第53話 残念美少女、弟をほめる


 いつの間にか寝ていた私は、朝になってメタリに起こされた。


「レイチェルさん、もう起きないと、授業に遅れるわよ」


「えっ?

 ど、どうしよう」


 私は、お風呂にも入っていないことを思いだした。

 メタリに部屋から出てもらうと、下着だけ着替える。

 マジックバッグから濡らした布を出し、顔と手だけは拭いておく。

 

 部屋から出ると、メタリがそわそわしながら待っていた。


「急ぎましょう。

 ぎりぎりの時間だから」


 彼女の声と同時に、鐘の音が聞こえてくる。

 私は彼女と並んで、本棟へ走った。


 ◇


「レイチェルさん、お早う。

 昨日はありがとう」

「お早う、レイチェルさん。

 ごちそうさま」

「お早う。

 私、あれ食べるの、夢だったんだ。

 ありがとう」


 女子生徒が、興奮気味に声を掛けてくる。

 昨日、メタリに頼んで、みんなにポンポコ印のケーキを配ったからね。


「はい、みなさん、お早うございます」


「キャー、レイチェルったら、お姫様みたい。

 礼儀正しいのね」


 私たちがワイワイと教室へ入ると、また鐘が鳴った。

 みんなが席に着く。

 前の扉が開くと、カツカツと足音を立て、若い男の先生が入ってきた。

 制服のような白い服の上に、赤いローブを羽織った彼は、教壇に立つとキザったらしいジェスチャーで、こう言った。


「諸君、お早う」


 おいおい、「諸君」って、生まれて初めて聞いたぞ。

 

「「「お早うございます」」」


「では、魔術実習の授業を始めよう。

 諸君、私について来たまえ」


 彼はそう言うと、赤いマントをわざわざ手で翻し、教室から出ていく。

 生徒たちが慌てて席を立ち、その後を追った。


「カリンガ先生、どうしたのかしら、今日はやけに張りきってるわ」


 小走りに先生の後を追いかけながら、メタリがそう言った。 


「ホントだね、どうしたんだろう」


 アレクが首を傾げている。


 やがて、カリンガ先生は、運動場のような場所のまん中で立ちどまった。

 芝生で囲まれたその場所だけは、地面がむきだしだ。

 所々、その表面が凸凹している。


 芝生と「運動場」の境いに、ドンが立っていた。


「キャーっ!

 ドン先生よっ!」

「なんて幸せなのかしら!」

「先生ーっ、こっち見てーっ!」


 女子生徒の黄色い声が、広場に響く。


「静かにっ!」


 なぜか青筋を立てたカリンガ先生が、大声を上げる。


「授業中ですよ。

 さあ、いつものように並びなさい!」


 生徒たちは二十メートルくらい離れ、二列に並んだ。

 

「では、今日も水魔術の練習をしましょう。

 おや、君は、どうして並ばないんだ?」


 先生が、つっ立っている私に声を掛ける。

 

「先生、レイチェルさんは、転入してきたばかりです」


「ああ、君が転入生か。

 では、私のお手本を見ていなさい」


 そう言うと、彼は右手に持った金色のワンドを振った。


「水の力、我に従え」


 グレープフルーツ大の水玉が、ワンドの先にできる。


 おお! 魔術だよ、魔術!


「ウオーターボール!」


 カリンガ先生が、ワンドを振ると、水玉は遠くにある木立へ飛んでいった。

 それに驚いた鳥が何羽か飛びたった。


 生徒たちから、感嘆の声があがる。


「どうです?

 驚きましたか?」


 先生は胸を張っているけど、いつもドンの魔術を見ている私は、それがあまり凄いと思えなかった。

 黙っている私を見て、先生がこう言った。


「驚いて、声も出ないようですね。

 最初は小さなもので構いません。

 あなたも挑戦してみなさい」


 彼はそう言うと、くるりと背を向け、生徒たちに号令をかける。


「では、始めなさい」


 生徒たちは、向きあった二人ずつが組みになり、お互いに水玉を相手に飛ばしている。相手の魔術について感想を言いあっているようだ。

 生徒たちの水玉は大きくても野球ボールほどで、ほとんどの者はピンポン玉くらいのものがせいぜいのようだった。

 相手のところまで水玉が届いている者はいない。みんな十メートルくらいが限界のようね。


 小柄な少女メタリが、私に近づいてくる。


「レイチェルさんも、やってみない?」


「でも、私、ワンド持ってないよ」


「えっ?

 お部屋に忘れたの?」


「いや、一本も持ってないの」


「えっ?

 どういうこと?」


 しかし、私がそれに答える前に、先生が両手を打ち鳴らした。


「はい、それでは、ここで指導教官の模範を見ましょう。

 ドンさん、こちらへ」


 ドンがこちらへやってくる。

 女生徒から、黄色い歓声が上がった。


「コホン、じゃ、先生、模範をどうぞ。

 ああ、それより、ワンドはどうされましたか?

 ワンド無しで魔術を使うとは、よほど自信がおありですかな?」


 カリンガ先生はそう言うと、また詠唱して金色のワンドの先に水玉を作ってみせた。


 ドンが私を見る。

 私がうなずくと、彼は両手のひらを上にむけた。


 ドンの上に雲のようなものが集まる。雲は十ほどに別れ、渦を巻いた。

 やがてそれぞれが、バレーボールくらいの水玉となった。


 十個のボールは、ドンの周囲をくるくる回る。

 やがて、回転の輪が「運動場」一杯に広がり、球が空中に停まった。

 突然、全部の玉がすごいスピードで空に上がると、一点で同時にぶつかった。


 パーンっ


 そんな音がした後、細かい雨粒が降ってきた。

 空に虹が架かっている。


 生徒は、誰も何も言わない。

 カリンガ先生を見ると、ブルブル震えていた。

 どうしちゃったの、この人?


「お姉ちゃん、どうだった?」


「ドン、すごく綺麗だったよ」


「わーい!」


 ドンが無邪気に笑っている。

 それを見た生徒たちが、やっと声を上げだした。


「ドン先生、凄い!」

「どうやったんだろう?」

「あんな凄い魔術、見たことないや」

「何て美しいの!」


 トスンと音がしたので振りかえると、尻もちをついたカリンガ先生が、何かブツブツ言っている。


「あり得ない、あり得ない、あり得ない」


 何なの、この人。変な人ね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます