第39話 人の声

「……で? お三方がそろって、何をなさりたいと?」

『こいつ、聞こえない癖に生意気ね?』

『まぁ、そう言うな。我々はマノンと共にを助けるよう言われたのだ。』

「え? あなたたち、知ってるの?」

「セレスさん? そっちで会話されると困るのですが?」

「あ、すいません。私を助けるために来た、らしいです。」


 連れられた先は、地下だった。

 大きめの石に座らされ、机越しの男性と向き合い詰問……質問されている。初対面で凄んで見せた男性に、下着の火と指輪の水が反応してしまう。

 私には、お風呂の湯気くらいにしか感じなかったのに、男性は歯をガタガタと鳴らし震えていた。

 『ザコ。』という指輪の水さんの評価とともに温かさは消え、男性も震えが止まったらしい。咳払いして自己紹介を始めた風ギルド長だったが……威厳も何も感じなくなっていた。





 今回は井戸に蹴り落されることもなく、ふわりと降ろされた。さすが風ギルド……初めから、そうして欲しい。

 地下には以前と同じ四方を黒い壁に囲まれた部屋だが、足元の模様は光っていなかった。


 私の両側に立つローブを来たギルド員は、無言で私の背を押し、黒い壁に近づけようとする。

 壁に押しつけて何を、と精一杯の抵抗をしていると、脇腹をツンっと突かれた。変な声が出たかもしれない。

 突いたギルド員を睨む私の胸倉を掴んだ手が、黒い壁から生え、引っ張られた先には、高そうな机に肘をつく若い男性がいた。役員の部屋って感じだな……机上名札ネームプレートの文字は読めない。6畳間の半分を机が占拠するような配置、誇示したい何かがあったのだろうか。


 と、風ギルド長の質問に関係のない事を考えていた私に、前述の下着の火の声が届いた。どうやら彼女らは、セレスの中の私を知っているらしい。

 彼女らの声が特定の者にしか聞こえないため、逐一オウム返ししている。容疑も晴れたし、早く終わらないかなぁ。


「……スさん? セレスさん!」

「うあ、はい!」

「はぁ、あなたの借金等は無利子にしておきますが、はしてくださいね?」

「頑張ってみます。」

『コイツ、濡らすわ!』


 やめて、何か嫌だから。雫が滴る指輪を宥めつつ、ギルド長に返答しておく。

 帽子マノンが静かだな、と尻尾に触れる。ぐぅー、という音が聞こえてきた……ごめんね、いつ終わるのか知らんけど。


「それにしても、なぜあなたなのです? 私の方が様々な面で融通も利きますし、理解も早いと思いますがね?」

「あの……。」

「風ギルドをこれまで切り盛りしてきたのは私ですし? お三方にもご理解頂けると——」

「あの!」


―――――――――


「……ビクッ」

「……。」(じー)

「寝てないわよ?」

「追加して良いですか?」

「うぐっ。」


―――――――――


被害

 風ギルド地下執務室床:消えないシミ


補足

 セレスは、ぼーっとする事があります

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます