男性B -Solution-

 事務所に戻ると、咲良さくらはおらず、れんさんが救急箱を持って待っていた。

「おかえりなさい。馬場ばばさん、大丈夫ですか?」

「掠っただけだ。」

蓮さんの手当てを受けている馬場さんの足元に、ドスンッとシオンさんが荷物を下ろす。馬場さんの左手に持っていた荷物は、代わりにシオンさんが運んでいた。

「重かったー!」

「シオンは怪我してないか?」

「人のこと心配する状態じゃないでしょ?」

「お前の血が流れると、俺がキネットにどやされるんだよ。」

キネット…工具屋での2人の会話から、馬場さんが〝クイーン〟と呼んでいた人と同じだろう。

「あの、キネットさんって、誰ですか?」

「簡単に言うと、この事務所のパトロンです。」

カウンターに向かったシオンさんが答える。

パトロン──援助をしてくれる人がいるんだ…この事務所って、いったい…………

「たっだいまー!」

勢い良くドアを開けて入ってきたのは、咲良だった。

「おかえりなさい、咲良さん。助かりました。」

「えへへー、シオンの為ならこのくらい、朝飯前だよ!もう夕方だけど。怪我したのはババベルだけー?なら良かった!」

「良くねぇよ!俺のこともちっとは心配しろ。」

「えー、ババベルは勝手に油断しただけじゃん!」

咲良はまるで様子を見ていたかのように話す。

「咲良、あそこにいたの?」

「うん、居たよー。私が颯爽と現れてシオンを助けようと思ったのに、シオンがダメだって言ってたから、大人しく隠れてたの。」

「咲良さんが出てくると、ややこしく…いえ、咲良さんを危険な目に合わせるわけにはいかないので!」

人数分の飲み物を持ってきたシオンさんは、口を滑らせる。明らかにわざとだ。

咲良のスマートフォンが鳴る。

「あ、パパブカからだ!任務完了、だって!」

「パパブカ?」

「さっきの3人、パパの部下だよー。」

あの人たち、咲良のお父さんの、部下?…………咲良って──

あおい、悪いんだが手伝ってくれるか?」

思考が中断される。荷物を右手に2つ持った馬場さんは、残り2つの紙袋を指差している。

「は、はい。」

「自分も手伝います。」

「あー、」

手伝いを申し出た蓮さんを、シオンさんが引き止める。

「蓮さんは僕のお手伝いをしてくれます?」

「え?…はい、わかりました。」

 馬場さんと共に階段を降りる。1階の部屋の鍵を開け、中に通される。大きな机と2つの椅子、壁を覆ういくつもの棚。それ以外は何もない、殺風景な部屋だ。シオンさんの事務所は、部屋の一部がカフェのカウンターの様になっているし、数々のアンティークがある。対照的だ。

「そこの机に置いてくれ。」

何もない机に紙袋を置く。馬場さんも荷物を置くが、少し顔をしかめる。

「痛みますか?」

「ん?あぁ、少しな。それより、葵。ホントにシオンについて良いのか?」

「…どういうことですか?」

「なんとなくはわかってるだろ?」

両親の会社のことだろう。でも、私は両親と接している。ただの高校生の私が、1人で踏み込んで良い世界じゃない。それに、その方が。人の目を忍んでいるのは、その方が上手く物事が回るからだ。ならば、被扶養者の私が、それに干渉するのは得策ではない。不快感が押し寄せる度、あの家に居たくないのは“なんとなくだ”と自分に言い聞かせてきた。あの家が、今の生活が、何で成り立っているか。それを認識することは、なんのプラスにもならない。

「…俺らの界隈じゃ、葵の父親を知らない奴はいない。あいつの商売相手は多い。その分、敵もいるってわけだ。そしてどちらかと言うと、俺たちは敵側だ。」

馬場さんから僅かに威圧感を覚え、少し身構える。

「まぁ、俺ら自体が敵対してるわけじゃない。そもそも、どんなコミュニティとも繋がり、かつ特定の相手とは組まない。それがシオンのスタンスだ。ただ、例外となる大きな組織が2つ。」

馬場さんは椅子を退け、紙袋の中身を出しながら言葉を続ける。

「1つは咲良の父ちゃんのとこ。気づいてるかもしれないが、あいつは佐藤さとうの娘だ。」

咲良の父親は馬場さんに何かの製作を依頼していた。そして、護身術を習うような〝御家柄〟。父親の部下の様子と、佐藤という苗字。それに関連する大きな組織…おそらく咲良は、牛込会うしごめかいの──ジャパニーズマフィアの幹部の娘だ。

でも、どうして咲良がこの事務所に…?

「咲良は…ポテンシャルが高すぎてな。何をやらせてもピカイチ。いわゆる天才ってやつだ。組織としても無視できない存在で、そんな娘が出入りしてる事務所を放っておくわけがない。良い意味でも、悪い意味でもな。だが、阿部あべとは対立してない。問題は、もう1つの組織──」

馬場さんは買ったものを選り分け、それぞれを棚にしまっていく。

「あの事務所の、いや、シオンのパトロンであるキネットの組織だ。あそこは、阿部と対立してる。」

キネット…海外の人だろうか。馬場さんとシオンさんの様に、ハーフの可能性もある。

「と言っても、牽制し合ってる程度だがな。あの女王様がパトロンである以上、シオンはキネット側につく。…それに──」

馬場さんは手と口を止める。

「いや、…あいつは出来る限り中立を貫く。ただ、支援者の身の振り方によっては、ってことだ。」

父親と対立している組織が、シオンさんのパトロン。おそらくシオンさんは、そのことを知っている。なら、どうして私を引き入れたの…?

工具店での、シオンさんの言葉を思い出す。

“あの事務所が、葵さんの新たな居場所となれば良いのですが…”

裏があるのか、本心なのか。私にはわからない。

「シオンさんって、何者なんですか?」

独り言の様な私の問いかけに、馬場さんは拍子抜けした様な顔を見せる。

「目の前の俺をすっ飛ばして、シオンのこと聞くか?」

馬場さんが苦笑する。

「あ、いえ。すみません…」

「いや、良いけどさ。俺はただの、金にがめついエンジニアだしな。シオンに関しては、俺の口からはなんとも。」

紙袋に入っていたものをしまい終え、馬場さんは私に正対する。

「それで、自分の父親と敵対する組織の支援を受けている事務所に、葵が出入りするのはどうなんだ?」

私は、一般家庭の高校生として生きている。ほとんどの人が見ているものだけを見て、ほとんどの人に見えないものは見ないで。だから、私は元依頼者として、シオンさんに誘われて、事務所の助手になった。それだけで良い。…でも、あの事務所が〝普通じゃない〟と明確に分かった今なら?〝普通の〟高校生なら…そう、さっきの茜みたいに。今まで見えてなかった部分の影が迫ってくれば、恐怖して、逃げ出したくなる。だから、私も逃げ出すべきだ。なのに──

「私は、あの事務所が新たな居場所になると、信じたいです。」

馬場さんが意外そうな顔をする。そして、ため息をきながら頭を掻いた。

あの事務所に居たい。でもそれは、居場所となるからだけではなく──

「咲良といい、最近の女子高生は逞しいな。」

いつもは見ない、〝普通じゃない〟部分に、少しだけ目を向ける。

未成年の自分にとって、それは由々しき事態だ。それでも私は、その願望を否定できない。

「ベルー?」

出口の方からシオンさんの声がする。

「ボスがお呼びだ。」

私の肩をポンッと叩き、馬場さんは出口に向かって行く。

座間ざまナンデモ相談事務所──どんなことでも解決してくれると噂される相談事務所。あの日、あの事務所に入った時から。喜ばしいことなんて無い。無いはずだ。それでも確かに、私は胸の高鳴りを感じていた。それは〝普通〟の私から、1歩を踏み出した足音だった。


 事務所には、甘い香りが満ちている。

「かっわいいーーーー!!さっすがドラゴン!」

咲良がお皿に乗ったクッキーを、スマートフォンで撮っている。

この事務所に通い始めてから1週間。放課後に事務所に来ると、蓮さんの手作りデザートが出迎えてくれることが多い。

今日はステンドグラスクッキーというものらしい。クッキーの生地で丸く枠を作り、内側に溶かした飴を流し込む。そこにエディブルフラワーを乗せ、さらに上から飴を流して挟み込む。飴が乾けば、枠の中に花が浮いている様な、なんとも写真映えするクッキーが出来上がるのだ。

「すごい、キレイですね。」

「ありがとうございます。簡単にできますから、葵さんもやってみてはいかがですか?」

この1週間で、蓮さんは本当にただの良い人だということがわかった。

蓮さんにも、何かあるのかと思ったけど──

“蓮さんですか?彼は特に後ろ暗いことはありませんよ?それこそ、この事務所に出入りしていることぐらい…いえいえ!この事務所にそんな部分ありません!信用が売りの、座間ナンデモ相談事務所ですから!ちなみに彼の本職はフラワースタイリストです。”

と、シオンさんから聞いた。名前と見た目以外はいたって普通、むしろ、かなり可愛らしい人だとわかった。ただ咲良と同様、どうしてこの事務所に関わっているかは謎だ。

私と同じで、誘われたのかも。

「んー、おいしー!花が食べれるって、不思議な感じー。」

「葵さんも、どうぞ。」

「はい、いただきます。」

「何色にするー?」

咲良はピンクの花が浮いたクッキーを口にしている。他には赤と黄色があった。

「これは、なんの花ですか?」

黄色を選び、蓮さんに聞く。

「全て、カリブラコアという花です。名前はあまり知られていませんが、見たことのある花だと思いますよ。」

口に含むと、飴とクッキーの隙間に、甘い香りと少し酸っぱい味がある。

「不思議な味ですね…でも、美味しいです。」

「ありがとうございます。」

「そうだ、シオンさんと馬場さんにも持って行きましょうか?」

シオンさんは、1階の馬場さんの工房に行ったきりだ。

「シオンは今夜、クイーンのところだから食べないんじゃない?」

「?」

咲良さんの発言の意味がわからず、首を傾げる。蓮さんが少し慌てた様にして、口を開く。

「えーっと…キネットさんは、シオンさんの支援者の方なので…………彼女はシオンさんの…その…好きにできるというか…………いや、変な意味ではなく!」

「何が変なのー?」

ニヤニヤと咲良が聞く。

「だから…その…」

カランコロンと扉が開き、シオンさんが戻ってきた。

「お、良い匂いですねー!食べられないのが残念…」

泣き真似をするシオンさんに、咲良が駆け寄る。

「聞いてよ、シオン!ドラゴンが不潔な発言!」

「し、してません!」

「女王様はシオンを好きにできるって!」

少し改ざんされた気がするが、大筋はそんな風に聞こえた。蓮さんも否定しようとしたが、“確かにそう言いましたけど…”と声を漏らした。

「まぁ、強ち間違ってないですね。」

冷蔵庫から水を取り出したシオンさんは、いつも飲んでいるココアにはせずに、そのまま口に含む。

「僕はキネットから援助を受ける。その代わり、彼女は僕に関するある権利を持っています。」

「権利?」

「はい!そしてそれに従うのが、僕の義務です。」

「どんな権利なんですか?」

「それは──」

聞いた後に、聞かない方が良かったかもと思ったが、それは憂に終わった。

「秘密です!」

 いつもより少し早く、事務所を出る。キネットさんのところへ行くために、今日はもう閉めると言っていた。

シオンさんについては、わからないことが多い。しかし1つ、ある疑問が浮かんでいた。

どうして、この事務所を開いているのだろう。

キネットさんから援助を受けられるのであれば、仕事をする必要はない。援助が足りず、金銭的に切羽詰まっている様子もない。

この謎多き相談事務所で、私の日々は流れていく。夕焼けも追い出された異世界のような路地裏から、ネオン街へと1歩を戻した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます