第15話 彰人、怪しい気配に気付く

 雨――


 俺がエシューゼに来て初めての雨だ。

 俺は雨に濡れたくないので、今日の御者台は『禿』に任せている。


「アキト!? さっきからずっと私のことを見ているけど、私の魅力に『釘付け』なのかしら?」


「ああ?」


 エレーヌの言葉に曖昧な返事を返す俺―― 勿論、そんなことはないのだが、俺は昨日寝る前の『禿』の言葉を気にしていた。


「お嬢ちゃんには言わなかったが、あんたには伝えておく。さっきのお嬢ちゃんの占いだが、『死』の暗示が出ていた…… それも、これから7日の内に。

 勿論、占いは外れることもあるが、今回のは割とはっきりとした暗示が出た。

 気を付けてやることだ。あんたなら、お嬢ちゃんの悪い運勢を跳ね返すこともできるだろうから」


 そんなことを言われた。


「エレーヌ。これを持ってろ」


 俺は、エレーヌに懐中時計を渡す。

 これは、マルデオに謝礼として貰った物で、かなりの高級品――『珍しいもの』といえる代物だ。それに、シンプルで無骨なその形状は『男物』と言えるだろう。


『禿』の占いによると、エレーヌのラッキーアイテムは『珍しい物』で、更に『男物』なら効果UPらしい。気休めくらいにはなるかもしれない。

 他に『珍しい男物』といえば、俺の履いている『トランクス』くらいだが、流石にそれは渡せない。

 言っておくが、トランクスはちゃんと洗っているし、エシューゼの下着もマルデオから貰っているので、同じのをずっと履き続けているわけではない。


「それを首から掛けて、胸のポケットに、しまっておけ」


「どうしたの? これってかなりの高級品ですわ! もしかして、私への愛のプレゼントかしら!?」


「違うわ!」


 プレゼントでもないし、その『愛の』って何だ?


「プレゼントではないが、マカラに戻るまで、預かってくれ」


「なーんだ。つまらない……」


 エレーヌは、ちょっとがっかりしたみたいだが、それでも嬉しそうに俺の懐中時計を首に掛けて、左胸のポケットにしまった。


……


 俺達の目的地であるトルガナは、ソルドーラから北東へ150km程の位置にある。

 途中に山越えをする必要があり、通常の馬車なら4日以上かかる道のりだが、軽量の鳥車を3羽のダリモに引かせた俺達の鳥車なら、最短2日での到着も可能な距離だ。


 しかし、今日は生憎の雨のために道はぬかるみ、ダリモでもこの悪路ではスピードは出せない


 ゴロゴロ…… ドーン!


 遠くで落雷の音が響く―― 雨も更に強くなり、視界も悪くなってくる。


「こりゃ、たまんねえわ…… アキトさんよー、どっかで雨宿りしませんかい?」


 そうだな。流石にこの天気では、どこかで雨の止むのを待つ方がいいだろう。


 俺達は鳥車の中にいるから濡れはしないが、ダリモ達が可哀そうだな……『禿』は一応合羽を着ているが、この雨ではあまり役に立たないだろう。

 尤も、『禿』がずぶ濡れになろうがどうでもいいが。


「この辺りに、人里はないか?」


「確か、少し行ったところに集落があったはずです。でも、3年以上も前のことだからなぁ…… 今もあればいいんですがね」


 小さな集落は、いつの間にかできて、いつの間にかなくなっているということがよくあるようだ。

 仮に人が居なくても、建物だけでも残っていれば、雨宿りくらいはできるだろう。


「そうか…… とりあえず、行ってくれ」


「わかりやした」



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 集落―― 正しくは『集落跡』は、すぐに見つかった。


 簡単な建物が5件残っているが、どれもかなり朽ちた様子だ。


「誰もいないようですね……」


『禿』はそう言ったが、俺はこの集落に着いたときから、人の気配を感じている。

 今そいつは、建物の中から俺達のことを見ているに違いないが、殺気は感じない。


 それにしても―― 気配を殺しているつもりなのだろうが、はっきり言って甘いな。

 それでも、『禿』には気付かれていないから、一般的にはそこそこのレベルの隠形なのかもしれない。


 俺は一応そいつを警戒しつつ、納屋と思われる大きめの建物の中に、鳥車ごと入るように『禿』に指示した。


 中は雨漏りが酷いが、それでも外に比べれば随分マシだ。


 俺は鳥車を降りて『禿』に命令する。


「ダリモに餌、あげておけ」


「へいへい…… 飯の支度、早く頼んますぜ!」


「アキト、どこに行くの?」


「他の建物、見てくる。飯の支度、できるところ、探してくる」


「あ! 私も行くわ!」


「濡れるぞ」


「わかっているわ。合羽を着るから、ちょっと待って!」


……


 俺はエレーヌと他の建物を調べに行くことにする。


 俺達は納屋を出て、すぐ隣の小さな家屋に入った。

 家の中は埃が積もっている。少なくとも1年以上、人が住んでいないようだ。


「凄い埃…… でも、雨漏りはそれほどでもないわね」


かまどが、あるな」


 埃を払えば使えそうだ。しかし、薪が見当たらない。


 野宿になることも見越して、鳥車には食料と調理道具を用意してある。とは言っても、食料は2食分だけで、調理道具は大鍋1つと包丁1本のみだ。

 薪は基本現地調達を考えていたので、用意していなかった。


 仕方ない。他の家も調べるか……


 隠れている人物が気になるが、今の所は動く気配はない。


 次の家にも、その次の家にも薪はなく、とうとう最後に残ったのは、例の人物の隠れている家だけになった。


 まさか、戦闘にならないだろうな……


 何といっても、エレーヌの占いが気になる。できれば戦闘に巻き込みたくない。


「アキト、早く調べましょうよ」


 入るのに躊躇している俺の腕を引っ張るエレーヌ。

 殺気がないから襲われることはない―― そう信じて俺は戸を開ける。


 その瞬間


「た、助け…… て……」


 涙目でこっちを見ている若い女性の姿が飛び込んできた!


「どうした! 何かあったのか!?」


「お腹が…… 空いて…… 動けない……」


……


 若い女性が1人でこんなところに居るのが正直言って怪しすぎるが、俺はとりあえず水と非常用の保存食を彼女に与えた。


「ああ、生き返る……」


「お前、何者だ? 何故、こんなとこにいる?」


――――――――


 彼女の名前は【アメルダ】。エレーヌと同じ16歳で、赤い髪を後ろで束ねたポニーテールの似合う美少女だ。


 彼女は馬に乗って旅をしていたのだが、馬が落雷に驚いてアメルダを振り落とし、どこかへ走り去ってしまったそうだ。

 雨の中必死に歩いて、ようやく集落を発見したと思ったら無人の集落で、がっくりと気落ちしたが、何とか家の中に入りそのまま気を失った。

 暫くして目を覚ましたが、荷物は馬に積んでいたために食べ物もなく、空腹と疲れで動くこともできずにいた―― ということらしい。


――――――――


「何故、1人で、旅してた?」


「故郷に帰る途中でした。1人旅なのは、私は剣の腕に自信があるので、何の問題もありません!」


 剣の腕に自信がある? どこかで聞いたセリフだな。


 最後の家で薪を見つけることができたので、俺は料理の支度にとりかかった。


……


「なんて美味しさなの! あなたのお名前は? アキト? アキトというのですか!

 すごいです! こんなの帝都の有名料理店でしか、なかなか味わえないと思います」


 そう言って俺に抱きついてくるアメルダ。


「そこのあなた! アキトから離れなさい!」


 エレーヌがアメルダに強い口調で言う。


「あら? レミル語ですね。あなたはレミール公国の方ですか?」


「違うわ! ゲルナンドよ! ってレミル語!?」


「何を驚いているのですか? レミル語とグリーフ語くらいは淑女の嗜みとして話せて当然ではありませんか?」


「な!?」


 真っ赤な顔で絶句するエレーヌと、勝ち誇った表情のアメルダ。


「喧嘩するなら、料理を下げるぞ」


「いやですわ、喧嘩だなんて! そんなのではありませんよ、ね!」


「え、えぇ……」


 俺達がトルガナを目指していると知ると、アメルダは


「私の故郷もトルガナの近くにあります。どうか、トルガナまでご一緒させていただけませんか?」


 そう言ってきた。彼女1人放っておくこともできないので一緒に行くことになった。


 アメルダが喜んでいるのと対照的に、エレーヌが落ち込んでいるようなのがちょっと気になる…… 道中、大丈夫だろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます