第4話 長い話って

 眠たくなるよね。マノンを背もたれにしてを教えてもらっている。風が気持ち良いなぁ……。


「……から、この山は信仰の対象にもなっているんだよ?」

「ZZZ」

「フンス、フンス!」

「んあ、寝て、たね。」

「説明を求めておいて寝るのは、いかがなものかと思うよ、僕は!」

「ごめんごめん。」

「まったく……。」


 霊峰【マノン】

 切り立った崖、最も魔力濃度の高い霊山として知られている。魔力溜まりの数や規模に比例して発生する魔物も強くなるらしい。数百年もの間、停滞する魔力溜まりのため、活発な生命活動をする魔物が多数生息している。


 マノンが生まれたのは200年ほど前らしい。そこらの奴らには負けないほど強いのだと自慢気に語っていた。


「……だから、である、この僕のとして」

「……」(ゴソゴソ)

「敬ってくれていいんだよ?」

「マノン、あれ何?」(マノンの後ろを指差しながら)

「ん? あれって? どこどこ?」

「『性質変化』ピリっとする程度、てぃ。」

「にゃ——!」


 これで強いというのだから、たかが知れていると思うんだ。ピクピクと痙攣けいれんしているマノンに追撃しながら周囲に気を配る。


 私たちがいるのは、窪地くぼちに出来たカルデラのような場所。窪地の中央には縦穴があり、下っていけば火の魔物がいっぱいいるらしい。怖すぎる。

 高所なのに2階建ての家くらいの木が何本も生えているし、雑草もたくさんえている。所々に光っている花があるけれど、魔物なのかな。


「アレは【アレ】だよ、食べられるよ。」

「どれ?」

「あれ?」

「ん?」


 ……バカやってないで食べられる花を摘んでおこう。【アレたんぽぽみたいなの】は茎に水をめる性質があり、時間をかけて甘い水になっていくらしい。葉や根も食べられるので、この山ではポピュラーな食べ物だそうだ。ちなみにマノンは草食なのだとか。


「食事にするかい?」(もっもっ)

「めっちゃ食べてるし。昨日から食べてないから、お腹減っちゃった。木の実でもってないかな。」

「ちょっと獲ってくるよ。」

「え?」


 止める間もなくマノンがへと駆けだして行った。


————————————————

「あの毛玉……良いわね、あなたアレになってみない?」

「嫌ですよ、動きにくい。」

「可愛いのに……。」

「ご自分を変成してみては?」

「……準備してくるわ。」

「おやつ抜きですよ……?」

「……やめときます。」

————————————————

被害

マノンの尻尾×3回「何で僕ばっかり!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます