中年社畜カードゲーマーの魔法少女狩り

作者 楽山

2,967

1,020人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

俺TUEEEEな作品が多い中、この作品の主人公はただの冴えない一般人のカードゲーマーで……突然手に入れた力を駆使し、圧倒的な強者を前にギリギリで戦う弱者。どれだけ成果を上げようが、結局は這いつくばりながら戦い続ける主人公に気づけば時間を忘れて読みふけってしまいます。

★★★ Excellent!!!

チートはない。
特殊な生い立ち、あるいは才能も無い。

単なる中年のおっさんが、カードゲーマーとしての腕だけで化物達と戦う。
戦略を練り、カードを選び、デッキの調整をし、最後は運命に祈る。

運命を手繰り寄せる為に、自らの死、恐怖をひたすら耐える。

だからこそ、泥臭く、格好いい。


最高に面白いです。
期待しております。

★★★ Excellent!!!

まず始めにこの物語は無双物ではない。それどころかこの主人公は無双される側の平凡な中年のサラリーマンで、変わった所をあえて挙げるなら趣味が20年近く続けているカードゲーム位だろう。そんな主人公がとある存在から強大な力を無理矢理押し付けられる。けれどもその能力は万能ではなく最強でもない、ついでに言えば発動すら自分の意思では出来ない。こんな現状なのに本当に容赦なく、理不尽な現実は襲い掛かって来る。ある時は絶大な力を持つ魔法使い達、神と見紛う程の力を持つ少女、裁判物のパワハラを行う上司、エロい絶世の美少年、膨大な予算オーバーを平然と行うプロデューサー、わざわざ呼び出して絡んだ上吸血鬼の群れの中で嘔吐する泥酔女、周りに不条理を押し付ける双子、等々。襲い掛かる理不尽に必死に足掻き、または絆を結びながら前に進んで行く主人公。
彼の戦いに楽なものなど一つも無い。何時だって地べたを転がり這いつくばりボロボロの泥だらけになりながらも、どれだけ絶望的な状況になろうとも絶対に勝負は捨てず、その時に出来る最善を尽くし薄氷の勝利を掴む。その姿を是非ともご覧になって欲しい

★★★ Excellent!!!

魔法少女とかカードゲームとか更にアイドルなんて言うと、流行りの無双チート&ハーレムに見えるかも知れない。
しかし、主人公は平凡なサラリーマン。
能力はリアルタイムカードゲームで戦うだけ。
相手は圧倒的強者、完全無理ゲー。
主人公は必死で逃げ、隠れ、躱し、それでもボロボロになりながら戦う。
生き残り、運命に抗う為に。
タフじゃない、打たれ強いのだ。
平凡な社畜の、粘り強い戦い。
この作品はハードボイルドだ。

★★★ Excellent!!!

このレビューを見てるってことはカードゲーム好きなんだろ?
わかるよ。おれも好きだもん。
遊戯王? MTG? デュエマ? ポケモン? バトスピ? バディファイト? それともネットでやるなら最近はシャドバとか?

何でもいいよ、どんなカードゲームでも。

負けた時は悔しいし、勝った時は楽しい。好きなカードを使ったオリジナルデッキで勝った時なんか尚更のこと嬉しいし、ギリギリの試合を制したあの感覚といったらもう最高以外の言葉はないよな。

それがわかるなら本当に何でもいいんだ。
――言ってしまえば、別にカードゲームじゃなくたって。

仕事でも、学校でも、ご近所づきあいでも、ネットの繋がりでも、生きているなら誰にだって、何にだってこういう瞬間はある。
みんな自分のデッキで、自分の闘い方で勝ちたくて必死に足掻いている。
それって全く違うデッキが好きな人には、ものすごく馬鹿みたいに見えるかもしれないけど、でもさ――やっぱりカッコいいよな。

好きなカードを使って、それでも勝つってのはやっぱりカッコいい。
みんなそんなことはわかってる。
でも、それじゃあ勝てないから、好きなカードってだけじゃどうしても勝てないから、だから「勝てる」カードで「勝てる」デッキを組んで「勝てる」試合をして、それでカードゲームが楽しかったことを少しずつ忘れていく。

『このカードが好きだから』

頑張る理由なんて本当はそれだけでいいんだってことを、この作品は思い出させてくれる。

――なあ、久しぶりにデュエルしようぜ。

★★★ Excellent!!!

設定の時代は現代で魔王も魔法少女も化け物も出てくる中、主人公はタイトルにある通り中年でカードゲーマー。
魔王に気に入られ力をもらい特殊なカードデッキからカードを切る事でモンスターなどが実際に現れるようになるけど制限が厳しい上に主人公の運がなくハラハラする。
昨今多いチート?何それ?状態。笑
むしろ基本的に敵の方が強い。
ただ、そんな状態でも物語上最終的に主人公が勝つがその勝ちまでの道のりが本当にワクワクドキドキする。
チートなどテンプレに飽きた皆さん。ぜひ読んでみて下さい!!

★★★ Excellent!!!

カードゲームが好きなだけの社畜が、ある日突然強大な力を手に入れた。けれどその力は諸刃の剣、強力な分制限もある。主人公は力を手に入れるとともに降りかかる数々の災難にかっこ悪くも我武者羅に体当たりしていく。情けない中年が死ぬ気で生きていく、そんな社畜が見たい人は是非一読を。
多数登場する個性豊かな美しい魔法少女達と主人公の絡みも魅力的!
地に足つけたファンタジー、続きが気になって夜しか眠れません。

★★★ Excellent!!!

カードゲームにアイドル
同作品のキーワードです。
私個人としては、いずれも関心のない分野ではありますが、知識・関心がなくとも次々と読ませるだけの力量が作者様にはあります。
主人公は自身の不遇さを嘆くことが多々ありますが、これが現代のサラリーマン男性に重なり、変にリアルですね。とある描写は落ち込みます。
しかし、彼は捻くれることもなく、良識を持ち続けている点は個人的に好評価で、彼を慕う彼女はよい歳となったら彼にアタックして、彼はそれを受け入れてほしいなと、微笑ましい想像を掻き立てられます。年の差なんて関係ないぜ。
また、私が読む限りでは誤字脱字は見受けられず、そして、変に冗長な言い回しもなくスッキリとした文章で読みやすいと感じます。
まだ読まれていない方々へ、秋の夜長にこちらの作品は如何でしょうか。

★★★ Excellent!!!


タイトルが強烈なため、少し敬遠されそうですが、中身は本物です。

次回の更新まで二度、三度読み返してしまうような面白さがあります。

「カードゲーム」をしているのに、アクションがド派手で、さらにはヒロインが軒並み魅力的。

読まない理由があるだろうか。いやない(断言)

是非ご一読あれ。

★★★ Excellent!!!

――社畜のおっさん(34)|社会の敵《パブリックエネミー》に強制転職。

汚いシンデレラストーリーと呼ぶにはあまりに残酷で命がけの人生の断崖絶壁、超ハードモード。

「魔法少女」「アイドル」「カードゲーム」のワードで痛々しいと思うことなかれ。

スパイスが効いた急転直下のハードボイルド(?)な作品の仕上がり。

不幸な事故でなろうから削除された作品。だからこそ、ここで見れる貴方は幸運。

★★★ Excellent!!!

主人公は根っからのカードゲームオタクだ。
だが不運にもその粘り強い戦い方を魔王に気に入られ、悪魔を召喚出来るデッキを渡されてしまう。
圧倒的な力を持つ魔法少女。
本来なら人類を守ってくれる存在の彼女達。
しかし、魔王召喚者という理由で追われ半殺しにされてしまうのだ。
主人公は今まで培ったカードゲームスキルを駆使して粘りに粘って逆転していっていく。
その戦いっぷりはとても緊張感があり、切り札が出た時の高揚感は最高だ!
そんなカードゲームという異質な戦闘スタイルを違和感なくローファンタジーに組み込んだこの作者の手腕は素晴らしいと思う。
初レビューで文章に乱れが見られますが思い切って書いてみました!
とても面白かったです!

★★★ Excellent!!!

題名からしてポップな内容を想像されたかもしれないが、残念ながらこの小説の世界観はとてもハードで残酷である。社畜として理不尽で報われる事のない毎日を送ってきた主人公がひょんな事からカード片手に魔法少女や悪魔の跳梁跋扈する世界の裏側へと導かれていく。ただ手にした力に有頂天になるわけでなくその力と向き合う主人公のシンデレラストーリーを是非ご堪能あれ。

★★★ Excellent!!!

ああ、面白いです!!!!
夢と現の境界線。そこに佇む中年は、時に泥臭く、時に冴えた戦いを繰り広げる。頭に映し出されるのは無様に転げ回る中年です。だがしかし、彼の心は案外強い。私であればなかなか適合出来ぬであろう現実に(おそるおそるではあるが)向き合い、自分の限界を過信せず己の道を違わず力強く踏みしめる。鮮明に想像させる巧みな文の中に、彼の「強い」部分を意地でも見つけたくなりました。この世界に必死で食らいつく主人公の姿は美しくさえ感じます。久方ぶりにいい作品を見つけることが出来て、大変満足です。
筆者をこれからも応援していきたいです。

★★★ Excellent!!!

カードゲームという題材にした現代ファンタジーも中々に珍しいですが、その主役が若者ではなく中年という所にシンパシーを感じます。
周りは凄まじい力を有した魔法少女。対する主人公はカードゲームに関する知識しか取り柄の無い只の平凡な中年。だからこそ運と転機を活かした戦い方は手に汗握るものがあり、思わず見入ってしまいます。
そんな中年を巡る魔法少女達との駆け引きも見所でございます。但しハーレムではありませんがw
泥臭いカードバトルを見たい人は、是非一度お読みくださいませ!

★★★ Excellent!!!

面白い!カードゲーム好きのオッサンが悪魔から能力を授かって・・・という話ですが、相手が異能バトルをやっているのに自分はカードゲームというのが秀逸。
決してTCGアニメのようなソリティアではなく、引きの悪さやコスト支払い、魔法発動のランダム判定失敗に悩まされつつも耐えて勝つ流れなど、TCG経験のある人は深く共感できます。
文章も平易で読みやすく、情景がわかりやすい。とても上手だと感じます。ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

主人公には共感します。感情移入しやすくてはまりました。でも私から見ると要領の悪い悲しき中年には見えますが案外社蓄じゃないんですよね、よくいる会社人間のような?それはともかく、なろうから消えた小説を探すのに苦労しました。題名を禄に覚えていない自分の記憶力の無さに愕然としましたが見つけられて本当によかった。ほかの作品もUPしていただけると嬉しいです。

★★★ Excellent!!!

非常に面白いです。文章が読みやすく読んでいて非常に楽しいです。
特に、カードゲームという設定を活かした戦闘描写は最高でした。一章のラストは、手に汗握りながら読んでました。

また、登場人物も魅力的なキャラが多いです。特に女性陣。けっこう多く出てくくるので、読んでいくうちにお気に入りのキャラクターも出てくると思います。

主人公は平凡な中年です。主人公補正も非常に薄く、ほぼないです。それでも懸命に足掻く姿に胸を打たれました。
私の大好きな小説です。是非読んでみてください。
拙い文で申し訳ありません。

★★★ Excellent!!!

 社会の理不尽に押し潰されてしまいそうなおっさんが、魔王に与えられたカードを使って、魔法少女やら何やらと戦う物語。設定からしてテンプレからは大きく外れており、好奇心をそそられる。
 魔王、などという強大な存在から与えられた力ではあるが、カードの力はチートと言えるほど便利なものではなく、むしろ使い勝手は悪い。現実のTCGと同じく、弱いカードは簡単に使えるが、強力なカードは発動条件が色々と厳しかったりするのだ。
 主人公は容姿や社会的な地位、持ち前の運などから見て、選ばれなかった側の人間だ。主人公気質では全然ない。しかし、生きようという強い意志だけは人並み外れている。本来なら心が折れてしまうような実力差のある敵を相手にしても、這い蹲りながらカードを繋げていき、最後には大逆転の切り札カードを決めている。まさに男のロマンのような戦い方をするのだ。
 TCG特有の、最初は弱いモンスターで時間を稼ぎ、中盤で切り札のための場を整え、終盤は一気に切り札で畳みかけるという戦略性。この爆発力は、この作品の最大のポイントである。

★★★ Excellent!!!

なろうで消えて焦っていましたが、何とか発見できて一安心。
この為にカクヨム登録しましたよ。

冴えないおっさんが流されるままに巻き込まれていきます。
普通の人はこうなるだろうと思いつつ、やっぱり普通よりは勇気があります。
共感しつつも、カードゲームへの拘りという普通とは少し違う点が魅力的です。カードゲーム好きなことは普通なので、その少し違う点が一見「普通」に収まるというのも素敵な仕組みだと思います。

★★★ Excellent!!!

ブラック企業に勤めるカードゲーマーの主人公がひょんなことから、様々な異形に巻き込まれていくという言葉だけだとどこにでもあるようなものでも、文章力や表現など細部まで作りこまれており自然と物語に引き込まれる魅力があります!
話の展開も基本的にはロマン求めるカードゲームそのものなのでカードゲームが好きだったりカードゲーム系のアニメや漫画を見て熱くなれる方には特におすすめです!
主人公の心情はおっさんなので年齢が高いほうが楽しめるかもしれませんw

※カードゲームが全く分からなくてもわかりやすいように書かれているので楽しめると思います

★★★ Excellent!!!

なろうから突然消えてショックでしたが、カクヨムで連載再開され本当にホッとしています。消えた後、かなり探しました。

キャラクター、ストーリー、文章構成はどれも一級品です。本作にテンプレなチートはありませんが、どんどん物語に引き込まれていく圧倒的な熱量があります。

大人が読んでハマる小説です。TCGをやったことなくても大丈夫。きっと明日への勇気を与えてくれます。

★★★ Excellent!!!

不幸にも魔王に魅入られたおっさんが、魔法少女に殺されそうになりながらもTCG的なカードを駆使して生き延びていきます。
バトルはいつも劣勢から始まり、何度も死にそうになりながら耐えて耐えて場を整え、最後に逆転するまでの過程が痛快です。

なろうで一気に読んだあと、続きを楽しみにしているところでした。
カクヨムで続きが読めることを知りホッとしました。
これからも楽しみにしています。