桜子さまは儚くない

作者 三崎かづき

137

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨムじゃなくてヨムヨムになってしまっているフトドキモノです。
さてこの作品ですが…一人の部屋で読むことをオススメいたします。
わたくしブフォ!アハハ!
グハッ!ノハー!
と押さえきれない雄叫び(,,・д・)あげまくって周囲を引かせまくりました。
さぁ、あなたもご一緒に(笑)

★★★ Excellent!!!



 前世に好きだった少女漫画の悪役令嬢へ転生……設定自体は割とよく聞くものですが、私はこの手の話はすぐに飽きてしまって、今まできちんと読んだことがありませんでした。

 しかしどういう訳か、ちょっとした理由からこのお話を読み始めたところ、終始物語内の出来事に細々反応しつつ一気読みしてしまいました。



桜子様……なんてお可愛らしいの!

いえ、あの、誤解を招かぬように述べますと、体面的にはいたって完璧で麗しく凛々しい令嬢なのです。
ただ、前世の記憶が絡んでいるにしても少々ぶっ飛んでおられるというか、もどかしいところがあられるというか。

愛すべき御方です。
発想が少々物騒なものへ走る癖は、今までの男運と苦労性のせいなのだと考えましょう。





学園ものの魅力を余すところなく利用した、表情筋制御不能化間違いなしの恋愛に、ユーモアを絶妙に織り込んだ素敵なエンターテイメント作品。


まだまだ続きがあるどころか、むしろこれからが本番となる時系列ですね。
心から更新を楽しみにしております。



Good!


少女漫画の悪役令嬢に転生する系の王道設定
中身が残念な悪役令嬢が好きで、勘違いラブコメが好きな人におすすめ

あれと学校の設定が近い感はあるけど、この手のネット小説でテンプレな設定だし、名前も創作サイトとか見て決めればこうなる
ザお金持ちキャラって感じで分かりやすいから、別にこれでいいと思う

一部であれが有名すぎるだけで、中身は違うんだから気にせず続けてほしい