第17話 騒動 一陣 ひっぱりだこ

「まったく、忙しいんだから騒ぐんじゃないよ! 特にディア!」

「うにゃー、ごめんなさいー。」

「アンナさん、この子は……?」

「ディアだよ。薬草採集をよくしてくれるんだ。」

「ディア、私はセレスだよ。よろしくね。」

「セレス、黒い髪キレー。」


 自然に腕の中へと納まったディアに狼狽うろたえてしまう。情けないが不意打ちに弱い。グリグリと頭を押し付けてくるので、とりあえず頭を撫でながら礼を言う。少し、地面が揺れた気がした……気のせいだろう。


「えへぇ、にゃぁ~ん。」

「かわいい……そう言えば、持ってきたって言ってたけど?」

「ゴロゴロ。」

「だめだこりゃ。よっぽどセレスが気に入ったんだねぇ。こら、ディア! さっさと集めたモノ出しな!」


 ディアは私にくっついたまま腰のポーチをアンナさんの方に向ける。なぜ離れないのだろうか、と手が止まると少し不満そうな顔をして見上げてくる。


「じぃ~。」

「撫でて欲しいの?」

「……。」(コクコク)

「しばらく相手してあげとくれ。客もまだ来ないだろうし。ディアは食べてくかい?」

「たべる~。」


 アンナさんがディアからポーチを受け取り台所へ戻っていく。

 「一緒に席に着こう?」と言うディアに引っ張られ歩き出した時、大きく地面が揺れた。


 ドンッ! という視界がブレるほどの縦揺れ。

 店内のあらゆる物が揺れ動く。ディアと私は何とかテーブルの下に入り込んだが、固定されていない椅子などが倒れ、おばちゃんたちの悲鳴が飛び交った。

 音から察するに、調理場は大惨事だろう。揺れが酷くて立てない。私にしがみついているディアは恐慌状態だ。あまりの様子に、逆に落ち着いて考えられた。


「ごめんなさいごめんなさい!」

「……収まった?」


 縦揺れは10秒ほど続き、次第に小さな揺れになった。

 揺れが収まり、私たちの元へ顔を出したアンナさんに、ディアを押し付けて外に出る。アンナさんの呼び止める声が聞こえるけれど、山の方から嫌な予感がする。


 急いで山に近い門へ向かう。見かけた村人は山を見上げ、立ち止まっている。門番のおじさんたちも山を見て、唖然あぜんとするばかりだ。

 門に着いた時点で、息は上がっていた。膝に手を当て、呼吸を整える。


「マノン、何あれ……何か分かる?」

「ん~、あふれちゃったなぁ。熱いの苦手なんだよね~。」

「もう! マノンの居た辺りじゃないの?」


 小屋の近くの火口からだろうか。黒煙が途切れることなく昼空を染めていく。村へと煙が流れてこないのは不幸中の幸いだろう。

 門から見えるふもとの森からも灰色の煙が……。


「ねぇマノン、何か、こっちに来るよ?」

「ちょっと……準備しようか。」 

「準備って何するの?」

「戦闘。」

「マジ?」

「マジ。」


 ……私、終わったかもしれない。


——————————


「うーむむむ、『あついの』はどうなってるのよ!」

「はい、そうです……え? 何か?」

「だから、どーなってんのって!」

抑圧されたドロッとしたものマノンに邪魔されてた溶岩が出ちゃった♪ だそうです。」

「『罪には罰を』知らしめよ。」

「……御意のままに。」


——————————


被害

マノン山周辺 計測中

遠方の南国の島 消失

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます