第28話 勿忘草 三

「やあ、こんにちは。さっきはたくあんをご馳走さま」

「あんた、旅人さんか?」

 つい先刻、飯を振舞ってやった旅人が、穏やかな笑みを浮かべて立っていた。

「石を投げたのは、あんた?」

「うん」

「なぜ鬼の味方をするんだ。あんたも殺してやろうか」

「おや、随分と怖いことを言うね。

 私は別に鬼の味方をしたわけではないよ」

「鬼を助けただろ!」

「違うよ」旅人は小さく首を振った。「私が助けたのは、お前さんだ」

「何だと?」

 すっと、旅人は指先で、目、鼻、口を順に指差した。

「血が、出てるよ。気づいていないかな」

「え……」

 慌てて顔に手を当てる。ぬるっとした感触が、顔じゅうから感じられる。顔に触れた左の手のひらには、べっとりと赤い液体が滴っていた。

「その刀」

 旅人が神の刀を指差した。

「それは本来、人の子が使うような刀ではないんだよ。あまりに強すぎて、お前さんの体は、その負荷に耐えきれない。早く手放さないと死ぬよ」

 なるほど確かに、ソウマの身体能力は恐ろしいほどに強化されていた。体が耐えきれないと言うのにも納得だった。神にはきっと、人の脆さが理解できないのだろう。

「だが……」

 しかしソウマは刀を手放すのを躊躇った。これがなければ、ヨナの仇を討てない。

「何を迷うの。弟や、妹がいるんでしょう? お前さんが死んだら、彼らがとても悲しむよ。それに、お前さんの稼ぎがなくなったら、とても困るんじゃないかい?」

 弟と妹たち。それは確かに、困る。もしも己が死んだら、村で里子を募るはずだ。そのための金は、村でもいくらか溜め込んでいるはずだ。あの子達が飢えて死ぬことは、多分ない。だが……。

 躊躇うソウマを見て、旅人はやれやれと首を振った。それから無造作にこちらに近づいてくる。

「く、来るな」

「何がそんなに怖いの? 丸腰の私相手に?」

 旅人は小さな脇差しを持っているが、その長さはソウマの刀とは比べるべくもない。まともに戦えば、勝負にならないだろう。だが、旅人が近づいてくるたびに、全身から冷や汗が滲み出てくる。

「なんだ、もう精神まで影響されているじゃあないか。

 それにしても、傷つくなあ。そんなに怯えなくてもいいのに」

 旅人はソウマの前で立ち止まり、右手を差し出した。

「勿忘草、持ってるよね」

「わ、勿忘草?」

「そう。くれるかい? 後でちゃんと返すから」

 数秒たっぷり考え込んで、それから旅人が言っているのが、ヨナの形見のことだと思い至った。

「さあ」

 旅人が催促する。ソウマの左手が、懐の勿忘草を探った。

「待ってくれ」

 その言葉がソウマの手を止めた。左手は勿忘草を握り、しかし旅人に向けて差し出してはいない。

 その言葉は鬼の口から発せられていた。

「どうもお久しぶりで。お元気そうで何よりです」

 意外にも、鬼が丁寧に礼をした。

「どうして止めるの?」

「あいつとの約束だからです。邪魔をしないでください」

「黙って討たれてやることが、約束なの?」

「人に敬意を払うこと。それがあいつとの約束です」

 鬼はまっすぐに旅人を見た。旅人もまた、まっすぐに鬼を見つめ返す。

「それは分かるけど……。このままじゃ、良くないだろう」

 旅人がソウマの方を指差した。

「このままだと、お前さんもこのお人も、どちらも死ぬよ」

「それは、そうかもしれませんが」

 旅人は盛大にため息をついた。それから踵を返してソウマの方を向くと、今度はすたすたと間合いを詰めてくる。

「わわっ」

 反射的に刀を構えたが、旅人がひらりと袖を振っただけで、己の手から刀が消えた。代わりに旅人の手の中に、それはスッポリと収まっている。

「返し……」

 返してくれ。それがないと俺は戦えないんだ。そう言おうとして、口の端から血がぼたぼたとこぼれ落ちた。

「ああほら、だから言ったのに」

 旅人が幼子にするように、ソウマの口元を布で拭う。ソウマは地面に倒れこみ、旅人から受け取った布を真っ赤に染めた。

「もうやめなよ。無理をしても、いいことなどないよ」

 旅人の声に、嘲りなどなかった。本当に己を心配しての言葉なのだと分かる。だけど、どうしても承知できない。

「ヨナの、仇なんだ」

 討つと誓ったんだ。必ず、無念を晴らすと。

「鬼を殺すまで、帰れない」

 悲痛なソウマの訴えに、旅人よりもむしろ鬼が同調した。

「ミツキ様。そういうことですから」

 鬼が、旅人ミツキに向けて手を伸ばす。刀を返せと言っているのか。ソウマに返そうというのか。刀の力は強かった。己の身さえ危うくするかもしれないのに、わざわざ? 

「なんで、鬼が……?」

 血を吐き出しながら、ソウマは問うた。鬼は面倒臭そうにこちらに目を向けた。

「約束したのだ」

 鬼はさっきからずっと繰り返していた「約束」という言葉を再び口にした。

「誰と、何を」

「友と、人に敬意を払うと、約束したのだ」

「なんでそんな約束を」

「おれが友を、喰ったからだ」

「……なんだって?」

「おれが友を、喰ったからだ」

 その時風が吹いて、勿忘草が舞い上がった。

「知りたい?」

 ミツキが聞いた。

「ああ、知りたい」

「だって。いいかい?」

 鬼がミツキを見て、うなずいた。

「……人の子が、それを望むなら」

「それじゃあ」

 ミツキが両手を勿忘草に向け、伸ばした。

 そしてソウマの目の前で、勿忘草の花びらが砕けて散らばった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます