🍶宇佐美どの

 いつもの席に座って森伊蔵さんはちらりと下に視線を向けた。

 今日も可愛い月桂冠ちゃんが平場にちょこんと座っている。


 ピカピカになった棚は気持ちが好くて、森伊蔵さんはちょっとご機嫌だ。

 何より席替えがあって面倒臭いあいつと距離が出来たのだ。


 森伊蔵さんは隣に座る宇佐美を見た。

 あのチャラ男と違って宇佐美は寡黙でちゃんとしている。


「伊蔵さん」


「何でしょう宇佐美どの」


 会話も落ち着いている。森伊蔵さんは満足気に頷いた。


「貴方、ちょっと弛んでいます」


 え。


「恋をするのはご自由ですが、四六時中カッカしていては風味に障ります」


 ええっ。


「貴方の所為で焼酎全般が被害を被るのは迷惑です」


 えええぇっ。


「少し心に留めておいてください」


「……はい」



 宇佐美、説教垂れだった。


 森伊蔵さんはしゅんと下を向く。



 だけど安心して、森伊蔵さん。


 可愛いあの子が、そんなあなたを可愛いなあって目で見上げているから❤

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます