第13話 呪いの鏡 前編

 はあ、またか。キスケは胸の内で溜め息を零した。

 長屋で目をさますと、その枕元に小さな手鏡が置いてあった。しかも恐ろしいことに、鏡面が上を向いていた。もしかしたら、また戻ってくるかも。そう覚悟していなければ、うっかり中を覗いていたかもしれない。


 キスケは手近な布で、鏡をぐるぐる巻きにした。千に一、万に一にも鏡を覗くことがないように。

 いつどこで、捨てることができるか分からない。だからキスケはこの恐ろしい鏡を、毎日毎日持ち歩く。たいした重さでもないはずの鏡を懐にしまい込むと、それはやけにずっしりと、キスケの着物を重くした。






 あの時は、まさかこんなことになるとは思っていなかったのに。


 事の起こりは、半月ほど前のこと。小さな村に珍しく来た旅人が、どうやらどこぞの小金持ちだったらしく、貧乏な村に、随分と金子を撒いて去っていった。

 キスケもその恩恵に預かり、随分儲けさせてもらった。そしてそのとき、男が懐からぽろりと何かを落とした。


「あれ、旦那、何か落ちましたぜ」


 それは何やら布で雁字搦めに包まれており、中が見えない。それを拾おうと手を伸ばすと、旅人が怖い顔で叫んだ。


「それに触れるな!」


 それまで機嫌よく酒を飲んでいたのに、旅人が急に声をあげるものだから、キスケは驚いてすくみあがった。旅人は大声を出したことを恥じ入るように「相済まない」と呟いた。


「いったい、どうしたんで?」


 恐る恐るキスケが問うと、旅人は少々ためらいながらも、酒で口が軽くなったのか、ペロリと喋ってくれた。


「それはな、呪いの鏡なんだ」

「はあ? 呪い……ですか」


 意図せずして、己の喉から胡乱な声が漏れた。しかしキスケはぐぐっと顔面に力を入れて、一生懸命真面目な顔を取り繕った。

 いかにも胡散臭い話だったが、この旅人には、随分と稼がせてもらったのだ。少しくらい話に付き合ってやろう。そんな気持ちになっていた。


「その鏡に顔を写すとな、翌日、その者がどこぞに消えているのだ」


 旅人はそう言いながら、ぶるりと身震いをした。キスケは「へえ、そりゃあまた、恐ろしいことで」と言いながらも、酔いの回った男の言葉など、何一つ信じてはいなかった。

 旅人は赤ら顔を地面に向け、ため息をこぼす。


「捨てようにも、こいつは人間を食いたくて仕方ないらしくて、誰か別の人間の手に渡るまで、決して俺から離れちゃくれないんだ。気味が悪くて仕方ない」


 そのとき、キスケの頭にきらりと光る、素晴らしい考えが浮かんだ。


「ねえ、旦那。そうしたらその鏡、あたしに預けてみてはいかがです?」

「お前に?」

「ええ、そうです。もちろん、ちょっくらお代はいただきますが」


 旅人はしばし躊躇して、でもすぐにキスケに鏡を渡した。一刻も早く手放したかったのか、手鏡がキスケの手に渡ると、さぞ安心した様子で胸に手を当てた。

 旅人は何度も礼を言い、その何倍もの「決して中を見てはならぬ」との警告をキスケに送った。


 旅人が去った翌日、キスケは念のために鏡面を覗きこまないよう注意しながら、風呂敷に包まれた鏡を開けだしてみた。


「おお、こいつはすごい」


 呪いの手鏡の裏面は、なんとも美しい蒔絵であった。田舎の貧乏暮らしでは、一生かかっても見ることなどできないような代物だ。


 キスケはここでちょいと考えた。


(まさか、本当に呪われてるなんてこと、あるまい。ならばあたしが鏡を売って一儲けしても、誰にも迷惑はかからないってわけだ)


 蒔絵の手鏡は、さぞ良い値段で売れることだろう。

 寸の間、旅人の警告が脳裏をよぎった。


(人を喰らう、呪いの手鏡……か)


 キスケは旅人の言葉を鼻で笑った。


(ふん。怖い怖いと思うから、そんな幻想にとっつかれるんだな。あたしはそんな馬鹿な話、信じたりはしないよ)


 けれどキスケは、己で鏡を覗き込むことだけは、決してしなかった。







「大変だ。名主の一人娘のお嬢さんが、いなくなった」


 息を切らせてキスケの住む家の戸を叩いたのは、隣に住むイダだった。その言葉を聞いて、キスケはぽかんと口を開ける。


「いなくなったって……拐かしにでもあったっていうのか?」


 娘は今年で十四になる器量好しだった。人攫いにでも捕まってはいけないと、両親はまるで深層の姫君のように、娘を大事に育てた。昼日中に少し外に出るだけでも、必ず誰か付き人をつけるほどの気の入りようだ。一体どこで拐かされたと言うのだろう。

 すでに隣の村の名主の息子との縁談も進んでおり、娘は輿入れの日を楽しみにしていた。身分違いの恋による駆け落ちということもない。

 キスケの思いを読んだみたいに、イダは首を振った。


「何があったのかは分からん。でもお嬢さんがいなくなったことだけは、間違いないんだ」


 話によると、娘は夜、きちんと己の蒲団で眠ったらしい。そこまでは家の者が目撃している。しかし今朝になると、娘の蒲団はもぬけの殻で、屋敷も村も、隅から隅まで探しても、娘の姿は見当たらない。


「名主が、山狩りしてでもお嬢さんを探すと言い張っている。金子も配られるらしいから、お前も探しに行くだろ?」

「おお、そりゃあいい。すぐ行くから、先に行っててくれ」


 行方不明の娘の話になど大して興味も示さないキスケであったが、これが己の金子に繋がるとなれば、話は別だった。キスケはいそいそと家を出る支度をする。

 急いで草履を突っかけて外に出ようとすると、玄関にきらりと小さく光るものを見つけた。首をかしげ、近づく。


「ひぇっ!」


 キスケは小さく悲鳴をあげて、尻もちをついた。

 そこには、先日名主の娘に売り払ったはずの、呪われた手鏡が落ちていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます