第19話 白煙 じわじわ 質と量

 白煙が砂埃を巻き上げながら地を這い、迫ってくる。


 【ギギ】により発生した白煙は、なぜ霧散しないのか。小屋の床板を溶かした時は、臭いも無く平気だった。運が良かっただけ? 冷や汗を拭う。どこからか、ジュウジュウという音が聞こえてくる。

 白煙に触れた雑草が茶色から黒く変色していく。歩くような速度で、じわじわと接近してくる。小屋の近くで見た雲のようだ、と場違いな事を考えてしまう。

 おじさんたちが騒ぐ声が大きくなった。門番たちも異常に気付いたらしい。


「毒を出せるなら、毒を回収したり——」

「あの量だよ? 毒まみれになるよ。」

「——そだね……今の私、素手だし。触れないように手を覆う? 500本あるし、もっと大きくても……。」


 500本もあるから、と小屋で寝る時に【ギギ】を半球状に配置して寝た事を思い出す。

 どうにか半分ほど残すことができれば、吸引と防護を両立できるかもしれない。

 ……煙を吸う性質になるか、は分からない。


「こんな事になるなら、もっとちゃんと確かめておくんだった。」

「たらればだね~。でも大丈夫だと思うよ? 閉めた門を背にすれば、本数の余裕があるし。」

「おお、お。マノンがまともな事を——」

「白煙を吸着しようとしてるみたいだけど、性質変化では【ギギ】にをさせられないよ?」

「——魔法詠唱にしか聞こえない……。」

「ちゃんと考えて見なよ【性質変化】なにができるかを。」


 ロシア帽マノンにため息をつかれてしまうアホな私です。がんばって考えます。

 【性質変化】……そも性質って何? ドームにできるんだからくっつくよね。粘性?

 でも粘性を持たせても、白煙が村を飲み込んでは、意味が無い。であれば——

 

「あまり時間ないよー?」

「分かってる。」


 【ギギ】を見つめ、素っ気無く返答する私の後頭部にマノンの尻尾が当たる。

 白煙に目を向けると、門の間際まで近づいていた。


 ――質と量を増やさないと!


―――――――――――


「ねぇ、どうなると思う?」

「そうですね……良くて半壊、悪くて隣の村まで、かと。」

「まったく。いくらでも方法は、あるでしょうに。」

「じぃー。」

「……何よ。」

「いえ、何でもありません。」


―――――――――――


被害

 カキ・マノン村からマノン山までの地面 約50平方メートル黒化

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます