帰るまでが遠足なら、帰れないままなら…

 拝啓



 海風が心地よく感じ、静かな海辺に強い日差しを振りそそぐ太陽の光が、波間では輝く宝石の様に見え隠れする時分、いかがお過ごしでしょうか?




 タカシです。




 現在、絶賛サバイバルになりそうな雰囲気です。


 そして、となりにいるのは、あの気持ち悪いとしか形容できない生物なのかそうでないのかの判断すらも疑問をもってしまうレベルの存在が、自分を囲むように体を丸めています。


 たぶん、毛があったら気持ち良いのかもしれないのでしょうが、どうみても甲殻の類です。ゴツゴツしてる部分が当たってかなり痛いです。



 再度いいますが、生物というのを侮辱してるんじゃないかというぐらいのクリーチャー度が高すぎて、正直に言ったとしてもキツイの一言です。




 そうそう、あの囲まれた状態でどうなったかというと、このクリーチャーに軽々と咥えあげられ、そのまま囲んでいる兵士たちを飛び越えてはとてつもない速度で飛び去っていました。



 いや、"飛ぶ"というには、いささか高さが足りなさすぎるかもしれません。

 なにせ地面すれすれを高速移動という状態なので、浮遊というのが正しいのでしょうか。



 浮遊にしては、呼吸をするのが困難な速度でしたが・・・



 というか、翼があったんですね。


 その顔群たちに気を取られすぎて気づくのが遅れましたが、鳥類というか蝙蝠とか魚類というか昆虫とでもいうか、いろいろ混じりすぎてて、何が何やらわからない翼を使っては浮遊飛行を行い、あの窮地から逃げれだせれたといった感じです。



 そうして、異様に大きな大木が生い茂っている森の中へと入りこみ、追われることもなくようやく地面に足を付けることができました。




 それより、次なる問題が発生しています。






 ここはどこなのでしょうか。


 さらにいうなれば、どうやれば帰れるのでしょうか。




 かなり疲れたので、少々睡眠をとっては冷静になれればと思います。




                                 敬具




追伸

 眠れたかと思った時、垂れてくる涎があります。

 キツイというポイントをさらに加算してきます。

 正直、つらいです。



('A`):モウ、オウチ、カエシテ・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます