沙織の日々

作者 秋永真琴

夏の日、きみを追いかけた(後篇)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 知力の低さが何の伏線にもなっていなかった件

  • この物語に何が起きたんだ!? と思いながらニヤニヤしながら読みました。タクシーのおじちゃん大好きです。