第21話 なしなしなし

「セレスー! 追加だよー!」

「ぐっ……はーい!」


 食堂の裏で、下げられた木皿を洗う私にアンナさんの声が届いた。一緒に洗ってくれているディアに一言断り、食堂へ戻る。

 夕暮れの食堂は、昨日よりも客が多い。口々に私へのお礼イヤミを言う客は、すごく楽しそうである。営業スマイルが引きつるのを止められない。


 お金が無い。


 山から溢れた魔獣は、それなりの値段になった。素材として貴重なのだそうだ。

 門前の白煙や陥没の復旧にかかる費用が問題で、利益は雀の涙。功労者のディアに奢ってあげるつもりが、どうしてなったのだろう。


 人手が足りない。


 門前の復旧は、すぐに終える事が出来なかった。

 門番のおじさんたちも手伝ってくれるらしいが、当事者の私が復旧しなければいけないらしい。解せぬ。

 おばちゃんたちは「ほら、私たちは、か弱い乙女だから。」と言っていたが嘘だろう。

 後ろで笑ったおじさんたちが椅子を投げられていたし。


 【ギギ】が戻らない。


 現状、私のアイデンティティとも言える爪楊枝【ギギ】。所有者から離れた場合、戻ってくるはずなのに……。

 白煙をマノンと共に処理した後、【ギギ】が元の爪楊枝に戻ってしまった。そして何度試しても性質が変わらなくなってしまった。使用回数の制限は無かったと思うけれど。

 漠然とした焦燥感がある。知らず知らずのうちに【ギギ】に依存していたのかもしれない。


 空腹を主張する腹を擦り、洗い物を持つ。井戸に戻って、さっさと洗ってしまおう。


 ため息をつきながら裏に出た所で、ディアが私に気づいたようだ……聞こえちゃったかな。


「あ、セレス。」

「ディア、休んで良いよ? 私も木皿コレ洗ったら休むから。」

「でもセレス……。」


 努めて笑顔で言うとディアは言い淀み、食堂へと歩いていった。

 小さくため息をつき、気持ち新たに木皿と格闘する。井戸水は冷たい。異世界に来てまで皿洗いをして、借金まで。

 何だか少し、少しだけ、泣きたくなった。


「シェレシュ、音を漏れないようにしたよ。」

「……ありがと。」


 帽子マノンの尻尾は、私を擦っているようだった。


―――――――――――


「アレは、仕方がないわね。」

「早まった、でしょうか。」

「いずれ直面する問題だもの。乗り越えてもらいましょう。」

「……。」


―――――――――――


被害

 門前の陥没 残り87%


借金

 銀貨20枚分(セレスは200枚分だと勘違いしている)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます