僕らはロボットで宇宙《そら》を駆ける

作者 七草裕也

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ロボットに乗って宇宙を旅する、そんな小さい頃の夢が大きなスケールで目の前に広がっているような、そんなお話しでした。

宇宙船に乗って旅をしてロボットで戦う、そして旅の仲間にはアンドロイドのトモ・エ、という何とも機械的な舞台であるというのに、感情があふれんばかりに咲き誇る人間味豊かな作品です。目的のためにどうするのか、相手のためにどうするのか、何を思いどうしたいのか、後半に向けてその勢いは加速していきます。

登場人物が少ないからこそ人間関係が濃密でソラと舞子の関係や距離感に目が離せませんでした。