第33話 大人になる、という事。

 燃える。


 焦り近づいた時、ちょうど火を消そうと、ディアが井戸から汲み上げた水を撒いた所だった。

 ロシア帽にかかるかと思われた水は、たき火の炎のみを鎮火した。


 走り寄り、火傷の心配もせず帽子を拾い上げる。

 損傷を確認するが、元から燃えてはいなかったようだ。柔らかい風が髪を撫でた。

 よかった。何で火に晒されてるの……。


「あ、あのね……セレス。」


 ホッとため息をついた私に、ディアが申し訳なさそうに話しかけてきた。帽子が風を送っているのか、少女の髪は後ろに流れている。服の一部が焦げているのは、消そうとしたからだろうか。

 大人の対応をした方が良い、と。無駄に長く顔色をうかがい生きてきた経験が言っている。

 帽子を撫でながら聞く事にする。


「説明して?」

「えっとね、ここで火を焚いたらね、落ちてきたの。ブワーって!」


 ブワーって何よ。チラっと見上げるが、空しか見えない。雲がちらほら……うん、今日は晴れだ。

 ディアに胡乱うたがうような目を向けると、目に涙を浮かべ俯いてしまった。


「ディアは、燃やそうとしたわけじゃないのね?」


 うんともすんとも言わなくなってしまったディアの足元に、涙が落ちていく。うーん? どういう事だろう。帽子からの風は止んだ。何か関係があるのか?


「ディア、。重要な事だよ? ……下を向かない!」


 ビクっと肩が震え、顔を上げた少女の目を見つめる。怯えさせてしまっただろうか。気弱な性格だもんなぁ。

 近づき膝を折り、目線を合わせてみる。帽子を頭に乗せ、ゆっくりと抱き寄せる。


 努めて優しく訊くと、ぽつぽつと話し出した。根気よく聞いていくと、幾つか気になる事があった。



 火魔法の練習ができる時間は朝に限る事。

 たき火はディアがで用意した事。お腹から火が出るらしい……模様から噴き出す様は異様と言えた。

 人に感謝と服従する事。落ち零れから選ばれになるらしい。ディアも良く知らないと言う。

 私に言わなかったのは、嫌われたくないから。嫌う理由なんか無いのに。


「だって、だってぇ……。」

「ディア、昨日の続きだよ? ぎゅー。」

「あぅ、セレス……ぎゅぅ。」


 あぁ、もう。また手伝いに遅れちゃうなぁ。ぐずるディアを宥め、子どもの頃へと思いを馳せた。

 こういう風に泣いたりして、毎日遊んでいたなぁ。

 物思いに耽っていた私の耳を、帽子の尻尾が覆う。変な声が出た……。


『その子は大人の女性だからよ?』


 えっと、マノン? 問題って何の? と頭に直接聞こえてきたマノンの声に反応する。

 問題しか無い気がするのに。まさか性別関係ないのか。


『相思相愛なら障害は乗り越えられるよ?』


 戸惑う私の頬に手を添えたディアが近づき——


――――――――――


「何なの? この空気……。」

「幸せそうですね。」

「え? 良いの? 女の子同士……。」

「あなたが言いますか。」

「え?」

「……はぁ。」


――――――――――


被害

 特になし?


補足

 大人になる儀式:落ち零れに文様を施し、服従させる。ディアは孤児なので問答無用で選ばれた。劣悪な環境ではない。(差別意識やいじめ等)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます