第3話 彰人、タマの特技に興奮する

 マカラを目指してから、そろそろ1時間が経つ。


 少し離れた岩陰で『巨大な影』が動くのが見えた。

 当然、俺は随分前から『それ』の気配に気付いていたのだが、タマから『エシューゼには魔物はいない』と聞いたから、この世界の野生動物だろうと気にせずにいたのだ。


 しかし―― アレも『野生動物』の範疇なのだろうか?


「なあ。ちょっと確認するが、あそこにいるアレは魔物ではないのか?」


《え? もちろん野生動物ですよ。彰人様の世界にも同じような動物がいると聞いておりましたが?》


 なるほど…… 確かに俺の世界にも、アレに似たのは。といっても、俺は実物でなく図鑑の想像図でしか見たことはないが。


 向こうも俺を発見したのか、地響きを立てながらどんどん接近してくる。


 どうやら俺のエシューゼでの最初の戦闘は、この2足歩行タイプの『8m級肉食恐竜』との戦いになりそうだ!


……


 俺の世界では恐竜は絶滅したが、ここでは普通に生息しているわけか。これほど巨大な動物をなまで見るのは初めてだから、ちょっと感動を覚える。


《彰人様、気を付けてください!

 こいつは【ミドサウロス】という肉食竜で、ゲルナ荒野で最も危険な動物です》


 否、説明無くても見ればわかる…… こいつを見て『危険』と思わない奴は、そうそういないだろう。


 見た目はティラノザウルスの小型版―― 恐怖心を煽るには十分な姿だ。

 とはいえ、俺は全く脅威に感じていない。


 目の前5mに迫ったミドサウロスに対し、俺は特に構えず棍を右手に持ったままの自然体で立つ。


 ぐおおおおお!!


 俺の目の前に立ったミドサウロスは、獲物を脅すように1つ咆哮を上げ、そして巨大な顎を開いて『噛み付き』攻撃をしかけてきた!


 無数に見える鋭い牙―― 迫力満点だ!


 しかし、俺は無駄のない脚捌きで、ミドサウロスの左側へ回り込み攻撃を躱す。


 ミドサウロスは、俺を見失ってキョロキョロしている。ちょっと微笑ましい。


 俺は、棍でミドサウロスの身体をコンコンと軽く叩く。

 ようやく俺を見つけたミドサウロスは、体勢を整えて攻撃態勢を取る。


 次のミドサウロスの攻撃は、尻尾での『横殴り』だ!


 俺は棍を使い『棒高跳び』の要領で尻尾を飛び越えて、そのままミドサウロスの後方に着地する。


 今度は俺の位置を見失わなかったようで、すぐさま反転し、頭を低くした前屈みの体勢から『体当たり』を仕掛けてきた!


 思った以上の『素早い攻撃』に、俺は少しだけ感心する。


 俺は再び、棍を使って上空に飛び攻撃を躱す。

 しかし! 今度は躱すだけではない。


 俺は空中で攻撃態勢を取る。

 そして―― ミドサウロスの頭に、棍を振り下ろした!


……


《すごいですね! 彰人様!

 ミドサウロスをたった『一撃』で気絶させるなんて!》


 まあ、『本気』なら気絶では済まなかったはずだが、この世界の野生動物を殺すのは気が引けたので、かなり手加減した。


「やっぱり、殺さない方がいいよな?」


《ミドサウロスによる人間の被害を考えますと、少々の『駆除』はむしろ有難いですが、そのあたりの判断は、彰人様にお任せします》


「どうやら、殺した方が良かったみたいだな。引き返してトドメを刺そうか?」


《いえいえ、そんな必要はございませんが……

 そんなことより、彰人様はこちらに来られてから、まだ何もお召し上がりになられていないと思うのですが、大丈夫ですか?》


 俺の身体は、神明流の修行により『サバイバル仕様』に鍛えられている。後5時間は何も口にせずに歩き続けても、パフォーマンスが落ちない自信はあるが、とはいえ全く空腹感がないわけではないので、早く町に着くに越したことはない。


「俺は全然大丈夫だけど、町に着いたら、何の心配もなく飯にありつけるんだよな?」


 俺は、何と言っても『この世界の救世主』なわけだし、多分いろいろと優遇してもらえるのだろう。俺はそう信じているが、一応確認してみる。


 本音を言うと、悪い予感がプンプン臭っている……


《はっ!? 1200年ぶりのことで、すっかり忘れておりました。

 普通は、救世主様へのご準備は、『扉の管理者』が用意しておくのですが、管理者不在のために何も準備できておりませんでした…… お金の用意が…… その……》


 やっぱりか! お約束か!


『お金』に関しては死活問題だ!


 早急に解決しなくては魔王退治どころではない。とにかく、お金を稼ぐ方法を確保する必要がある。それも今すぐに!


 このままでは、町についても飯は食えないし、宿にも泊まれないぞ……


 そんなことを思っていると、俺の足取りは急に重く感じられた。それでも、マカラを目指して歩き続けるしかない。

 マカラに着くまでに、何か金を稼ぐ『いい手』が見つかればいいのだが……



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 最初の戦闘から2時間が経っている。


 俺は、この間に2度戦闘を行った。


 ミドサウロスほどの大型ではなく、恐竜よりオオトカゲに近い、4足歩行タイプの4m級の野生動物【アリザット】を2匹倒した。

 可哀そうだが、俺のムシャクシャした気分の鬱憤晴らしに、瞬殺させてもらった。


 それにしても、今更ながら『後悔』している。

 何の準備もなしで、エシューゼに来てしまったことを……


『火とナイフがあれば、あいつらを捌いて腹の足しにしたのに』とか、

『皮を剥いで売れば、金になったかもしれないのに』とか、

そんなことを考えても、後の祭りなのは分かっている。


 まだエシューゼに来て『3時間少々』しか経っていないのに、俺のテンションはどんどん下がり続けている。


 タマも《すみません》と謝るばかりで、余計に気分が滅入る。


 なんでもいいから、テンションUPする『お金稼ぎイベント』よ!

 早く起きてくれ!


……


 マカラまで後10kmというときに、俺は進行方向の右側に見える1km程離れた森の方から、複数の『何か』が高速で動いている気配を察知した。


 馬車2台と、その後ろに馬に乗った大勢の人―― これは!


 もしかするとチャンス到来か!?


 俺は、森に向かって全速力で駆け出す!


《彰人様? どちらに行かれるのですか? そちらは町ではございませんが?》


 タマが、俺を追いかけてくる。


「分かっている! あの森の方に『幸運』がありそうなんだ。

 だが、グズグズしていたら間に合わない。急ぐぞ!」


 この距離なら、1分もあれば接触可能だ!


……


 森の向こうには、草原が広がっていた。


 俺は、『目的の連中』から少し離れた木の上で、状況を観察している。


 よし! ほぼ『予想通り』の状況だ!


《あれは盗賊団ですね。狙われているのは商人のようです》


 タマの言う通りだ。構図としては、商人の馬車2台を、馬に乗った盗賊団が追いかけている。

 予想外と言えば、車を引いているのが、馬ではなく『ダチョウ』を2回り以上大きくした生物であるのと、盗賊が乗っているのは、それの小型の『ダチョウモドキ』ということくらい―― どことなく、某有名RPGの『チョ〇ボ』を思わせる生き物だ。


――――――――


【エシューゼ豆知識】

 盗賊が乗っているダチョウモドキは【ダリモ】で、車を引いている大型のダチョウモドキは【ダリデッカ】という。そして、ダリデッカの引く車は【大鳥車だちょうしゃ】と呼ぶ。


――――――――


 商人の大鳥車は2台が縦1列に並ぶ形で走り、盗賊団の乗るダリモが左右2列に分かれて追いかけている。


 盗賊団の人数は12人。

 そいつらの格好は統一されていて、一様に皮の胸当てを装備しており、頭にはターバンのような布を巻いている。

 一人だけ、胸当てというより鎧に近い装備をしているのが、盗賊団のボスだろう。


 そのボスの合図で、盗賊団は一気にスピードを上げて、大鳥車の行く手を塞ぐために、大鳥車の周りを囲むように展開しだした。


 なかなかに統率された動きで、言いたくないが『優秀』な盗賊団のようだ。


 とうとう、大鳥車は逃げ道を失ってしまいスピードを緩めた。


 さて、出番だ!


 俺は木の上から飛び降りて、大鳥車の方に走り出す。


 2台の大鳥車は完全に止まり、盗賊団の1人がダリモに乗ったまま、ゆっくりと先頭の大鳥車に近付いていく。


 御者は、恐怖の表情を浮かべ震えている。


 そして、御者の前で止まった盗賊が、腰の刀に手を掛けた! その瞬間―― 絶妙なタイミングで大鳥車から人が出てきた。

 30代前半くらいの恰幅の良い高級な服装をした男―― 大鳥車の主だろう。


 盗賊の手が止まり、その男の方を見る。

 男は盗賊に向かって話しだした。


 ナイス、時間稼ぎ!


 俺と大鳥車の距離が、思ったより開いてしまったんで、俺は正直焦った!


 男は、身振り手振りで必死に盗賊に話している。男が何を話しているのかは聞こえないが、盗賊がいきなり笑いだした。


 この状況で、ジョークを飛ばして相手を笑わせるとは、このおっさん『相当なやり手』に違いない―― なんて思っていると、盗賊はいきなり刀を抜いた!


 おっさんは「ひっ!」と叫び、頭を抱えて蹲る。


 3秒後―― おっさんは『何も起こらない』ことを不思議に思い、ゆっくりと身体を起こして目を開ける。


「安心しな。もう大丈夫だ!

 俺がこいつらを退治してやるから、その代わりに礼ははずめよ!」


 俺は、おっさんに向かってそう言った。

 おっさんは状況が理解できないのか、呆けた表情で目の前に立つ俺を見ている。


 聞こえなかったのか?


 俺はもう一度、さっきと同じセリフを言う。


「安心しな。もう大丈夫だ!

 俺がこいつらを退治してやるから、その代わりに礼ははずめよ!」


 おっさんは首を傾げ『理解できません』という表情をしている。


 なんてこった!


《おい! もしかして俺の言葉は、こいつに通じていないのか?》


 俺はタマに念話で話す。因みに、周りに人がいないときは、普通に声でタマと会話していた。


《はい。彰人様の世界の言葉では、相手は理解できないと思います》


 そんなこと、分かってるわ!


 ファンタジーのお約束【自動通訳機能】は、俺には備わっていないようだ……


 俺が絶望の表情をしていると、おっさんが喋りだした。


「もしや、あなたは私共をお助け下さるのですか?」


《ん!? どういうことだ? 俺はこいつの言葉が理解できるぞ?》


《それは、私が彼の言葉を同時通訳して、念話で彰人様にお伝えしたからです》


 ほんとかよ! 今の声―― 完全にこの『おっさんの声』で聞こえたぞ!


 と思っていると、今度は別の声が聞こえてきた。


「て、てめぇ! どっから現れた!」「仲間を、よくもやってくれたな!」


 それも2つ同時に別人の男の声が!


《これも、お前の同時通訳の念話なのか!?》


《はい、そうです。私にはこの程度のことしかできませんが、少しは彰人様のお役に立てそうでしょうか?》


 これはスゲぇ! 同時通訳!? そんな生易しいものではない!


 そう! これは映画なんかの『吹き替え』だ! それもリアルタイムの!

 まさに『リアルタイム・ダビング』だ!


 こいつ、全然役立たずと思っていたけど、こんな特技を持っていたとは!

 今からこいつを、タマ改め【リダ】と呼ぶことにしよう。


《これから、お前のこと『リダ』と呼ぶことにするから、よろしくな!》


《え?『リダ』ですか?》


《ん? 気に入らないのか?》


《いえ、そうではございませんが……

 彰人様は、私のことを『タマ』と心の中で呼んでいらしたように思いましたので》


 なにぃ!? 気付いていたのか!?


《私も『タマ』が、なかなか響きが可愛いなぁ、と思っていたものですから……

 いえいえ、『リダ』が気に入らないわけではございません。

 勿論、彰人様のお好きな様にお呼びください……》


 いやいや。リダ―― 絶対気に入ってないよな。


《そ、そうか…… やっぱり『リダ』はやめよう。『タマ』と呼ぶことにするわ》


《はい!『タマ』と呼んでください!》


 タマ―― 相当気に入ってたんだな。


《ところでタマは、俺の言葉を念話で相手に伝えることはできないのか?》


《それは無理なのです。彰人様は我が主と契約を結ばれていますので、念話で話せるのですが、他の者への干渉はできないので、念話は使えません》


 タマは、俺以外には存在を全く感知されない。それどころか『存在しない扱い』らしくて、俺以外には干渉できない代わりに、俺以外からのどんな干渉も受けないらしい。


《それじゃあタマ。俺の言葉をこっちの言葉に翻訳して、俺に教えてくれ》


 回りくどいが、これで一応のコミュニケーションは取れるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます