メイド様と地下の大書庫

 お城の地下深く更に奥深く。明りの類は何もなく、響くのは階段を降りる二人分の足音だけ。


「まさか大書庫の存在まで嗅ぎ付けるとは驚きだなぁ」

「メイドですから当然です」


 僕の後ろを歩くのはマリー。口が悪い青髪のメイドロボ。

 大書庫の存在はエリサ様にも伝えていない。きっとまなみちゃんがどうやってか探し当てたんだろう。


「おや、宝箱がありますね」

「フェイクだよ。ここまで潜って何もないんじゃ逆に怪しいからね。開けたら僕に伝わるようになってる。……さて、ここだ」


 一見すれば何の変哲もない壁。よく見てもただの壁。だがこの向こうに地下書庫はある。

 開くのに最新のシステムも精巧な技術もいらない。

 ただ、誰にも開けられないぐらい重いだけ。

 懐中電灯を口にくわえ重い隠し扉を押し開けると、大きな空間が広がっているのが分かる。


「明りつけるからちょっと待っててね。懐中電灯いる?」

「ド変態グソクムシの唾液が付着したモノを持てと? セクハラで訴えますよ」

「ド変態グソクムシでゎない! じゃあいいよ!」


 暗闇の中ローソクに火をつけて回ると、マリーはもう勝手に本を手に取り立ったまま読み始めていた。


「だけど、本当にエリサ様の呪いを解く鍵がこんなところにあるの?」

「私達の読みが正しければおそらくは。国の起りから書かれたものはどこですか」

「そんなの知らないよ。別に興味ないし」

「管理しているのはあなたでしょう。女王の執事が知らないはずありません」

「ほんとに知らないってば。僕はエリサ様の執事であって、国の歴史なんか興味ないもん」

「まさにそこです」


 そう言ってマリーは本を棚に戻し、階段に座る僕を見上げてきた。


「あなたは事実上この国を統べる立場にいながら、女王個人を重要視しています。仮に国の存亡と女王を天秤にかけた時、あなたは迷いなく女王を選ぶでしょう」

「そりゃそうだよ。エリサ様大好きだもん。マリーだって母国とまなみちゃんだったらまなみちゃん選ぶでしょ?」

「自分の命と女王の命なら」

「もちろんエリサ様だよ。愛するってそういう事でしょ。で? それと呪いとどういう関係があるの?」


 マリーとまなみちゃんの捜索力はすごいけど、見当違いな向きで探しているような気がしてならない。

 それとも何か企んでいるのだろうか? そうは思いたくないな。


「それを確かめるためにここへ来たのですが。本当にどこにどの本があるか分かりませんか? 今なら何でもしてあげますよ」

「ほんとに知らないしマリーには呪いを解く方法しか求めてないよ。エロ系なんかマジいらないからね。勝手に脱ぎ始めたらここに閉じ込めるよ?」

「ローソクの位置は正確に覚えているのに?」

「だからっていちいち本まで読まないでしょ」


 そんな疑うような目で見られてもなぁ。

 女王なんてただの肩書じゃないか。僕はエリサ様というバカかわいい人を愛してるんだよ。


「分かりました。ではメイド達を総動員して探します」

「別にいいけど、持ち出し厳禁だよ。あと丁寧に扱ってね」


 そう返すとマリーは出口からさっさと出ていってしまった。ここではスマホの電波も届かないからだろう。

 僕も謁見の間に戻ろう。こんなところに用はない。

 指をパチンと鳴らし、灯したローソクの火をすべて消した。



 謁見の間に戻ると、エリサ様はスマホで動画を見ているようだった。


「お待たせしました。何の動画見てるんです?」

「別に待ってねぇけどな。おめシスの動画。かわいい。すげーかわいい」

「おめしす?」

「島国のブイチューバー。まなみちゃんが教えてくれてこの国の字幕もつけてくれた。リオちゃんすげーかわいい。レイちゃんハンパねぇ。マジやべーな島国」

「ほうほう」


 ブイチューバーなるものは聞いた事がある。島国独特の謎文化だ。

 エリサ様が興味を持ったなら僕も勉強しておかないと。余もやりたいとか絶対言い出すだろうし。


「つーかお前、地下の本がいっぱいあるとこ行ってたんだろ? マリーから聞いたぞ」

「あれ? エリサ様、大書庫行った事ありましたっけ?」

「何だお前、覚えてねぇのかよ」


 動画を見ながら、エリサ様はさして興味もなさそうにそう言った。

 しかし不思議だ。まるで僕と大書庫へ行ったような口振りじゃないか。そんなイベントがあったなら僕が忘れるはずないのに。

 ま、エリサ様だし記憶なんてどっちらけだろう。きっと本屋とかと混同してるに違いない。さすがエリサ様クオリティ。


「そういやお前あん時、何で余が宝箱の中に隠れてるってすぐ分かったんだ?」

「……!?」


 変わらず、エリサ様は楽しそうに動画を眺めていた。

 地下で、本が沢山あり、かつ僕と繋げた宝箱があるのは大書庫だけだ。


「うんちスプレードッキリやべーな……余もやりたい……」

「エリサ様、それっていつの話です?」

「うるせぇな。今おめシス見てんだから黙れ」

「……お口ジャックじー」


 僕が忘れてるっていうのか? 本当に?

 エリサ様との大切なメモリアルを? この僕が?


 もしかしたらマリー達は、見当違いな場所を探している訳では、ないのかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます