第24話 魔術師は、雪辱戦で手加減する

 第三階層——

 上層階では、壁面を補強する工事が行われているのだが、フロア全域が補強されているのはこの第三階層までだ。

 以降の中層階では、経路の一部だけが補強されている状態で、ルートを外れると自然の洞窟のようになっている(と、他の冒険者からウィルたちは聞いている)。


 それは、魔物の活動が著しくなる中層階以降では、土木工事の職人を兵士や冒険者で護衛するのが難しいためだった。

 かつて、ユセラ王国が魔物の完全駆除を目指していたころには、六階層までの最短経路が確保されていたそうだが——工事では殉職者も多数生じたらしい。

 

 ウィルたちは、この第三階層で因縁の敵と再会した。

 その名はガルーダ。口から火を吐く、獰猛な鳥の魔物だ。この迷宮では群れで現れる。


「前衛は任されましたっすよ」

「ああ、頼む」


 前回の探索では、この鳥相手に苦戦をしたことから撤退を余儀なくされた。

 あの時は、前衛の不足で、後衛にまで魔物の吐息ブレス攻撃が回ってきたのが、苦戦の大きな原因だった。

 だが、今度は違う。


「そんな、へなちょこな炎の息が通じるわけないっす」


 至近距離からブレスを浴びたはずのマリエラは平然としている。

 古代魔法王国の制圧用強化外骨格は、背中の部分に魔力炉心を要している。

 その炉心が、周囲の魔力を吸って、内蔵された防護術式へと供給する。

 その結果、展開される多重の保護魔術の前では、迷宮の中層階に棲息している程度の魔物の吐息ブレス攻撃など、そよ風に等しい。


 ——よし。これで俺も手加減に集中出来る。


 ウィルは久々に先陣を切って魔術を使うことにした。

 最後尾に位置しているウィルの前で、リッタが氷の魔術の詠唱を開始していた。

 ジギーは、素早く動くガルーダに対して、無詠唱の魔術の狙いがイマイチ定まらなかった前回を意識して、今回は自分から宣言して防御を担当している。

 吐息ブレス攻撃が逸れたり、後衛にまで飛んでくる個体がいないとも限らないからだ。

 とはいえ、マリエラとそれをサポートするために、細剣を振り回しているミラの働きを見る限り、その心配はいらないようだった。


 さて——前回使った<火の雨フレアシャワー>でも良いところだが、ここはこれで行くか。

 ウィルは念話で詠唱を開始する。

 同時に、このところ暇があれば練習していた、魔力だけ載せるが特に意味はない空詠唱を口ずさむ。これで偽装も完璧だ。


『次元の狭間に生じる泡よ、真なる空隙よ、大いなる無よ、』

「魔力で紡ぐ、見えない矢よ——」

『狙うにあらず、当てるにあらず、ただしかるべくあるべし、』

「虚空より生じて敵を撃て——」

『数多の敵をただひとたび貫くべし……<虚空生成・散式・追尾クリエイトヴォイド・マルチトラッキング>』

「<不可視の矢インビジブル・アロー>」


 ウィルの魔術の発動より、少しだけ、リッタの魔術のほうが早かった。

 それは予定通りではあったが——


「……とこしえの氷雪、死の氷化粧、輝ける氷結晶——歌え、<氷の嵐アイスストーム>」


 あうんの呼吸と言うべきか、術式発動前にミラは影響範囲から飛び退いている。

 ガルーダの群れの中に、残っている味方はマリエラだけ。

 そして、マリエラを中心に展開された氷の嵐に、全てのガルーダが巻き込まれる。


 嵐の中には、氷柱のように尖った霰が含まれている。それは、凍てつく空気とともに暴れ回り、火を吐く鳥の身体を切り裂いた。噴き出た炎のように赤い血も、即座に凍り付いていく。

 魔術学院の入学試験で一位を取っただけのことはある、貫禄の魔術行使だった。


 ——現代の基準では、上級魔術だったな。

 第四階梯の魔術である<氷の嵐アイスストーム>を年端もいかない年代で使いこなしているのは、ウィルの目から見ても評価に値した。


 術の中心になっているマリエラ自体は、その防護術式の効果で無傷である。


 事前に「どんな魔術でも巻き込んでくれて構わない」とマリエラは説明していたが(もちろん、ウィルに言ったわけではない)、リッタは少し信じられなかったらしく、ピンポイントで嵐の目をマリエラに照準していた。

 効果範囲外を除けば、何気に一番影響を受けない場所なのである。

 この点も含めて、リッタの魔術は、三人の中でもやはり格上だった。


 ステラよりも才能があると、本気で思うのだが……。


「と、それはさておいて……うむ、うまく行ったようだな」


 ウィルは魔力を目に集めて、<透視クレアボヤンス>を無詠唱で発動させて、ガルーダの身体を見通すと、そう呟いた。

 全てのガルーダの心臓が、三分の一ほど欠けている。

 空間制御系魔術の第六階梯、<虚空生成ヴォイドクリエイト>をアレンジして、複数体を同時にターゲットすることで、外からはまったく見えないまま、心臓だけを穿ったのだ。


 リッタの<氷の嵐>を食らった直後に、全てのガルーダがすぐに動きを止めたのはこの影響もあった。

 外側からの氷魔術による破壊と、内側に虚空を生じさせることでの破壊。


 正直、今回はリッタの魔術だけで十分だったが、もし彼女が撃ち漏らしていても、全てのガルーダには致命傷が与えられている、というわけだ。

 ウィルは自分の手並みに満足していた。

 だが、あえて言うなら、あとゼロコンマ二秒ぐらいは早く発動したかった。


 リッタの魔術の直後に発動させるとは決めていたが、少しだけ術の生成に時間がかかってしまったのだ。念話を利用した無音詠唱と、偽装詠唱の組み合わせの影響だ。


「やったわ! 前回とは全然違うわね、私たち!」

「……マリエラさんの、おかげ……」

「いやいや〜、リッタちゃんの魔術も凄かったっすよ、学生のレベルじゃないっすねー」

「ぐぬぬ……リッタ嬢は、上級魔術まで使えるのだね……。くっ、この僕も負けてはいられないな」


 そんな喜びの声が上がるパーティーの中で、ウィルは一人、決意を固める。

 この調子なら、もっと深く潜ることが出来るだろう。

 そうすれば、まだまだ訓練の機会が増やせる。


 ——手加減を、極めなくては。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます