第47話 あなたに残したようじ

「取り出せないよ。」

『崩したくない、なんて言わないでよ?』

「ううん、。」

「……いたた、いだだだ!」


 指輪が『はぁ?』と言うのと同時に首をひねったのだろう、私の指が右にねじれた。ひじ、腕、肩、上半身を動かし痛みを軽減しようとしたが、我慢できない痛みで品の無い声が漏れた。


 下着姿で床に寝ている。『光を浴びたい。』という火の方の願いを聞いての事だ。本当は外で浴びたいらしいが、私は痴女になるつもりなど無い。部屋で我慢してもらう。

 日向ぼっこの間、特にすることも無かった。ディアと指輪の水が話をしていて、目を閉じて聞いていただけなのに。


『あ、ごめんごめん。ついりきんじゃったわ。』

「セレス、大丈夫?」

「少し赤くなっただけ、かな。」


 軽いなぁ、指輪さんは。ディアが私の手を取り撫でてくれる。私のよりも小さな手なのに、何か安心するんだよね。

 ……あれ? ディアの胸元が仄かに光っているような?


「ねぇ、ディア? 何か光ってない?」

「セレスの近くだから光ってるのかな。」

「私の?」

「その『ギギ』だっけ? 本数を数えると分かるかも。」


 指輪が『良いの? 今で。』と言い、ディアは小さく頷いたので良いのだろう。本数を数える事にする。

 当たり前だが500本入りの爪楊枝だ。放っておくと戻ってくる性質から数える事など無かった。10本ずつディアに渡すと、器用に分けて持ってくれる……ディアに渡しても戻ってこないのか。新しい発見だった。

 腕にすり寄ってきたディアをそのままに数えていく。


「あれ? 1本足りない? 服についてるのかな。」

「うん。」


 なぜ足りないのか。周囲を探す私に下着から『影を作らないでくれ。』と不平が飛んでくるけれど無視。視線を感じ、顔を向けると至近距離で目が合った。

 じっと私を見るディアが頬を赤らめながら言う。


「えっとね、セレスの、でしゅ。」

、ね。』


 射貫かれた。独身生活が長かった私は、頬を染めたメイド幼な妻の衝撃で白目を剥きそうになってしまう。胸が痛い……。


 ふらついた私を見て、慌てたディアが支えてくれる。

 至近で見る幼顔は、薄暗い部屋でも吸い寄せられるような瞳で——




「ディア……。」

「セレス……。」

「……早く終わらせて手伝ってくれないかねぇ?」

「わぁ!」

「ひっ。」


 ——驚いた私の声にディアが驚き、私たちの声を聞いてアンナさんが「早くしとくれ。」とだけ言い残し戻っていった。



――――――――――


「キー!」

「せめて言葉をお願いします。」

「うにににに!」

「はぁ、これでも持っててください。」

「キー……。」


――――――――――


補足

 【ギギ】 残り499本

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます