第73話 双剣と瞬雷

「次の試合は、一学年シリウス選手対三学年リヴィオス選手です! 雷の如き速さを誇るシリウス選手と、神速の双剣士リヴィオス選手のスピード対決となりそうです!」


 闘技場に上がると向かいから、細身の長剣を佩いた痩身のイケメンが現れた。


「シリウス君、君の試合を見させて貰ったが……強いね。まさかその歳で僕に匹敵する速さを誇るとは驚いたよ。この試合、後輩だからと舐めたりはしない、全力で狩らせてもらう……!」

「こちらも全力で戦わせていただきます!」


 リヴィオス先輩は白く輝く美しい装飾を讃えた双剣を流麗な動きで構えた。

 それに合わせ、僕も腰の刀に手を添えて戦闘態勢を整える。


「それでは、試合開始ッ!!」


雷光付与ライトニングオーラ


「『加速アクセラレーション』」


 僕が雷を身に纏うと同時に、残像を残すほどの速さでリヴィオス先輩が目の前に現れた。

 リヴィオス先輩が瞬く間に放った二連撃を片方を夜一で弾き、もう片方は躰を捻り回避する。


 リヴィオス先輩の人間を超越した剣速に会場がどよめく。


 次々に放たれる剣閃を受け流し、躱し、徐々に後退していく。

 そこには甲高い金属のぶつかり合う音が響き、白剣の煌きと放電による光が忙しなく瞬いている。


「ここまで僕の剣をまともに受けられたのは初めてだよッ!!」


 リヴィオス先輩は嬉しそうに口端を釣り上げながら剣を振るい続ける。


 明らかに肉体の制限以上の速度を再現している闘気『加速アクセラレーション』。

 その限界を超えた速度に、リヴィオス先輩の肉体からはブチブチと何かが断絶するかのような不穏な音が鳴り始めていた。

 リヴィオス先輩は顔を歪め、バックステップで距離を取った。


「くっ! ここまで発動時間を伸ばされたのは初めてだ――」


 無論休む時間クールタイムは与えない!


 退こうとするリヴィオス先輩に追い縋り、鞘から夜一を抜き放つ。

 リヴィオス先輩はまさか追撃が来るとは思わなかったのか一拍遅れて剣で防御を行うが、夜一の剣速と重量による威力に耐えきれずに吹き飛び障壁に叩きつけられた。


「ガハッ! クソッ……これはシオンに取っておきたかったが仕方ない……これが俺の本気だ! 『加速・二乗アクセラレーション・トゥワイス』!!」


 障壁に叩きつけられたリヴィオス先輩に追撃を放ったが、先程までの加速を隔絶するほどの速度でリヴィオス先輩は横に跳躍して回避した。

 あまりの移動速度にリヴィオス先輩が蹴った箇所から床材の破片が舞う。

 想像以上の加速である。


 ――本当は決勝まで見せたくはなかったのだが、勿体ぶってここで敗れては元も子もない。


瞬雷ブリッツアクセル


 自らの動体視力の限界に迫る程のリヴィオス先輩の動きを捉えるため、『瞬雷ブリッツアクセル』により肉体と思考を超加速させる。

 世界がスローモーションになり、死角に回り込みタイミングをズラして放たれた二つの剣閃が視界に映る。

 全てが遅延して映るその世界の中、剣閃の間を縫うように夜一の居合いを叩きつけた。


 リヴィオス先輩の剣閃が僕に届くことはなく、彼は闘技場の外に退場させられていた。


 一拍遅れて、会場は歓声で包まれた。

 熱い視線を感じると思い観客席に目を向けると、シャーロットさんがぴょんぴょん跳ねながら何事かを叫んでいるようであった。

 ……見なかったことにしよう。


「な、な、何が起こったのでしょうか!? 二人の動きが早すぎて何が起こったのか私には分かりません! 分かりませんが、高速の戦いを制したのは、一学年シリウス選手です!! なんと今年は二人も一学年が準決勝に進出するという異例の事態に!!」


 控室に戻ると、ロゼさんが当然という表情で待っていた。


「決勝まで負けないで」

「あぁ、ロゼさんこそ。次は前回優勝者だからね、頑張って!」

「私は負けない」


 不敵に笑うロゼさんであったが、どこか微笑ましくて生暖かい視線を向けてしまった。



「シリウス様、失礼いたします」


 背後に気配を感じ振り向くと、そこには老執事が腰を折っている姿があった。


「シャーロット様がお会いになりたいと……お時間、いただけますか?」


 また目立つようなことをして……

 そう心の中でひとりごつが、有無を言わさない圧力に無言で頭を縦に振るしか選択肢はなかった。


 老執事に着いていくと、そこでは国王と王女がお茶を飲みながら談笑していた。

 そして一歩下がった位置に【剣聖】リィン・ソードフェアが控えていた。

 僕が部屋に入った途端、シャーロットさんはぱあっと顔を輝かせて駆け寄ってきた。


「シリウス様ッ!! シリウス様の勇姿……あの……とても、素敵でしたわ……」


 朱に染まりはじめた頬を両手で包みながら、シャーロットさんが見つめてくる。

 誰もが振り返るような美少女の王女にそんなことを言われ、内心を悟られないよう項を撫でながら答えた。


「あ、ありがとうございます。国王陛下、シャーロットさん、リィン騎士団長、お元気そうでなによりです」

「あぁ、我が国の未来を担う冒険者達を見に来たのじゃが……中々面白い戦いじゃったぞ」

「は、ありがたきお言葉です」


 跪き、頭を下げる。


「あー、よいよい。これは非公式な、言わば娘の友人に会いに来たようなものじゃ。堅苦しい礼は不要じゃ」

「かしこまりました」


 国王陛下は面倒そうに手をひらひらと振っている。

 あまり王族然としていない人達だが、そこが好意的でもあると感じる。


「シリウス様、あの、良かったら学園祭を案内してくださらないかしら?」


 そこへシャーロットさんが爆弾を投下した。

 王女がうろちょろなんてしてたら大変なことになるぞと目を瞠る。


「えっ!? いや……この人混みの中に王女殿下を放り込むのは、あまりに危険だと存じます。恐らく人も集まってくるでしょうし……」

「そこは大丈夫じゃ。認識阻害の魔術が付与されている魔導外套があるからの。そこまで強力な効果ではないが、パッと見で気づく者はまずいないじゃろう」


 何という用意周到さ!

 計画通りとでも言いたげにニヤニヤとしている国王陛下を見ると、これは筋書き通りの展開なんだろうと簡単に予想できた。


「ダメ……ですか……?」


 仕上げにうるうると輝く瞳で見つめてくるシャーロットさん。

 ……これは反則だろ。


「……僕の友人たちに同行していただくというのは……いかがでしょうか?」


 流石に王女と二人きりで文化祭を歩くというのは――楽しいかも知れないが――正直緊張するし、万一気づかれた場合変な噂になりそうで嫌だ。

 その点、クラスメイトを交えれば自身へ向く意識も軽減できるだろう、と目論む。


「……許可します」


 シャーロットさんは少しだけ頬を膨らませつつも、意図を汲んでくれたのか渋々と言った感じで了承してくれた。



 キャッキャウフフと美少女が四人クレープを頬張る姿は微笑ましくもあり、非常に目を引くものであった。加えてグループには加わっていない物の、普段は抜き身の剣のような鋭さを持つ美しき騎士団長も目を瞑りながら甘味を堪能していた。

 そんな美少女達と共にいるシリウスとランスロットは周囲の男子からの射殺すかのような視線を一身に浴びていた。

 後ろではっはっはと笑っているムスケルは同学年であるのにも関わらず休日のお父さんポジションとなっており、例外だ。


 王女殿下をクラスメイトに紹介したところ最初は皆恐縮しきりであったのだが、「お友達としてシャーロットとお呼び下さい」というシャーロットさんの歩み寄りから、いつの間にか女子四人は旧友が如く仲良くなってしまった。

 最初は何故かお互い身構えていたが、四人でお花摘みに行ってから唐突に距離が縮んだように見えた。


「これをシリウス様が発明されたのですか!? うちのシェフの作るデザートより断然美味しいです!!」


 クレープを貪り、興奮気味に詰め寄ってくるシャーロットさん。


「シャーロットさん、クリームが口に」

「あっ!? 恥ずかしいです……シリウス様、取っていただけませんか?」


 顔を赤らめながらもじもじと顔を差し出してくるシャーロットさん。

 心なしか唇が少し突き出しているようにも見える。

 美少女が目を瞑り唇を差し出してくる姿に、つい顔を逸してしまう。


「ちょ!! シャーロットさん!! 私が取ってあげますから! はい、動かないで!」


 そこへエアさんが割り込み、若干雑にハンカチでクリームを拭き取った。

 シャーロットさんがエアさんに鋭い視線を向けるが、エアさんはそれを軽く受け流す。


「シャーロットさん……油断ならない……」


 女子たちはジト目でシャーロットさんを見つめていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます