男性B -Request-

その少女は今、僕の助手をやってくれています。僕の見立て通り助手の素質があったようで、もう大助かりですよ!とっても几帳面で、これぞA型!って感じですねー。

…血液型占いを信じているか、ですか?まぁ、統計学の一種なのであまりアテにはしていませんが、話のネタにはなるので。あなたは信じてます?じゃあ、僕は何型でしょうか!

…残念!ハズレです。



 事件から3日、私は再び事務所の扉の前に立っていた。ドアノブには、“closed”のカードがかけられている。

助手にしてほしいという申し出を、座間ざまさんは快諾した。そもそも座間さんからの勧誘が先にあったため、断られることはなかったと思う。それでも、私の申し出の後でスムーズに先のことを説明していたあたり、やはり私の考えは読まれていたのだろう。

扉を開ける。

「こんに──」

パンッパンッ、パンッと3つの炸裂音が私を出迎える。ドアノブを掴んだまま驚きで固まってしまう私を、クラッカーの独特の匂いが包む。

「ようこそ、座間ナンデモ相談事務所へ!」

座間さんが私を招き入れる。

「あ、あの、…これは?」

「もちろん、新しい助手さんの歓迎会です!さ、座って座って!」

ローテーブルの上には、料理やお菓子が乗っていた。どれも美味しそうだ。食材で細かな装飾までされている。

座間さんが対面のソファに座る。他の2人──高校生くらいの少女は座間さんの隣に、大柄の男性は左手のソファに座った。

「どうぞ。」

大柄の男性にジュースを注がれる。かなり厳つい。無表情で、恐い人だ。

「それでは──」

座間さんが立ち上がる。

「助手3号の就任を祝って!乾杯!!」

「乾杯!!」

少女が座間さんの音頭に合わせる。

「はいはーい!自己紹介しまーす!」

座間さんが座ると、少女が立ち上がった。

「助手1号の佐藤さとう 咲良さくらでーす!年はあおいの1個上で、今年18歳!よろしくね!」

「よろしく、お願いします。」

「ノンノン!敬語は要らないよー?私のことも咲良って呼んでね!はい次、ドラゴン!」

咲良が男性を指差す。

ド、ドラゴン…?

りゅう、です…」

男性が躊躇いながら名乗る。

「もー、ちゃんと言ってよー!」

「彼はれんさんです。苗字が〝龍〟なので、〝ドラゴン〟と呼ばれています。」

座間さんがフォローを入れる。

「なるほど…珍しい苗字ですね?」

「沖縄の、出身なもので…………恥ずかしいので、下の名前で呼んでください…」

蓮さんが照れたように顔を掻く。

「ドラゴンは見た目は恐いけど、優しいしすっごい器用なんだよー!この料理もぜーんぶ作ってくれたの!」

「え!?」

口にしようとしていたウサギ型のクッキーを見る。

「すごい…」

「でしょー!」

なぜか咲良が得意げに言う。蓮さんは、また照れながら飲み物に口をつけた。

「実はもう1人、助手ではないんですが、紹介したいエンジニアがいます。…なかなか来ませんねー。」

「エンジニアって…………座間さんに渡されたリップを作った人ですか?」

「はい、そうです!あ、僕のことも下の名前で呼んでください、。ウチはアットホームな職場ですから!」

ボンッ、と何かが爆発したような音が、下の方から微かに聞こえた。

「実験大失敗じゃー!」

咲良が変な声で何かのモノマネをする。

「様子、見てきましょうか?」

「お願いします、蓮さん。」

蓮さんが足早に部屋を出て行った。

 しばらくして、蓮さんがもう1人の男性を連れて戻ってきた。

「ババベル失敗したのー?」

咲良が〝ババベル〟と呼んだ男性は、細身だが、蓮さんと同じくらい背が高い。

「お前の父ちゃんが無茶な要望出すからだろうが!全く、作る側の気持ちにもなれっての…」

男性は右手のソファに座り、蓮さんからお絞りを受け取る。

「葵!この人はババベルだよー!」

咲良が男性を紹介する。

馬場ばば ベルナルドだ。ここの1階の工房で、まぁ…いろいろ作ってる。よろしくな。」

「32のおっさんだよー!」

「咲良!余計なこと言うな!」

きゃー、と言いながら、咲良は座間さん──シオンさんの隣に戻る。

「ハーフ、なんですか?」

「ん?あぁ、ブラジルと日本のな。」

そういえば、シオンさんも目の色が…

私の視線に気づいたシオンさんが、アンバーの瞳を細める。

「僕は日本とイスラエルです。」

「そうなんですね…」

馴染みのない国名に、イメージが湧かない。

「あ"ーくっそ、今回は上手くいくと思ったのに…………シオン、ビールないか?」

「冷蔵庫にあるよー。」

「取ってきましょうか?」

蓮さんが立ち上がる。

「よろしくー。というか珍しいな、ここに酒があるなんて。ドラゴンは飲めないし、シオンは飲まないだろ?」

「ベルが来るっていうから、蓮さんに頼んで買っておいてもらったの。」

「お、気が効くじゃん?」

蓮さんがグラスとビールの缶を持って、カウンターの奥から出て来る。

「サンキュー、ドラゴン!」

馬場さんは、注がれたビールをグラスの半分ほどまで一気に飲んだ。

「葵さんがよく顔を合わせることになるのは、この辺ですかね。あとは…じんさんかな?」

仁さん…………前にここに来た時、シオンさんがそう呼んでいた男性がいたはずだ。馬場さんよりも年上に見えた。

「ねぇ、葵!葵はどのくらいここに来るのー?」

そう言って、咲良がサンドウィッチを齧る。

「えーっと、どのくらいがいいですかね?」

苺を口に入れたシオンさんに聞く。

「依頼が入った時に手伝ってもらうので、連絡した時に来ていただければ。お給料の方も、手伝ってもらった依頼に応じて、って感じですねー。でも、仕事が無くても来ていただいて結構ですよ?」

「アットホームな職場ですから!」

咲良が言葉を繋げる。

「あたしはほとんど毎日来てるよー?やっぱりイケメンを見てると、心が潤うー。」

「俺のことか?」

馬場さんが、自らの顎に手を当てキメ顔をしている。いつのまにか、2本目のビールが注がれていた。

「違いますー!シオンのことですー!ババベルはだだのチャカオタおじさんでしょー?」

「喧しいわ!オタクでもねーしな!」

「ババベルはうるさいけど、ここに来ればドラゴンのデザートがついてくるよ!」

「このチョコケーキも、蓮さんが…?」

「そうだよ!」

「とっても、美味しいです。」

蓮さんが照れている。

「もし葵さんさえ良ければ、ここに来てください!何かあったときに、連絡して来てもらう手間が省けますから。それに、咲良さんの買い出しの〝監視役〟も欲しいですし。」

「えー、ひどーい!たまーーーーに面白そうなもの買ってくるだけじゃん!」

事務所には、よくわからないアンティークが数多くある。

「そうだ、私服を持ってきてくださいね。事務所に置いてもらっても構いません。」

毎日でも来れるなら、来たい。シオンさんだけだったら気が引けたけど、咲良に蓮さん、馬場さんもいる。あの家よりは、何倍も居心地が良い。


 次の日の放課後、事務所にはシオンさんと咲良と蓮さんに加え、馬場さんもいた。シオンさんと何かを話していたようだ。

「葵ー!待ってたよー!」

咲良が飛びついて来る。

「葵さん、お疲れ様です。」

シオンさんも私に声をかける。

「そうだ、葵さんも一緒に行きましょう。」

「連れて行くのか!?」

「僕の新しい助手だよ?顔を知っておいてもらった方が良いでしょ。」

「いや、でも──」

馬場さんが何かを言おうとして、口を噤む。

「葵さん、ちょっと買い物に行くんですけど、一緒に来てくれますか?」

 奥の部屋で私服に着替えを済ませ、シオンさんと馬場さんの元へ向かう。

「じゃあ、咲良さん。よろしくお願いしますね。」

「ラジャー!」

「蓮さんも、留守番お願いします。」

「はい。お気をつけて。」

 2人は駅の方には向かわず、路地を進んで行く。

「あの、何を買いに行くんですか?」

「あー…材料、とか?」

馬場さんが歯切れの悪い答えを返す。

「これから行く店は、ベルが仕事で使う資材をよく買う場所なんですよー。あ、こんにちは!」

シオンさんが、女性と挨拶を交わしている。彼女は私をチラリと見て、シオンさんと小声で話していた。

 道を歩く10分と少しの間に、そうしたことが3回もあった。どうやら、シオンさんはかなり顔が広いらしい。

少し、不安になった。

…彼らのコミュニティに、私の顔が知れて大丈夫かな?…………逆かも。シオンさんの仲間だと知らせることで、トラブルを未然に防いでいるのかもしれない。

相変わらず彼の考えていることはわからないが、咲良と蓮さんに慕われている様子を見て、信用できる人なのかも、と思えてきた。

「シオン、葵、」

スマートフォンを弄りながら歩いていた馬場さんが、前を向いたまま小声で伝えてくる。

「次の角を右に曲がったら、ダッシュで右側の細道に入れ。」

「え?」

私の疑問には応えず、それまでのペースを保ったまま曲がり角に差し掛かる。

曲がりきったところで、馬場さんとシオンさんが走り出す。ワンテンポ遅れて、2人の後を追う。

細道に入ってすぐ、右手の扉を馬場さんが開け、その中に滑り込んだ。

「ふぅ…」

馬場さんが息を吐き出す。

「あの、どうしたんですか?」

「尾けられてましたねー。」

シオンさんが、シャツの襟を正しながら呑気に言う。

「大丈夫、なんですか?」

馬場さんが外の様子を伺う。

「とりあえずは撒いたみたいだ。事務所はいいが、ここがバレると文句言われそうだ。」

「文句は言われなくとも、値上げはされそうだね。」

そう言って、シオンさんは細い廊下の一番奥まで進み、扉を開けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます