第3話 その方法では

 小さな揺れを感じて、目を覚ます。薄暗いから日の出前なのだろう。バリアつまようじは維持されている。寝ている間に何も無かったようだ。


「戻して、準備運動でもするか。」


 準備運動をせずにいきなり動くと、次の日が辛いんだよな……という本音は置いておく。この体でを知らないのだ。見るからに華奢きゃしゃなので用心しての事だ。


「おっ、思った以上に柔らかいな、ほっ!」


 開脚、前屈、体が硬くて今まで出来なかった事ができる。小さな事だがスゴイ。足を180度に開いたまま床に肘をつけられる日が来るとは……。


 ポスン


 落ちてきたケースを手に取る。柔軟の次はコレだよな。ベッドを軽く片付けて外へ出ようとする。決して床の穴を見ない。決して。ドアは手前に開くタイプなので開けて外へ。


「俺は振り返らない男……今はおんにゃっふ!」(ボフッ)


 女だっけ? と言おうとした所で、ドアの向こうに鎮座していたに頭から突っ込んだ。野性味のある……じゃない。ドアよりも大きい白い毛玉なんて見たことがない。

 軽く押してみると表面は柔らかいが、内部は硬い。生き物なのだろう、ドクッ、ドクッと鼓動を手から感じる。


「なんだ? ドアからは出られないか。窓から出ても良いが……。」


 床近くは匍匐ほふくで通り抜けられそうだ……土汚れを気にしなければ、だが。

 ……なぜ、私が、外に出るだけなのに、こんなに考えさせられるんだか。おもむろに取り出した【ギギ】を白毛玉に近づけていく。


 プスッ


「いったぁー!」


 びびった。刺した俺が悪い。しかし建物が揺れるような大声で叫ぶとは思わなかった。

 巨体が飛び上がり、数メートル遠ざかった。外に出られそうだ。


 俺が見たのは、高さ3メートルほどの巨大ウサギ。俺が刺した所をしきりに気にしている。こんな生物がいるのか、と関心を持った。ちょっと涙目になっているをこちらに向けて猛抗議してくる。


「痛いじゃないかっ! いつもみたいにすってくれれば起きたよっ!」


 フンス、フンスと鼻息荒く言ってくる。まぁ、いきなり刺したら怒るわな。いつもみたい、とは? 初対面だろうに。


「あー、スマンスマン……っぃ。」(顏を背けながら)

って言ったよ! って! 相棒がケガしたら……ってどうしたの? ?」

「シェレ、シュ?」

「なんだろ、違和感があるね? クンクン、異常は無さそう?」

「俺に聞かれても……ところで、シェレシュってのこと?」


 俺の匂いを嗅いで異常を確かめていた相棒ことラビットの『マノン』。キョトンとしていたが、アレコレと教えてくれた。

 一人称は「私」だったそうだ。自分の事を「私」と言うようにしよう。


————————————


「うーん、思ったより早く流されちゃったわね……。」

「今世は女性ですから仕方がないかと。回収品の修復をしておきました。」

「ありがと、少し先をおこうかしら。」

「仕事してくださいね?」

「……はい。」


————————————

本日の被害

マノンの左足「結構、痛かった!」(HPで言うと4ダメージ)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます