第28話 温風 風邪 邪魔

「セレス、帰ろ?」


 帽子マノンの作業終了を見届け、ディアが提案してくる。

 少し、呆けていたようだ。頭を切り替えて頷き、帰路に就く。

 自然とつないだ手に笑みをこぼしたが、私の心は荒んでいた。


 出来る事を探そう。【ギギ】を持つ手が少し痺れている。きっと慣れない運動で筋を痛めたのかもしれない。


 荷を持ち、前を歩くディアに力負けしている。手のひらを開閉するが、頼りない手だとしか。

 風を操り、頭上で休む帽子にも負けている。肩まで痺れてきたようで、揉みほぐしながら歩いていく。


 



 食事処に戻った時には、頬を涙が伝っていた。倦怠感に襲われ、首まで痺れてきていた。


「セレっ!? あ、えっと、アンナさんのとこ、行こ?」

「……そうだね、行こう。」


 私を見て、目を見開いたディアの提案に精一杯の笑顔で答える。あれ、笑顔って、作るんだっけ。なんか、怠くなってきた。

 昼食を食べに来ていた客が私の顏を見て、口に運んでいたスープをこぼした。勿体無いなぁ。

 ディアは私を入り口近くの席に座らせ、奥へ駆けていった。


 しばらくするとアンナさんを引き連れてディアは戻ってきた。

 アンナさんは目が合うと、一歩後退った。アンナさんだぁ。


「あんた、どうしたんだい? 朝は元気だったじゃないか。」

「……私、元気ですよ?」

「ちょっとおいで。みんな! 夕食まで店じまいだよ! 代金は要らないから出ておくれ!」


 アンナさんに強引に手を引かれ、昨日も寝た部屋に寝かされた。ディアは部屋に来ていないようだ。

 起き上がろうと思うが、おかしいな……体に力が入らない。

 アンナさんは私の傍に座り、ため息をつき言った。


「あんたねぇ、顏がだよ? 何したんだい?」

「採集して、ディアとお喋りしたくらいです。」

「魔法を使い過ぎた訳じゃないのかい? まぁ、先生を呼んだから診てもらうと良いさ。」


 「でも……」と縋る私の頭に手刀チョップを落とし、アンナさんは部屋を出て行った。頭が痛い。

 それにしても、さっきまでのマイナス思考が嘘のようだ。腕の痺れは緩和している。若いから治りが早いのだろうか。倦怠感が少し残っているような。


「痛いのは僕だよ、~。」

「あはは、巻き添えだったね。よしよし。」

「顏がなのは僕が魔法を使う時に、シェレシュの魔力も使っちゃったからだけどね。」


 お前か、と尻尾をクイクイ引っ張ってやる。慌てて、ずり落ちそうな帽子は良い気味だ。

 ん? 真っ青?


「アンナさんは真っ赤って……。」

「ん? あ、熱あるよシェレシュ! 大丈夫?」


 何か一気に疲れてきた。帽子を無視して大人しく寝ていよう。コホッ。


――――――――――


「ふん。」

「?」

「……何か聞きなさいよ。」

「え? 嫌ですよ、面倒臭い。」

「聞きなさいよ!」

「聞きましたので失礼します。」

「え? あ、待ってぇー!」


――――――――――


 補足

 魔力欠乏時の症状:倦怠感、意気消沈

          セレスも主人公も基本的には前向きです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます