第36話 土は……?

 ひんやりした感触と、徐々に後頭部が濡れていくような感覚。

 草原で寝ていたはず……晴れているから雨も降っていない。

 起き上がろうとするが、魔力枯渇の影響で力が入らない。マノンー! とマノンへと助けを求めていると、聞いたことのない声が頭に響いてきた。


『ちょっとマノン、風やめて! 土で濁るでしょ!?』

『海に戻れば良いよ! しっしっ!』

『私たちの用件は聞いてるだろう?』


 頭越しの会話に違和感を覚えながら耳を澄ませていると、温か——いや、あっつ!

 サウナに入ろうとした時のような熱気が私の左側から迫る。マノンがすぐに風を送ってくれたのに、汗が噴き出たのが分かった。何が起こってるんだろ……つーか、マノンどいてー。


『シェレシュが焼けちゃうよ!』

『おっと、すまない。この子は、もろいのだったな。』

『あんたが熱すぎるのよ!』

『熱いのは当たり前だろう? それよりも何故、この子は寝ているのだ?』

『風を操りすぎたんだよ。』


 左から腹を抱えて笑われる一方で、右からは呆れ交じりの溜め息も聞こえた。子どものように、はしゃぎ過ぎた事は認めるよ? でも笑わなくても良いよね!


 再度、体を動かそうとする。起き上がるくらいは出来そうだ。震える手で帽子マノンを顏から引き離し、頭に戻す。クッションを押しつぶしたような……くぐもった声が聞こえた。


 少し離れた所で復帰したディアが、こちらを窺っていた。私と目が合うと笑顔になり、小さく手を振ってくる。私も振り返して、周りを確認する。

 熱を感じた左側には、上半身のみの女性が火に包まれ浮いていた。アゴが外れるかと思ったわ。腹を押さえ笑っていたのは、この人? だろう……生きてるのかな。

 ひんやりした右側には、同じく上半身のみの女の子がただれていた。ギョッとした。泥水が女性の形をしたかのような外見で腰に手を当て、こちらを見ていたのだ。30センチほどの泥体で、こちら浮いている。何かグチョグチョと音がしてる……こわ。

 泥の女の子は、私が引いている事に気づき話しかけてくる。


『あんた、私の事、キモイとか思ってゴポッないでしょうね、濡らすわよ?』

「お、思ってないよ?」(体中ただれてるし、変な音までしてるじゃん! 怖すぎる!)

『私たちにウソが通用すると思わなボゴッい事ね!』


 急に膨れ上がった泥水の女の子が、私に泥水を噴射してきた。顔を腕で防御し——

——出来る訳も無く、冷たい泥水を言いたいだけ掛けられてしまった。うげぇ、一張羅なのに。


 マノンが風で乾かしてくれた。しかし、気持ち悪さは拭えない。変な2人は、またケンカしてるし。

 泥パックが乾いたようなパリパリの土を落としていると、ディアが恐る恐る近づいてきた。


「あ、セレス……えっと、綺麗になったよ?」


 褒めてくれるのは、うれしいけれど世辞にもなってないよ……。


――――――――――


「泥パック良いわね。」

「綺麗になりますね。」

「調達できる?」

「仕事が終わってからにしてくださいね?」

「うぐっ。」


――――――――――


被害

 セレスの服とインナー:泥まみれ


補足

 新キャラは『燃える半裸』と『泥も滴る子』でした。それぞれ火と水を司る。

 マノンとは長い付き合い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます