もう少し思い出話

さっき名古屋の話…厳密に言えば名古屋の近所に住んでた話なんだけど、その頃は都会…名古屋の友人曰く『名古屋は大いなる田舎』らしいのだが、京丁椎の故郷と比べればとんでもない都会。やたら滅多らアニメが放送されてた記憶があります。


その頃、京丁椎と言えば『スレイヤーズ』にはまってましたな。アニメで見てた。小説も全部買ってたな…で、何曜日かは忘れたけど、『新世紀エヴァンゲリオン』『めぞん一刻』『スレイヤーズ』と林原めぐみさんの出てたアニメばかり見ていた日も在った。そこからファンになってラジオとかも聞いてたな。CDも買ったよ。


エヴァは今思うと革新的なアニメだったな…ええ、『残酷な天使のテーゼ』も買いましたよ。リアルタイムで見てました。今思うと『赤木博士って美人だけど30歳w』なんて言ってた18~19歳頃の俺はクソだな。40過ぎになって思うんだけど、30歳なんてお嬢ちゃんではないか。今となってはど真ん中のストライクだよ。むしろ30歳からが女としての色気が出るんじゃないかって気がする。そんな性癖になった原因であるエヴァを俺は許しません。


ここにもエヴァを許さない人が居る。読んでみてくださいなっと。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886093718


そんな訳で1曲。『残酷な天使のテーゼ』


……と思ったあなたは甘い。エヴァを語っておきながらこちらの曲を紹介。

京丁椎が遊んでいた街の事を歌った曲だ。うむ、懐かしいな。


https://www.youtube.com/watch?v=sZ1JNKZOStw

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます