜べないが、三人とも意気投合してるな……


「それで、希ちゃん。部活届は提出したの?」

「まだです。この後、山本先生に提出しに行こうと思っています」

「そっか。これで、元引きこもりが四人か~」

「そうね。私たちみたいな部活なんて、そうそうないんじゃない?」

「多分、全国どこ探してもないだろうな」

「そうですね。じゃあ、私、職員室に行って来ますね」

 そう言って、部室を後にした。

「それにしても、何でかな~奏斗くんの周りに女の子が集まるのは」

「本当よね。春奈以外にライバルができるなんて……」

「ライバル?何だそれ?」

「「はあ~」」

 二人が俺に呆れたように溜息をついた。(※奏斗はかなり鈍感です)

「奏斗はこんな感じだし、時間が掛かりそうね」

「そうよね……」

「え?」

 俺には何のことかさっぱり分からん……


 しばらくして、希が部室に戻ってきた。

「ただいま戻りました!これで、今日から私もみなさんと同じ悩み相談部です!これからよろしくお願いします!」

「おう」

「よろしくね、希」

「まあ、奏斗くんのことでお互い、悩むことが多いと思うけど、よろしくね」

「はい!私、二人には負けませんから!」

「私も負けないわよ、希。覚悟しておきなさい!」

「私もよ、希ちゃん!」

 三人の間に火花が散る。

 何か、勝負事でもしているのか?(※奏斗はかなり鈍感です)

「それより、希ちゃんの歓迎会とかしない?」

「俺も賛成だな」

「そうね。春奈にしてはいいアイディアね」

「あんたに言われたくないわよ!」

「おいおい、喧嘩はやめろよ」

「「別に喧嘩じゃないから!」」

「そ、そうか」

 仲が悪そうに見えて、息ぴったりだな。

「私のために歓迎会なんてありがとうございます!」

「別に気にしなくてもいいぞ」

「そうよ。私たち同じ部員なんだし、それにライバルなんだから」

「春奈先輩……」

「そういう訳だから、希は何も気にせずに私たちに歓迎されなさい!」

「はい!ありがとうございます!」

 さっきから、ライバルって単語がちょくちょく出てくるが、未だに理解ができんな……

「じゃあ、早速だけど、今からファミレスにでも行きますかぁ~!」

 春奈が高々と手を上に挙げて言った。

「え?今から?」

「さんせ~い!」

「行きましょう!」

 俺以外の二人は賛成のようだ。

「さ、三人ともオッケーなの?」

「「「うん」」」

「そ、そっか……じゃあ、行くか」

 もちろん、姉ちゃんへの連絡は必須だ。


 俺は姉ちゃんへの連絡を済ませ、学校を出た。

「私、学校帰りに誰かとファミレスとかに行くの夢だったんですよね~」

「そうなんだ。希は入院生活が長かったからな」

「ま、まあ、私は経験があるけど……」

「わ、私もあるわ……」

 うわ~嘘くさいわ~

「そうなんですか!羨ましいです!」

「希、それ嘘だから」

「「……っ⁉」」

「そうなの?」

「おう。だって、二人の様子からして明らか強がっているし、それに二人は友達ほとんどいないし」

「なるほど~」

「の、希、納得しなくていいから!」

「そうよ!それに、奏斗くんも余計なこと言わなくていいから!」

「ごめんごめん」

「それより、そういう奏斗は経験あるの?」

「俺は光輝と何回か行ったことがある」

「奏斗のくせに生意気ね……」

「奏斗くんも私たちの仲間だと思っていたのに~」

「悪いな。俺には親友がいるもんでな」

 そういえば、その親友の光輝とは全然遊んでないな~まあ、あいつは部活があるし、そんなに頻繁に遊んでいた訳でもないがな。

 

 俺たちはファミレスに着き、店内に入った。

 時間帯が良かったのか、客はそれほど入ってはおらず、すぐに席に案内された。

「ちょっと希!何で普通に奏斗の横に座っているのよ!」

「こういうのは早い者勝ちじゃないですか?」

「違うわよ!もちろん、じゃんけんよ!」

「おい、お前ら――」

「奏斗は黙ってて!」「奏斗くんは黙ってて!」「奏斗先輩は黙っていて!」

「は、はい……」

 こいつら、何で席を取り合っているんだ?(※奏斗はかなり鈍感です)

 結果、春奈が勝利した。

「さあ、今日はパーっとやりましょう!」

 と、美羽が仕事終わりのサラリーマンのようなことを言った。

「おー!」

「「おー」」

 そして、俺たちもそれに便乗するが、心なしか、美羽と希が少しテンションが低い気がする。

 その後、俺たちは料理をてきとうに注文した。

「じゃあ、私、ドリンク入れてきますね。先輩たちは何がいいですか?」

「希ちゃん、私も行くわよ」

「ありがとうございます。奏斗先輩と美羽先輩は何がいいですか?」

「俺はコーラで」

「あ、私も」

「分かりました」

 そう言って、春奈と希がドリンクを入れに行った。

「それにしても、俺たち、周りの環境が随分と変わったよな~」

「そうね。これも全部、あんたのおかげね。ありがとう」

 美羽が不意にそんなことを言うので、俺は驚きを隠せなかった。

「ど、どうしたんだよ、急に。お、お前らしくないぞ、熱でもあるのか?」

「な、ないわよ!わ、私だって礼の一つくらいちゃんと言えるわよ」

「そ、そうか。でも、お前からそういうこと言われるのは、素直に嬉しいよ……」

「……っ⁉は、はあ?べ、別に奏斗に喜んでもらうために言ってないし!」

「やっぱり、そっちの方が美羽らしいよ」

「な、何よそれ!」

「そのままの意味だよ」

「二人とも何話しているんですか?」

 ドリンクを持って、春奈と希が戻ってきた。

「俺たちは出会う前に比べて随分変わったなって話をしていたんだ」

「そうなんですか。私もそれ分かります!」

「希ちゃんも⁉私もそれ分かるな~」

「ですよね!これも全部、奏斗先輩のおかげですね」

「俺は別に大したことはやっていないよ。でも、美羽にもさっき言われたんだけど、そういうことを言ってもらえるのは素直に嬉しいよ。まあ、俺自身、三人のおかげで変われたとこもあるし」

「あ~もうそういう話はやめにして、早く歓迎会始めましょう」

「美羽先輩、もしかして照れてるんですか~?」

「そ、そんなんじゃないわよ!」

「照れてる~」

「は、春奈まで何言っているのよ!」

 何か微笑ましいな。

「奏斗も何笑っているのよ!」

「俺か?何か微笑ましいなと思って。そんなことより、そろそろ始めないか?」

「だから言ったじゃない!」

「ですね!」

「さんせ~い」

「それではかんぱ~い!」

 と、春奈が取り仕切り、音頭をとる。

「「「かんぱ~い!」」」

「私、こういうのやってみたかったんですよね~」

「私も同学年くらいの子とやるのは初めてね。奏斗くんと美羽は?」

「俺は数回ある」

「私も」

「奏斗くんはまだしも、美羽あるの⁉」

「あ、あるわよ!」

「それはエアー友達とがじゃなくて?」

「な訳ないでしょ!私を何だと思っているのよ!」

「ごめんごめん、さすがにそれはないか~」

 春奈が笑いながら謝る。

 正直、俺も美羽がエアー友達とか作っていてもおかしくはないと思っていたが、さすがにそれはなかったか。

「それより、もうすぐ夏休みだけど、みんなは予定とか決めているの?」

「私は家族旅行は毎年あるわ」

「私は特に予定はありませんね」

「俺もだ」

「そっか。私も特に予定はないわ」

「でも、どうしたんだ?急に夏休みの予定なんて聞いて」

「いや~せっかくだし、みんなで思い出作りにどこか行くのもありかなって思って」

「それいいですね~」

 希にとって新鮮なことが多いのか、さっきからとても楽しそうに見える。

 俺と初めて出会った時のように。

「俺も賛成だな」

「私もよ」

「それで、大まかなプランは決めているのか?」

「う~ん、一泊二日で海とかどうかな?」

「泊まるのか⁉」

「私は賛成ですよ~」

「私も」

「い、いや……それはちょっときついかな……」

「どうしてよ、奏斗」

「だ、だって、男子、俺一人だし……それに、男子一人と女子三人だと親が心配するだろ?俺一人だと、頼りないし……」

 とは言ったものの、三人にはしっくりきていないようだ。

「私の親は奏斗のこと気に入っていて、心配とかしていないと思うけど、私が心配なのよね~」

 俺、美羽からはそんなに信頼されていないのか……

「私は親も私も奏斗くんのこと信頼しているわよ」

「私は親にさえ言えば、大丈夫だと思います」

「そ、そっか。でも、俺が……」

 恥ずかしくて、口には出せないが、俺一人と女子三人で一泊二日の旅行なんて、そんなアニメなんかで見る状況、俺には耐えきれん!正直、嬉しいとは思っているけど……なんていうかとにかく無理だ!

「じゃあ、私の別荘でやる?お金とかも心配ないし、近くにプライベートビーチもあるわよ」

 いや、俺の悩みは解決していないんだが……

「「別荘⁉」」

 春奈と希が驚きのあまり、思わず声を出す。

 もちろん、俺は美羽の家はお金持ちだと知っているので、これくらいのこと想定済みだ。

「美羽先輩の家ってお金持ちなんですか⁉」

「まあ、それなりにね」

「美羽は悪気がないんだろうけど、何か腹立つ……」

「奏斗先輩は、美羽先輩の家に行ったことがあるんですよね?どれくらい大きいんですか?」

「俺ら庶民からしたら、かなり大きいよ。俺も初めて行った時は驚いたよ。まず、西洋風の家で、まず、門があるんだからな」

「すごいですねとしか言いようがないです」

「私も一度、そんな家で暮らしてみたいな~」

 二人は驚きを隠せないようだ。

「私の家のことはいいから、早く旅行について話すわよ」

「了解」

「「は~い」」

「日程は夏休みに入ってから決めるとして、何かやりこととかある?」

「バーベキューがしたいです!」

「私、花火!」

 春奈と希が子供のようにはしゃぐ。

「奏斗先輩と美羽先輩はやりたいことないんですか?」

「二人に全部言われた」

「私も」

「奏斗くん、美羽、もっと考えてよ!」

 そんなこと言われてもな……こういうの初めてだし……

「う~ん、じゃあ、肝試しとか?」

「いいわね~奏斗くん」

「ですね!私も一度やってみたかったんですよね~」

 明らか、春奈と希は俺と美羽と圧倒的な温度差があるな……

「美羽先輩も何か案を出してくださいよ!」

 希が早く早くと急かす。

「ビーチバレーとかどう?」

「美羽にしていいこと言うじゃない~」

「海と言えば、ビーチバレーですよね!」

「引きこもってて今までできなかったこと、今年の夏こそはみんなでやるわよ~!」

「おー!」

「「おー」」

 俺と美羽も結構楽しみにはしているが、この二人のテンションにはさすがについていけない……

「とりあえず、パパに段取りを伝えておくから、詳しいことはまた後日言うわね」

「了解」

「「は~い!」」

 そんな訳で、今日はお開きとなった。

 

 その夜、美羽からLINEがきた。

【美羽】「お姉ちゃんが紗耶香さんを誘って、私たちの旅行に参加するかもしれない……」


【奏斗】「はあ?あの人たち、受験生だよな?」


【美羽】「そうね。でも、お姉ちゃんが私たちは志望校には余裕で受かると思うから、一日や二日くらい息抜きをしても問題ないって……」


【奏斗】「な、なるほど……そういえば、うちの学校の元会長と元副会長は成績が校内でトップ2だったな」


 ちなみに、一位は入学してからずっと姉ちゃんだ。恐るべき、姉ちゃん……


【美羽】「まあ、私の方で説得して何とかするわ」


【奏斗】「美羽は姉ちゃんたちが来るのが嫌なのか?」


【美羽】「う、うん……逆に奏斗は嫌じゃないの?」


【奏斗】「俺はどっちでもいいな」


 実を言うと、来て欲しいとか思ってたりする。姉ちゃんがいた方が俺も安心できるし……


【美羽】「そっか。奏斗が言うならそれでいいけど……とりあえず、おやすみ」


【奏斗】「おう。おやすみ」


 そんな感じで、今日は寝ることにした。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます