男性B -Survey-

 入った部屋には、いくつかの棚に大量の段ボールが置かれていた。倉庫のようだ。

「こんにちはー!」

シオンさんが挨拶をしながら、さらに先の扉に入る。それに続いて、私と馬場ばばさんも中に入った。

「おう、よく来たな。」

入ってすぐ左手のレジスターの前には、タバコを咥えた中年男性が座っていた。

「裏口、開けてくれてありがとな。」

馬場さんが礼を言う。道中でスマートフォンを操作していたのは、彼と連絡を取っていたのかもしれない。

「ったく、尾けられてるなら追っ払いやぁいいだろ?でもまぁ、お得意さんの頼みだ。そのくらいは聞いてやるさ。…ところで、そっちの嬢ちゃんは?」

男性が私に視線を移す。

「新しい助手のあおいさんです!」

シオンさんが私を紹介した。

「はじめまして、阿部あべ あおい、です…」

シオンさんは私の苗字を言わなかった。そのことに意味があったかもしれない、と名乗ってから思った。しかし、取り消すこともできない。

「阿部 葵……………そうか、俺は森本もりもとだ。」

「それじゃ、適当に待っててくれ。一応、店の中でな。」

そう言い残し、馬場さんと森本さんは倉庫に向かった。

店内には、工具類が犇めきあっている。シオンさんは、レジに置いてあるからくり時計を眺めていた。

…これからシオンさんの事務所に出入りするのであれば、確認しておいた方が良い。

「シオンさん、」

「なんですか?」

「シオンさんは、どこまで知っているんですか?」

「何をです?」

「私のことを。」

シオンさんはからくり時計を置き、私の目を覗き込む。

「それは質問の仕方が違いますよ。」

「どういうことですか?」

和かな表情に反して、その目は鋭い。

「葵さんが聞きたいのは、葵さんご自身についてではなく、父親について、ですよね?」

やっぱり、シオンさんは──

「…葵さんの父親は、主に輸入品を扱う総合商社の社長。母親はその社長秘書。〝商品〟は、かなり多種多様なようですね。」

彼は知っているんだ。その〝商品〟に、違法な物、そしても含まれていることを。

「そこまで知っていて…どうして私を助手に?」

「だって、葵さんは関係ないですよね?むしろ、被害者です。あなたが家に居たくないと思う気持ちはわかります。…石川いしかわさんの件で、あなたは居場所を失いました。それに関わった僕に出来ることとして、葵さんを助手に誘いました。あの事務所が、葵さんの新たな居場所となれば良いのですが…」

少し、驚いた。シオンさんらしくない。出会ってまだ1週間と少ししか経っていないため、“らしくない”と評価するのも変だが、そう思った。不透明な事務所の代表で、大仰で、どこか少年。本当の彼は、アンバーの瞳を伏せる今の姿なのだろうか。

「まぁ単に、葵さんが助手に向いていると思ったのも事実です!あの件での様子から、肉体的な強さがあり、行動中の精神力と動作の正確さも高いと感じました。咲良さくらさんは肉体面と精神面は申し分ありませんが、大雑把なところがあります。逆にれんさんは細かい作業ができて、精神面もまぁ…及第点ですが、フィジカルは弱いので。」

「え?蓮さんって、いかにも強そうですけど…」

「彼は荒事は苦手ですよ?でも、見た目と名前で喧嘩になる前に相手が引きますね。」

「なるほど…咲良も、スポーツか何かやってるんですか?」

「護身術はひと通り習ってると思いますよー。」

「護身術?」

「まぁ、〝お家柄〟ってやつですねー。ちなみに僕は何もやっていないので、襲われたらひとたまりもありません…」

シオンさんは自身を抱き、怯えた様な目でこちらを見る。

こういうところが胡散臭い。実は合気道の達人でしたー、とか言われても、あまり驚かない。

「シオンさんも、護身術くらいは覚えておいた方が良いんじゃないんですか?」

「なんでですか?」

「ほら、…仕事のトラブルとか、逆恨み、とか…」

「そんな!僕はただの相談事務所の代表ですよ?恨まれる要素なんて1つも無いじゃないですか!」

両手を広げてみせるシオンさん。彼はあのグレーな事務所の代表だ。

「それに何かあれば、ベルがなんとかしてくれますしね。」

…そういえば、馬場さんにだけはタメ口だよね。

「馬場さんとは、長いんですか?」

「…さぁ、覚えてないですねー。」

「5年だよ。」

馬場さんの声が、扉の開く音と共に届く。森本さんと戻ってきたみたいだ。

「そうだっけ。それで、お目当ての物は見つかった?」

「ほとんどは揃ったが、やっぱりバッフルはクイーンのとこから取り寄せた方が良さそうだ。」

バッフル?それに、クイーンって…女王?蓮さんと同じで、あだ名かな?

「わかった。キネットには、僕から話を通しておくよ。」

「頼むよ。おっちゃんもありがとな。」

「無茶な注文しやがって。ここはしがない日本の工具屋、普通のバッフルしかねぇよ。」

「工具屋にはそもそもバッフルなんて無いと思うけどな。あってもバイク用だろ?44口径には大きすぎる。」

 会計を済ませ、4つの紙袋を持って店を出る。念のため、裏口から出してもらった。私とシオンさんがそれぞれ持っている紙袋は重くないが、馬場さんの持つ2つの紙袋はかなり重そうだ。それらを難なく持っているあたり、馬場さんも体を鍛えているのかもしれない。シオンさんも、自分の安全の確保は馬場さんを頼っているようだし。

夕暮れの路地裏は、少し不気味だ。日の光が弱まり、繁華街の光も届かない。人も疎らで、このままどこか違う世界に落ちてしまいそうだ。

パリンッと背後から音がする。ガラスを踏んだような音。少し驚いたが、左を歩くシオンさんも、更に左の馬場さんも、気にせずに歩いて行く。振り返らずについていくと、遠くから息遣いが聞こえた。

「葵、」

振り向こうとした私を、馬場さんが制止する。

「振り向くな。そのまま歩け。」

頷くこともできずに、指示に従う。荒い呼吸音は、徐々に近づいてくる。足音も重なり、それはスピードを上げていく。走り出してしまいたい衝動を必死に抑える。背後の誰かは、もうすぐそこに──

ドサッという音が左から聞こえた。馬場さんが両手の荷物を手放したのだ。シオンさんの真後ろにいた誰かの右手を、馬場さんが掴む。その手には、包丁が握られていた。

「え…………」

そこにいたのは、私の親友…………だった少女。数日前、私に狂気を向けたその人。

あかねっ、どうして…」

私の問いには答えず、茜は馬場さんの腕を強引に振りほどく。その拍子に、包丁が馬場さんの左腕を掠めた。

「っ…おじさん、かなり力込めてたと思うんだけど?咲良といい、最近の女子高生は恐ろしいな。」

馬場さんが距離をとった茜に声をかける。

「あんたが、はぁ、葵を!私の葵を!!」

馬場さんの言葉も無視し、包丁をシオンさんに向ける。馬場さんも身構えるが、シオンさんがそれを制止し、前に出る。

「おい、シオン…」

「はじめまして!って言うのも変ですかね?石川さん。こうして面と向かってお話しするのは初めてですね。」

「あんたのせいで!私と葵は!!」

シオンさんに襲いかかろうとする茜の前に、馬場さんが立ちはだかる。

「ご依頼ですか?座間ナンデモ相談事務所は、どんな方からのどんなご依頼でも承りますよ!ですが──」

視界の端に、人影が映る。そこには1人の男性が…………いや、1人じゃない。物陰から、屈強そうな男性が3人。

「僕にも、依頼を受け付けられない場合があります。残念ながら石川さんは、その対象です。」

3人の男性の敵意は茜に向いている。流石に物怖じした茜は後ずさるが、3人と馬場さんは、茜を囲むように立っている。

「あなたは、我が事務所の大事な助手とエンジニアに危害を加えました。」

気圧されて包丁を落とした茜に、シオンさんが近づく。

「これ以上、僕らに関わらないでください。僕は臆病なので、あまりリスクを負いたくないんです。あなたが引かないのであれば、別ですが。」

シオンさんが自らのスマートフォンを操作し、画面を茜に見せる。画面を見た茜の顔が、曇り、少しして青ざめる。

「安心してください?直接の危害は加えません。会社の共有PCから、あの女子トイレの動画が見つかるかもしれませんが。彼のPC経由でね。」

シオンさんがスマートフォンの持った手を降ろす。画面に茜の父親が映っているのが見える。彼のかけているメガネに反射して、ディスプレイが見えた。様子から、PCのディスプレイについているカメラの映像のようだ。どうしてシオンさんのスマートフォンにそれが映っているのかは、考えたくない。

「僕のお願い、聞き入れてくれますか?」

美しく微笑む少年の瞳は、否定を受け付けない。へたり込んだ茜は、その首を縦に振るほかなかった。

「ご理解、感謝します。」

スマートフォンをしまったシオンさんは、3人の男性の1人に話しかける。

「それでは、石川さんを家まで送ってあげてください。」

頷いた男性が、茜を立たせる。

彼らが茜を家まで送るということは、茜の家が彼らに特定されている、ということだ。

「僕らも戻りましょうか。」

茜と目が合った。哀しく私を見るその瞳から、目線を外した。

私の知っていた石川 茜は、もともと存在していなかった。

そう自分に言い聞かせる。あの哀しみを湛えた瞳も、行きつけのカフェでの楽しい時間も、私を助けてくれた輝く笑顔も、まやかしだと。私に刃物を向けた少女が、彼女の本当の姿だと。全てが彼女だと認めることが、私にはできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます