ゆーしゃしょーかんとかじゃなかったのか・・・そうか・・・

 拝啓


 雨が多く、紫陽花あじさいの花が力強く咲き乱れる季節になりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?




 タカシです。





 数日ほどあの部屋に軟禁されていましたが、お天道様の下に出ることが叶いました。



 ただ、その場所がなぜか円形の壁に囲まれ、観客席から見下ろされる舞台とでもいうのでしょうか。




 そして、連れ出されるままに従って、その舞台に連れ出されると、放置される状態です。




 何かしら、鼓舞するような大声が広がり、大歓声が辺りを包み込んだ時、正直、自分がここにいる必要があるのか理解に苦しみました。




 そうして、しばらくしてから自分が出てきたところとは対照の位置にある鉄の扉がひらいて、そこから現れたのは一つの大きな動物たち・・でした。




 ええ、一つの大きな動物に複数の動物たち・・・・・・・で間違いはなかったと記憶しています。



 なにせ、顔が幾つもあり、それぞれがそれぞれの獣の手足があるけれども、ひとつ大きな身体の四足が、しっかりと大地に立っているというか・・・



 なんというか、生物としておかし過ぎるという存在が現れました。



 その生物だったものというか、気持ち悪いモノとでもいう存在は、あたりを見渡しているのか、しきりにそれぞれの顔を動かし、視線を動かして・・・あ、目があいました。



 一つの顔に付いている目とあったら、その頭部?胴体?に付随しているそのほかの色々な目がこちらを見つめてきます。


 そして、たれ落ちる涎





 確実に捕食にくる前動作というのでしょうか。


 さすがに、これはなすがままだとマズイと直感しました。


 マズイと直感したため「攻撃」をする事に決めました。








 そうして思いっきり殴るという決意のもと、まずはこのチート能力の確認を兼ねての広場を囲っている壁を殴ろうと振りかぶっては拳を叩きつけようとした瞬間、周囲の壁もろとも粉微塵に吹き飛びました。



 まだ、触れてないんですが・・・


 なんだか、条件が曖昧になってやしないかと思えますが、元が疫病神が行ったことであるならば、そういうモノになっても仕方が無いのかもしれません。


 とにかく、実行された結果、その壁に連なっている部分は跡形もなくなり、粉というか煙が舞い散る中、一緒に観客席と思しき座席にいた人たちが、落下してくる始末でした。



 そうして、あたり一面先ほどまでの歓声とは打って変わって、悲鳴?的な声があちらこちらから聞こえてきます。



 そういえば、生物らしきモノはどうしたのかと見てみると、こちらをジッと見ているまま止まっていました。


 たしか、野生動物とかは視線を逸らしたらヤバいという話を記憶しています。


 さすがに、今更ながらに思い出し、その視線に対して目をそらさないように睨み返していると、急に体をひっくり返してはお腹を見せ始めました。



 ・・・



 なんでしょう、野生の動物っていうのはこういう事するのでしょうか?よくわかりません。


 恐る恐る近づいてみるも、その状況から変わる事もなく、触ろうとするとビクッという感じで震えているというか・・・



 おとなしくなった事で、危険を感じる事はなくなったと判断しました。



 ただ、離れていく多くの人のほかに、武器を携えてこちらへ向かってくる人たちがおり、そう人たちによって周囲を囲われているのが、次の問題だと思います。





 

 とりあえずは覚えている内容を、お伝えさせていただきました。

                                  敬具



追伸

 なんか生物もどきに懐かれました。

 近寄ってみると、甘い声で鳴いてすり寄ってきます。

 ただ、毛もない素肌的な代物と、いくつもの頭部からそれぞれ鳴かれると

 やはり、こう・・・こたえます・・・


('A`):やっぱ無理・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます