第42話 残念美少女、風林火山を完成させる



 何万という兵士たちを前に、私は少年王エリュシアスの鎧を背後からつかんだ。

 私は、ダンジョンで手に入れた滑りどめつきの不思議なグローブを手にはめている。

 これからすることには、この道具が必要なのだ。


 準備が整った私は、大声で名乗りを上げた。


「宮本浩二が一子いっし、ツブテ、参る。

 尋常に勝負!」


 ポチ(カニ)たち『『『どう見ても、尋常じゃないからっ!』』』


 こうして、一対数万の合戦が始まった。 

 

 ◇


 青く輝く自分の前に、エリュシアスをしっかり固定する。

 私は敵陣中央に向け、走りだす。

 魔闘士レベル4で強化された身体能力は、二人分の質量を一瞬で軍隊の中央へ叩きつけた。


 ゴッゴッゴッゴッゴッ


 エリュシアスの鎧にぶつかった兵士の体が、おもちゃのように飛んでいく。

 その兵士にぶつかった兵士が、また吹きとばされる。


 私が通った跡には、まるで聖書に書かれたモーゼのエピソードみたいに、兵士の海を二つに割る道ができた。

 冷静な何人かの兵士が、こちらに魔術を飛ばしてくるが、青い光に触れたそれは、一瞬でかき消えた。


 私は向きを変え、兵士という名のオモチャを、再び縦横無尽に蹴散らしていく。

 草原には、エリュシアスが着た鎧と兵士がぶつかる音、そして、悲鳴を上げ飛んでいく、兵士の声が響きわたる。

 私は、さらに走るスピードを上げた。


侵掠しんりゃくすること、火のごとく!」


 ゴッゴッゴッゴッゴッ

 ゴッゴッゴッゴッゴッ

 ゴッゴッゴッゴッゴッ


 立っている者が半分以下になった頃、やっと兵士たちが逃げはじめた。


「た、た、助けてくれーっ!」

「ひーっ、青い化け物だーっ!」

「ぎゃーっ、魔王が出たーっ!」


 気を失い倒れている兵士を除き、全ての兵が蜘蛛の子を散らすように逃げていった。


 少年王エリュシアスを足元に置く。

 彼の鎧は形がベコベコになっており、原形を留めていなかった。

 中に入っている彼自身、ピクリとも動かない。


「動かざること、山のごとし!」


 私は膝を少し曲げ、人差し指で足元のベコベコ鎧をさし、決め台詞を叫ぶ。

 風林火山の完成だ。


 ポチ(カニ)たち『『『動かざることの意味が違うからっ! しかも、ジョ〇ョ入りっ?』』』


 こうして、王都東の草原で繰りひろげられた合戦は、私とドンの勝利に終わった。気を失っている兵士たちから、金目のものを根こそぎ頂いたのは、言うまでもない。


 ポチ(カニ)たち『『『むしろ、盗賊?』』』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます