第52話 彰人、初登校する

 俺は今日初めて高校の校門をくぐった。


 80万人都市であるS市。そのS市A町にある【私立・貞元坂じょうげんざか高等学校】―― 俺がこれから3年間通う学校だ。


 エシューゼへ行っていた約70日間、俺は交通事故で入院していたことになっていて、入学式からは既に2ヶ月が過ぎている。


 俺は、初めての登校にドキドキしっぱなしだ。

 きっと休憩時間は質問攻めに合うだろう。


 でも大丈夫!


 何を聞かれても答えられるように、昨晩は寝る間も惜しんで、シミュレーションを完璧にこなしてきた!


 というのに―― 休憩時間、誰も話しかけてこなかった……


 そして昼休みも、俺は1人寂しく弁当を食べている……


 普通、クラス委員とかが気を利かせて、話しかけてくれたりするんじゃないのか!?


 俺の知ってる学園物のラノベでは、大抵『眼鏡をかけたお下げ髪の委員長』が、転校生に優しく話しかけてくれるはずだった。


 あっ!? 俺『転校生』じゃなかった! 今頃気付いた。


 もしかして、周りの皆は俺のことを『引き籠り』で不登校だった―― そんな風に思っているのではないのか?


 周りの会話に聞き耳を立てていると、例の事件の話ばかり……

 俺については何も言ってないな。全く無関心ポイ…… それも寂しい。


 それにしても、都会とはずいぶん物騒な場所だ。


『鬼追村』では、凶悪事件なんて全くなかった。


 せいぜい『熊が出た』とか『猪が出た』とか、その程度だ。

 人が死ぬような事故も聞いたことがない。


 俺はこんな恐ろしい場所で、何事もなく高校生活を送れるのだろうか…… 心配だ。

 否、それ以上に『ぼっち』の方が心配だ!


 こんなに無視されるなんて―― もしかして俺は、気付かない内に何か『やらかして』しまったのだろうか?


……


「ねぇ、見た? あのニュース……」


「3年前に失踪した、『オタク3人』の事件でしょ!?」


「そうそれ! その3人ね―― うちの学校の生徒だったんだって! 知ってた!?」


「そうなの!? ビックリ! でもそれ以上に、衝撃よね……

 3人共、首が落とされて…… 死んでたそうじゃない……」


「そうそう……『まるで断頭台にでも掛けられたようです』―― なんて、ニュースキャスターが言ってたわ…… 怖すぎ」


―――――――


 その日の学校では、その『ニュース』の話題で持ち切りだった。


 3年前のある日、俺の通う高校の男子生徒3人が突然行方不明になったらしい。


 彼らは、所謂『オタク』と呼ばれる学生で、3人が固まって行動しているのをよく見かけられたそうだ。

 そして、その日の昼休みもいつものように3人は一緒に教室を出ていった。勿論、誰もそれを気にする者はいなかった。

 ところが、彼らは午後の授業の始業ベルが鳴った後も、教室には戻ってこなかった。

 こんなことは初めてだったが、それでもそのことを気に留める者はいなかった。


 しかし次の日―― 彼ら3人の家族から『捜索願』が警察に出されたことで、事態は一変した!


『3人の足取りを探せ!』


 ワイドショーの格好の餌食となったこの事件は、1か月に及び連日テレビに取り上げられたが、結局何の手掛かりも見つからないまま、世間から忘れ去られた……


 それが昨日の早朝―― 河原で3人の姿が目撃されたのだ!


 それも、3人並んで俯せになって死んでいるのを!


 ショッキングだったのは、3人が裸でいたこともそうだが、3人は首が斬り落とされていて、死体の横に首が転がっていたという。


 町全体が、この事件が原因で騒々しくなっているのは言うまでもない。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「よう! お前が『不登校の引き籠りヤロー』か?」


 俺に初めて話しかけてきたのは、お下げ髪の眼鏡の委員長ではなく、身長180cm、体重100kg以上ありそうな大柄の金髪ピアス―― どこから見ても『頭の悪い、野蛮を絵に描いたような男』だ。


 この高校、『優秀な進学校』だと『美樹さん』から聞いていたのに、こんなのがいるようでは、その評判はあまり信用できそうにないな。

 否、『人は見かけによらない』ということもある。もしかして、こんな奴が結構優秀なのかもしれない。


 そう思い直そうとしたのだが――


「おい! 黙ってないで何とか言えよ! ビビッてんのか?

 心配するなよ。俺達が、引き籠りのカスと『友達になってやる』って言ってんだよ」


 うん! 絶対に『見た目通りの奴』だ。しかも――


 俺達? 複数形かよ……


 この『野蛮』と同類と思える奴らが3人、こっちを見てニヤついていた。


 はぁ……


 俺が深い溜息を吐くと、『野蛮1号』が少しイラつき気味に


「おい! ちょっと俺達と屋上で遊ぼうぜ!」


 そう言って、いきなり俺にヘッドロックを掛けてきた。そして『野蛮1号』は、そのまま俺を引き摺って教室を出て行こうとする。


 いつの間にか教室はシンと静まり、俺は注目の的になっているようだ。


 可哀そうに……


 皆の目は、無言でそう語っている。

 中には、少しバカにしたような目で見ている者もいる。


 学園カースト―― 何でも、最初にそれの『最下層』に認定されると、その後もずっと周りからそのような扱いを受けるらしい。

 そうならないために、『美樹さん』からは『最初にガツン』と見せつければいい!

 そうすれば、バラ色の学生生活が保障される―― そのようにアドバイスされた。


 つまり、これは『ガツン』を見せつける『大チャンス』だ!


『野蛮1号』はいきなり俺が動かなくなったことで、またイラっとしたようだ。


「おい! 誰が『止まっていい』って言った! さっさと付いて来ねぇか!」


 そう言って、ヘッドロックに力を込めた。


「そうだぜ。後ろがつかえてんだ。さっさと歩けよ」


 後ろから『野蛮2号』が、俺の形のいい尻に蹴りを入れた。


 親父にも蹴られたことないのに! じいちゃんには修行で散々蹴られたけどな。


「いってえぇぇ。なんだコイツのケツ…… 岩みてぇにかてぇ」


「ほんとかよ!? 俺も試してみるわ」


 今度は『野蛮3号』か…… これ以上、黙って尻をサンドバッグ代わりにさせるつもりは毛頭ない。


『野蛮3号』の蹴りが俺の尻目掛けて飛んでくるのに合わせて、俺はヘッドロックしている『野蛮1号』を反り投げで投げる。


 ドンピシャのタイミングで、3号の蹴りが1号の頭に命中!


「ぐえっ!」


 カエルの潰れたような声を上げて、1号のヘッドロックが外れた。


「だ、大丈夫か…… 剛士たけしくん…… この野郎、よくもやりやがったな!」


 やったのはお前だ、3号!


「だ、大丈夫だ…… 引き籠りの癖に、俺に逆らったらどうなるか、教えて……」


 あぁ、鬱陶しい! 俺は野蛮1号のセリフが終る前に蹴った。


「えっ!?」


 1号の巨体が2・3・4号の頭の上を跳び越えて―― 教室の真ん中辺りに墜落。


 2・3・4号は、何が起こったのか理解できなかったみたいで、気絶した1号を呆然と見ている。

 俺は一番近くにいた3号の肩を叩いて俺の方を向かせ、軽く掌底で鳩尾を突いた。


 ドン!


 3号だけでなく2号と4号も重なって吹っ飛び―― 1号の上に折り重なるように落下したのだった。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 何故なのか?


 俺が悪い―― だと? どういうわけか俺だけが職員室に呼び出され、説教を喰らっているのだ。


 納得いかない……


 俺は、あいつらの『ちょっかい』を、華麗に受け流しただけだ!

 そして、今は目の前の教師の説教を華麗に受け流している。


「その態度はなんだ! ちゃんと聞いているのか! かみつき!」


 かみつき?


 俺はそれを聞いた瞬間、説教していた教師が突き出した右腕に、条件反射的に噛みついてしまった……


「うぎゃあぁぁぁぁ!」


……


 俺は登校初日に、停学1週間を喰らったのだった。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 俺は、まだ午後の授業が残っているというのに、1人帰路につく。


 校舎を出ようとする俺に、茶髪ショートの少し真面目じゃなさそうな女生徒が、声を掛けてきた。


「神月君―― あなた災難だったわね」


「どちらさまでしたっけ?」


「あなたと同じクラスだった『宮坂みやさか』よ」


「『だった』って何故過去形? 俺は別に学校を辞めていないぜ?」


「『今は』ね。でもね、あいつら―― 特に『郷山ごうやま剛士たけし』に楯突いたら、この町じゃあ生きていけないわ。郷山の父親は、あの『郷山グループ』の会長なのよ」


「郷山グループ?」


「あなた、まさか『郷山グループ』を知らない―― とか言わないわよね?」


 うん。普通に知りませんが。

 俺が首を捻って『知らないアピール』すると宮坂は


「あなた、一体どんな未開の地に住んでいたの? 兎に角、悪いことは言わないから、早くこの町を出ていくことね。あいつら、何をするかわからないから」


 こいつ、見かけによらず『親切なお節介焼き』なようだ。


「忠告はしたからね! それと、もしどこかで私を見掛けても、声を掛けないでね。

 あなたの知り合いだと思われたら迷惑だから」


「じゃあ、なんで忠告するんだ?」


「それはね、あの郷山達の情けない姿が見られてスカッとしたからよ」


 そう言って宮坂は校舎の中に戻っていった。


 なるほど、あいつらが御咎めなしで俺だけが『停学処分このあつかい』なのは、そういう理由か。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「た、ただいま」


「マスター。予定より早く帰ったな」


 俺は『研究所』の人が手配してくれたマンションの1室に帰ってきた。

 ラミオンはテレビの前に正座していて、俺の方を見ずに返事をする。


「ま、まあな。俺だけ特別に、昼からの授業は受けなくてもいいようになってるんだ」


 苦しい言い訳だがラミオンにはわかるまい。


「そうか。ラミオンは、マスターが停学になって帰らされたのかと思った」


「ラミオン、何故それを知っている?」


「ラミオンとマスターはリンク状態にある。マスターの見聞きしたことは、ラミオンにもわかる」


 なんだって!? それじゃあ、俺の行動は全てラミオンに『筒抜け』なのか!?


「もしかして、だけど…… ラミオンは俺の考えていることも全部わかるのか?」


「ラミオンにはマスターの見聞きしたことや浅層域の思考なら全部わかる」


「分からなくするようにはできないのか!?」


「マスターが情報のブロックをすれば、ラミオンには分からなくなる」


 よ、良かったぁ。兎に角、今後は情報をブロックするようにしておこう……

 で、その『情報のブロック』ってどうやってするんだ?


「ラミオン。ブロックの仕方、教えてくれないか?」


「ラミオンの取説に載っているはずだ」


「そうなのか? 取説には、ラミオンの形態変化のことしか載ってないんじゃなかったのか?」


「マスター以外は見ることのできない項目が増えているはずだ」


 そうだったのか! これはしっかり目を通しておかねば。


「ところでラミオンは、俺が学校へ行ってる間、どうしてたんだ?」


「この世界の情報収集をしていた」


 なるほど。つまりずっとテレビを見ていたわけですね。


『提供は、ゴーゴー郷山でお馴染みの郷山グループでした。それでは、また明日!』


 テレビから、俺にとっては今一番聞きたくない名前が聞こえてきた。


『郷山グループ』か―― 『ゴーゴー郷山』って、センス無さすぎだろ!


「マスターと同レベル」


 俺は急いで『情報のブロック』をしないといけない。


……


『宮坂』の忠告から、きっと『郷山剛士』は俺に何らかの『ちょっかい』を掛けてくるだろう。


 そして、ああいう連中は、間違いなく俺の周囲にも迷惑を掛けるはずだ。

 そうなると、俺は兎も角、問題はラミオンだ。


「ラミオン。知ってると思うが、バカ4人組が何かしてくるかもしれない。その時は、殺さないようにお願いします」


「ラミオン、知っている。バカは死ななきゃ治らない」


「否、治す必要ないから穏便に頼むよ」


 それはそうとして、取説に書いてある情報のブロックの仕方―― ラミオンの前で跪いて、地面に頭を擦り付けながら『情報をブロックさせてください』と誠心誠意頼む!?


 これって、ただの土下座じゃないのか!?



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「あのヤロー、舐めやがって!」


 保健室で目を覚ました4人は怒っていた。特に郷山剛士の目は、凶悪な光を放っていた。


「絶対にただじゃおかねえ……

 おいっ、マサル! あのヤローの住所、先公から聞き出してこい!

 タニケン! お前は『アイツら』に連絡しとけ!」


「た、剛士君…… そんなことして、大丈夫かい?」


「クロは相変わらず心配性だな。アイツらが『あのヤロー』を拐ってくるだけで、俺らの事が表沙汰に成ることなんて無いんだからさ」


「そうそう。俺らはいつもの場所で待ってれば良いだけさ」


「俺に逆らったらどうなるか! きっちりと教えてやらねえとな」


 堀川優、谷村賢祐、黒田信次の3人は中学時代から郷山の取り巻きをしている。そして郷山の悪事を手伝うことで甘い汁を吸ってきたのだった。

 彼らが名門校といわれる『貞元坂高校』に入学できたのも、そのお陰だった。


「マサル。絶対に放課後までに、神月の住所、調べとけよ!」


「分かりました。斉藤なら、簡単に教えてくれますよ」


「よし。じゃあ、放課後は久しぶりに『駅前のカラオケ屋』に集まるからな!」


 えっ!? カラオケ屋!?


 郷山のその言葉を聞いた3人の取り巻き達は、恐怖の表情を浮かべたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます