桜子さまは儚くない

作者 三崎かづき

1,167

421人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんていうか最高ですね。
続きが楽しみで仕方ないです。
有能だけど少しにぶ目?疑惑のある悪役令嬢ちゃんが可愛いのと
雪城くんの頑張りっぷりが愛おしいです。

ジレったーーい!そこがいい!
少女漫画とかではヒロインが誰かとくっつくとかの前の前くらいが一番楽しく読めるような、ジレジレなストーリーを愛する人に読んでほしいです。
読み応えすごくあります。

Good!

どこかでみたようなテンプレ展開ですが、王道なのでオッケーです。ただ恋愛要素がかなり少なめですね、主人公がお節介オバサンみたいです。秋人の魅力のなさも凄いです、こいつ出てくる度にイラッときます。キャラの人物や外見の描写がほとんど無いので,取っ掛かりが少なくてあまり印象に残りません。そこら辺が残念ポイントかな

★★★ Excellent!!!

カクヨムじゃなくてヨムヨムになってしまっているフトドキモノです。
さてこの作品ですが…一人の部屋で読むことをオススメいたします。
わたくしブフォ!アハハ!
グハッ!ノハー!
と押さえきれない雄叫び(,,・д・)あげまくって周囲を引かせまくりました。
さぁ、あなたもご一緒に(笑)

Good!


少女漫画の悪役令嬢に転生する系の王道設定
中身が残念な悪役令嬢が好きで、勘違いラブコメが好きな人におすすめ

あれと学校の設定が近い感はあるけど、この手のネット小説でテンプレな設定だし、名前も創作サイトとか見て決めればこうなる
ザお金持ちキャラって感じで分かりやすいから、別にこれでいいと思う

一部であれが有名すぎるだけで、中身は違うんだから気にせず続けてほしい