願い

『明日は帰ってくるよな?』


 夜7時、お昼寝をしなかったせいで、早めに優斗ゆうとは寝てくれた。携帯電話を確認すると、すぐるからそんなメールが入っていた。

 私は溜息をつくと、ぎゅっと携帯を握り部屋を出る。


並子なみこ。お風呂入れば? 優斗は私が見てるから」


 廊下を歩いていた私に母がそんな優しい提案をしてくれた。


「本当? 助かる。ゆっくりお風呂なんて久しぶり~。母さん、ありがとう~」

 

 自宅じゃ湯船にゆっくり浸かってお風呂、なんて時間はなかった。

 だからこうして実家に帰ってくると、ちょっとした母の心遣いが嬉しかった。


 ああ、家に帰りたくない。

 でも、仕事もあるしなあ。


 私は溜息をつきながら、扉を開ける。

 服を脱いで浴室のドアを開けると、むわっと湯気がもれ視界が一瞬白く曇った。


 とりあえず、体を軽く洗って、湯船に浸かろう。


 私は曇ってよく見えない浴室内で、足を滑らさないように慎重に歩く。そして体を軽く流し、どぼんと浴槽に入った。肩までつかると一気に疲れが取れるような心地よさに包まれた。


 ああ、本当、疲れた。

 そして曇った浴室を見渡し、目を閉じる。


「?」


 しかし視界に、何か緑色のものが見えた気がして慌てて目を開ける。


「か、かえる!」


 私は慌てて、浴槽から立ち上がった。

 が、カエルはそんな私に動じることなく、ぷかぷかと暢気に湯船の上に浮かんでいる。

 

 母さん、なんでカエルなんかいれちゃったのよ!


 私は嫌だいやだと思いながらも、それを捕まえようと手を伸ばした。


「おい、並子!」

「?!」


 そのカエルは丸い瞳をぎょろっと私に向けた。


「は、話した!」

「まあ、そう驚くな。わしのこと覚えているか?」

「????」


 覚えている?

 何のこと?

 だいたい、なんでカエルが話しているの?

 私、夢みている?


「無理もない。覚えてないか。あれは半年前のことだった。ガキに囲まれていたわしを助けてくれただろう?」


 半年前、そういや実家に来てた。

 ああ、でも、そんなことがあったような、なかったような。

 はっきり覚えてない。


「わしはあの時のお礼をするためにきた。なにか願い事はあるか?」

「願いごと?」

「そうだ」


 カエルはぴょんと、湯船から床のタイルの上に飛び移ると私を見上げる。


 夢、夢に違いない。


 カエルが話すなんてありえない。

 きっと夢なんだ。

 でも夢だったら、


 私は唾を飲み込むと願いを口にする。


「人生をやり直したい。旦那と、積谷(せきや)優(すぐる)と結婚していない人生を送りたい!」

「……そんな願いでいいのか?」


 カエルは意外そうに目を瞬かせる。


「うん」


 夢だもん。

 結婚する前の、独身のときのような自由が欲しい。

 仕事もばりばりして、飲みにも行って……


 そんな思考の中に、優斗の顔が混じり、一瞬罪悪感を覚える。 

 でも私は夢だもんと首を横に振った。


「いいだろう。叶えてやろう。目を閉じるがいい。そして十、数えろ」


 カエルが偉そうにそう言い、私は目を閉じる。


 大丈夫。夢だもん。

 少しくらい夢見てもいいはずだ。


 だって私は毎日、頑張っている。

 たまには甘い夢を見てもいいはずだ。


「一、二、三……四……」


 恐る恐る、私は数を数えていく。


「七、八、九、十」

 そうして十まで数えきった時、ぎゅっと思いっきり肩を誰かに掴まれた。振り向くとそれはあの銅像そっくりに変化したカエルで、私は悲鳴をあげそうになる。


 カエルはそんな私に笑いかけると、馬鹿力で私の顔を湯船に押し付けた。


 ごぼごぼっと水が口から鼻から入ってくる。

 

 殺される!


 私は必死に抵抗を試みる。でも、カエルは力をまったく弱めようとしなかった。


「大丈夫だ。わしを信じろ。次に目が醒めたときは、お前が望んだ世界になっている」


 カエルの声がそう聞こえ、私は苦しさの中、ついに意識を失った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます