異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思います

作者 蓮水 涼

2,647

962人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ヒロインが芯のある女性で、でも薬草のことになるとおかしくなっちゃう感じが可愛かったです。ヒーローもヒロイン一筋で安心して読めました。ただ、ヒロインの兄王子はヒロインのことを『宝物』と言っていましたが、食事を食べさせなかったり、毒を盛ったり、何か事情があったにせよ『?』と思いました。物語の中ではヒーローと兄王子がお互いわかっている感じでしたが、読者側(私だけかも知れませんが)には、伝わってきませんでした。是非とも、兄王子目線を書いていただきたいです‼️

★★★ Excellent!!!

テンポはややスローな印象で、独特の雰囲気を醸し出しているところが特筆される。トップクラスの演出と構成力が素晴らしい。
二度の人生に何を思う? 過去の記憶の活かし方が上手い。また、ヒロインの心の移り変わりの表現が秀逸。
味のあるキャラクターで固められている。みんな続きが気になりますよね。

★★★ Excellent!!!

「つまり、私は当て馬!? 周りの思い通りになんてなるものか…!」

本作のヒロイン、フェリシアを取り巻く環境は壮絶です。ほかの兄弟姉妹たちとは違って、唯一、側妃から生まれた彼女にとって苛められることは日常茶飯事でした。その為、彼女は、虐げられ慣れてしまっています。

普通ならば心折れてしまいそうな陰湿な嫌がらせを受け続けていたけれども、フェリシアは、屈しませんでした。それどころか、嫌がらせの一環として追いやられた離宮で、生き甲斐を見つけます。そう、フェリシアは、ヒロインとは思えないぐらいに男らしいのです。この、時に危うさすら感じるほどのたくましさは、彼女の絶大なる魅力です。

そんなフェリシアですが、ある日、敵対視している兄から呼び出されます。なんと、唐突に、嫁ぎ先が決まったとのことです。相手はかのシャンゼル王国の王太子、クロード殿下! 絶世の美男子、正に王子様と呼ぶにふさわしい美貌を誇る彼ですが、ここで一つ大問題が――そう、彼は、異世界からやってきた聖女を溺愛しているらしいということだ……! これが、冒頭の台詞につながるわけです。

反抗する手立てもなく、あれよあれよというまに婚約者としてシャンゼル王国に滞在することになったフェリシア。初っ端から逆風が吹きまくっている辛い状況ですが、流石はもともと負けん気の強い彼女です。幼少期から培った雑草根性(?)で、簡単には屈しません…! 

魅力的な登場人物、読みやすく流麗な文体、テンポよくすすむストーリーにひかれて、あっというまに最後まで読み終えてしまいました…!彼女の意図していたものとは別の方向に物語が回り始めた時からは、始終、ニヤニヤが止まりませんでした(*´Д`)

ぜひ、類稀なる趣味を持つ勇敢な王女の、風変わりなラブ・ロマンスをあなたも見届けてください!