第11話 残念美少女、〇〇に突っこまれる



 することがない私は、買い物に出かけることにした。

 この世界に来てから、ずっと着ているジャージだけしか服を持っていない。

 いくら格好を気にしない私でも、これではいけないと思ったのだ。

 だって、もしかするとマサムネ兄さんに会うかもしれないし。

 ぐへへ。


 ◇


 私は、『アヒル亭』のおばさんに紹介されたお店に来ている。

 お店は表に木の看板は出ているけれど、ショーウインドーはなく、中に入らないと何のお店か分からない。

 

「こんにちはー」


 店の中には棚が並んでおり、そこに服が並べてあった。

 なぜか、ハンガーに吊るしている服はない。

 奥から感じがいい三十才くらいの女性が出てくる。


「*+$%!」


 あー、そういえば、相手が指輪していないと話ができないんだった。

 私が店から出ようとすると、女の人に手をつかまれる。

 どうやら、ちょっと待てと言ってるらしい。

 彼女のジェスチャーから想像しただけだけど。

 女性は奥へ入ると、すぐに出てきた。


「ごめんなさい、指輪を外してたの。

 ウチは、あまり他所の人が来ないから」


「こんにちは。

 私、ツブテといいます。

『アヒル亭』のおかみさんから紹介されました」


「ああ、モアナさんね。

 彼女には、お世話になってるのよ。

 この指輪なんて本当は凄く高価なものなんだけど、アレク君が安く譲ってくれたの」


「アレク?」


「モアナさんの息子さん。

 魔術学院の優等生なの」


「ああ、そうでしたか」


 そう言えば、『アヒル亭』の女将さんが、息子がいるって言ってたっけ。


「あ、ごめんなさい、服が欲しいのね?」


「はい」


「予算は?」


「ええと、これでお願いします」


 カニを入れている腰のポーチから、銀貨を三枚取りだした。


「まあ!

 お金持ちなのね。

 この予算なら、色々選べるわよ。

 でも、このおかね、なんで濡れてるのかしら?

 所々、白雪草の種のようなものが付いているし」


 カニと一緒に入れてたからね。

 ポーチの中は、カニが快適なように常に湿らせてあるから。

 あと、白雪草の種がどんなものか知らないけど、銀貨に付着している黒い物体は、カニのウ〇チではないと思う、いや、そう思いたい。


 そのときカニのポチ(命名ツブテ)がつぶやいた。


『いえ間違いなく、私のそれです』

 

 ◇


 服を新調した私は、ギルドに向かった。

 一人で受けられる依頼があるなら、挑戦してみようと思ったからだ。

 ギルドに行く途中、男女を問わず私にガンを飛ばしてくる者には、近づいてガン見してやった。

 みんな、怯えたように目を逸らしてるな。

 そんなんなら、最初っからガン飛ばすなっての。


 そのときポチ(カニ)が再びつぶやいた。


『みなさん、冒険者衣装のツブテちゃんがステキだと思って眺めてただけなのに……』


 ◇


 両開きの扉を押しあけ、ギルドに入る。

 

「こんにちはー」


「あ、ああ、こんにちは、ぷっ」

「こ、こんにちは、ぷぷっ」

「こんにちは、ぷぷぷっ」


 みんな、こちらを見ると微笑ほほえんでいる。

 心温まる光景だ。


 そのときポチ(カニ)が呟いた。


『なんか、みんな馬鹿にしたように笑ってるんですけど』


 壁の依頼が読めないので、誰かに読んでもらわなければならないと気づいた。

 しょうがないから受付カウンターの列に並ぶ。

 受付のお姉さんに読んでもらおう。

 並んでいるのは二人だけだから、それほど待たされなくて済むはずだ。


「おい、『残念』」


 背後で声がした。

 

「おい、『残念』

 聞こえないのか?」


 誰か私以外にもその名で呼ばれている人がいるらしい。

 ちょと可哀そうかも。


「おい、聞こえないのか。

 黒髪のお前だよ」


 えっ、私以外にも黒髪の人がいるの?

 私は思わず振りかえった。

 そこには、キザな感じの若い男が、私の顔に指先を突きつけていた。


――――――――――――――――


ツブテ「ほ、本当にカニが伏線だった……」

作者「甘いな、ケーキより甘い。こっからだぜ、カニの活躍は」

ツブテ「なんでーっ!?」

作者「(ある意味、主人公カニ)ぷっ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます