第12話 騙し合い 前編

 例年だったら、もう雨季に突入していてもおかしくない時分に、からっと乾燥した空気が心地よかった。とはいえ、気候は野菜の収穫量にも大きく関与してくるのだから、じき、そうも言っていられなくなるのだろう。


「雲……まだ戻らないのね」


 人気のない村はずれで、二人分の着物を干していた女が、空を見上げて呟いた。女はのんびりとした様子で洗濯を終えると、用意してあった大樽に水をたっぷりと組み上げた。たいそう重いであろう樽を軽々と持ち上げる。


 川のすぐ近くに家を作ってよかった。増水が不安になるほど大きな川ではないし、生活用水は思いの外必要な機会が多い。水を運ぶのは手間だから、それが楽になるのは魅力だ。

 女は手作りの小さな家の戸を、そっと押した。


「やあ、おかえり。早かったね」


 家に帰ると、夫であるトンノが笑顔で女を出迎えた。夫のくしゃくしゃな顔から表情を読み解くのは、彼女の特技であった。なにしろトンノの顔は、ひどく歪んでいるのだ。目は膨らんだ皮膚の下に沈み込むように小さく、口は左半分が大きく腫れてしまっているため、左右で形が異なる。


「早くこちらに来ておくれ。ミラがいないと、部屋が寒く感じるよ」


 しかしミラには夫の顔の醜悪さなど、どうでもよかった。優しいトンノの言葉が、心が、他の全てに勝って愛おしい。ミラは桶を適当にうっちゃって、トンノのところに走って行った。


「トンノ、私はこれから村へ行ってくるわ。だからお留守番をお願い」

「先日も君に行かせてしまったじゃないか。今日は僕が行くよ」

「だめ。トンノはお庭のお野菜を、手入れしてあげて。私よりあなたの方が上手なんだもの。

 それに、最近目がかすんで、物がよく見えないと言っていたじゃない。そんな状態で、遠くまで行くのは危ないわ」

「けれど……また、嫌な思いをさせてしまうんじゃないかい?」

「私なら大丈夫よ」


 ミラはとびきりの笑顔を向けて、トンノの頬を撫でた。

「だって、私は普通の人間だもの」








 村に降りると、途端に白い目が彼女を出迎えた。


 自慢ではないが、ミラは美しい。

 白く透き通る肌、整った目鼻立ち、長く艶やかな黒髪。トンノと暮らす前は、村人からの縁談は、掃いて捨てるほどあったのだ。


 しかしトンノを選んだ途端、周囲がミラを見る目が、手のひらを返したように変わった。きっとミラには他人に言えない秘密があるに違いない。だからトンノのような化け物を選んだのだ。そんな噂が後を絶たなかった。


(全く、失礼な話だわ。そんな曇った目だから、トンノを化け物と呼ぶのよ)


 そのような器量の狭い男など、こちらから願い下げだ。


 ミラは振り売りの男を呼び止め、卵を求めた。呼び止められた男は笑顔のまま振り向いて、相手がミラである事に気付くと、表情を消した。


「卵を二つ、いただきたいのだけれど」

「……金はあるのかい」

「あるわ」


 ミラが金を取り出すと、ほとんどひったくるようにして振り売りは金を受け取った。ミラは卵を二つ受け取ると、一言も交わさずに踵を返した。

 それからミラは必要なものを買い揃え、村を出ようとした。すると、近所の子供達がミラの前に現れ、道をふさいだ。

 ミラは首をかしげ、子供達の目線に合わせてしゃがみこむ。


「なあに? 私にご用?」


 緊張した面持ちの子供達の中から、一番背の高い男の子が前に出た。


「ここ数日日照りが続いて、村は困ってる」


 男の子は直立不動でミラを見ている。やはり緊張しているようだ。


「そうね。畑のお野菜に影響が出て、私も困っているわ」

「お前たちのせいだろう!」


 突然男の子が叫んで、ミラはぎょっとした。後ろに控えた男の子たちが、手に石を持っている。あっと思ったときには、たくさんの握り拳大の石が投げられていた。


「村から出て行け! 化け物め!」


 ミラは目を閉じ、来る衝撃に備えた。顔だけは傷付けられないように、袖で隠す。しかしいつまで経っても、石が当たる気配はない。

 恐る恐る袖の向こうへと視線を向けると、子供たちと己の間に割って入っている着物があった。


「だめじゃあないか。人に石を投げてはいけないと、かか様に教わらなかったのかい?」


 その男は、高直そうな藍染の着物を着て、綺麗な根付けを帯からぶら下げていた。持ち物といえば大して大きくもない風呂敷と脇差一つ。顔は見えないが、声からするとまだ若い。見覚えのない男だった。旅人だろうか。

 子供達は旅人に叱られると、なぜだか悲鳴をあげながら、方々に逃げ去った。

 やれやれと肩を落とし、旅人がくるりと振り向く。


「やあ、娘さん。怪我はないかい?」

「あ、あなたこそ」


 旅人は飛んでくる石とミラの間に割って入った。たくさんの石に打たれたはずだ。だというのに、旅人にはかすり傷一つない。


「私は大丈夫。昔から、運だけはいいんだ」


 ミラは不審に思い、旅人の向こうを透かし見る。すると、石が何かに阻まれたように、一直線に落ちている。尋常ではない光景に、はっとして、ミラは目を大きく開いた。


「あ……あなたは……」


 しかし旅人は人差し指を唇に当て、

「私はミツキ。ただの、旅人だよ」

 と言った。


「ただの、旅人……」

 聞いた言葉を繰り返すと、ミツキが大きく頷いた。


「そう、そうですか。……わかりました。

 助けていただいて、ありがとうございます。ですが、もう私には関わらないでください。この村にいたいのなら、なおのこと」

「おや、どうして?」

「私が、化け物の妻だからです」


 突き放した口調で話すミラは、足早にこの場を立ち去ろうとした。それはミツキのためでもあったのだが、何を思ったか、ミツキはミラに付いてくる。


「なんですか」

「ぜひ、その化け物さんに会ってみたくて」


 呆れて口を開けて、言葉を失った。しかしミツキは悪びれる様子もなく、笑っている。


「いいだろう?」

 そう言われると、否とは言えなくなる。ミラは仕方なく承諾した。答えを聞くと、ミツキは手を叩いて喜んだ。それを見て、少々不安になる。


「ミツキ……さん」

「なんだい?」

「もしかして、村人から化け物退治を頼まれたとか」

「そんなことはないよ」


 だから安心していいと、ミツキは気楽に請け合った。

 ほとんど口をきかず村を出て、やがて村が見えなくなった頃、ミラがぽつりと呟いた。


「化け物の噂、村で聞いたのですか?」

「聞いたよ。

 ある時を境に、顔が歪んでしまった男。彼は以来化け物と呼ばれ、村のはずれの深い森に暮らしているとか。……まあ、もともと彼の一族は流れ者で、かつて住んでいた場所も、村の中心部とは言い難かったようだが」


「……私のことは?」

「化け物には妻がいると言っていたね。数年前に村に流れ着いて、しばらくは普通に暮らしていたけれど、男が化け物と呼ばれるようになると、彼について出て行ってしまったと。変わり者の女だとの噂だよ」


 ミツキの数歩先を歩いていたミラが、急に立ち止まった。己のつま先を見つめ、ぎゅっと唇を噛みしめる。

 勢いよく振り返り、ミツキを睨んだ。


「村人に、ばらすおつもりですか」


 爽やかな顔でこちらを見ているミツキが、憎々しかった。ああ、まただ。また、私は幸せを奪われるのか。悔しくて、視界が歪む。涙が滲んだのがわかった。


「本当は、私こそが化け物だと、村人に……あの人に、ばらすのですか!」


 ミラはミツキに掴みかかった。綺麗な藍染の着物の襟がはだけ、風呂敷が軽い音を立てて落ちた。


「……お前さんは、妖狐と人の間に生まれたんだね」


 ミラは、そうだと叫び、ミツキの着物を掴む手に力を込めた。


「人間の父はすぐに死んでしまったわ。妖狐の母は、父なしに、人間の血の混じった私を育てきれず、私を捨てた。親切な人が拾ってくれたこともあったけれど、人間よりもずっと成長の遅い私を、気味悪く思わない人なんて、どこにもいなかった!」


 たくさんの村を渡り歩き、ようやく生きていけた。完全な妖怪ではない彼女は、うまく化けることさえできない。人間のように年を重ねる、その真似事さえできないのだ。これでは人里で暮らしていくことは困難を極める。


「私は、呪われているの。だから……そんな私が恋などしてしまったから、私にかけられた呪いが、あの人の顔を歪めてしまった。そのせいで、あの人は化け物と呼ばれるようになってしまった!

 けれど本当は、化け物は私の方。私は、人間にも妖怪にもなりきれない、半端者の化け物なのよ」


 ミラはその場に跪いた。恥も外聞もかなぐり捨てて、ミツキに頭を下げる。


「お願いです。あの人に私のことをばらさないで。あの人にまで捨てられてしまったら、私はどうしたらいいか、わからない……」


 トンノの不幸を喜ぶようで嫌だが、最近トンノは目の調子が悪い。物がよく見えないと、よくぼやいている。もしかしたら……そんなトンノであれば、ミラが年を重ねていないことに気づかず、彼が死ぬまで、側にいさせてくれるかもしれない。


 生まれて初めて、ミラは捨てられずに済むかもしれないのだ。


 ミラは背中を震わせて、ミツキの審判を待った。ミラがなんと言おうと、ミツキがばらすと決めたら、それを止める力はミラにはない。


「安心をし」


 優しい言葉と、温かな手が降ってきた。ミツキは駄々っ子を諌めるように頭を撫で、ミラの涙をぬぐった。


「私は、化け物と呼ばれるようになってしまった男の人に、会ってみたかっただけ。本当にそれだけだ。お前さんの幸せを壊すつもりなど、全くないよ」


 ただし。


「今、男が不幸であるなら、全てを白状してもいいと、そう思っている。

 さあ、涙を拭いておくれな。私のせいで、お前さんがそんな顔で帰ったら、お前さんの亭主に会わせる顔がない」


 トンノが不幸だとは思っていないが、ミラは安心しきることができなかった。ぐっと唇を噛み締め、袖で無茶苦茶に顔をぬぐった。


 ……どうにかして、この男をまけないだろうか。

 しかしそのとき、ほっとする匂いが漂ってきた。トンノが作る、味噌汁の匂いだ。


「ああ、家は向こうだね」


 ミラが覚悟を決めきれぬうちに、ミツキは落ちた風呂敷を拾うと、さっさと歩き出してしまう。ミツキを先に行かせてはいけないと、ミラは慌ててそれを追いかけた。


 ミラは、トンノを騙し続けなくてはならないのだ。

 他ならぬトンノと、ずっと一緒にいるために。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます