或る劇作家の惑乱

作者 猫田芳仁

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 web小説には時折「おっ?」というものが転がっています。

 特にこの作品もタグを見れば、付けられている作品には良し悪しが両極端な作品が多いものばかりが並んでいました。
 ですがこちらは、良いほうです。

 なにしろ丁寧な物語運びと、文章や表現から立ち上ってくる独特の色気に感嘆せずにはいられませんでした。
 カクヨムという場で吸血鬼小説を読んだのは初めてなのですが、吸血鬼以外でも、こういった要素のある作品はすべからく直接的な描写になりがち、美貌を持つキャラクターも設定負けしていることが多いイメージでした。
 ですが、この作品では吸血鬼という存在そのものが持っている耽美的で退廃的なイメージが、言葉ではなく充分にちりばめられていると思いました。ホラージャンルですが、恐怖とは違う感情を揺さぶられます。
 とにかく、「初めてこの場で読んだ吸血鬼小説がこれで良かった!」と思えるような作品でした。

 「小説」としても丁寧で申し分なく、中盤以降の気を揉むような恐ろしい展開、そして最後に残される余韻までたっぷり楽しめました。

 蛇足としては、タイトル読みしたため、タグの要素も前作があることも認識しないままだったので、中盤からの展開に驚いたクチです。