第5話 タンポポ

君はボクを見つめて問いかける。

“生きるために生まれたの? 生まれてきたから生きてるの?”

答えられないボクはうつむく。

そんなボクを見て君はうつむく。


そんなボクたちを、

アスファルトから這い出すように咲いているタンポポが笑てっる。

ボクらを見て笑っている。


“理屈じゃないんだよ”ッて、笑ってる。


でも、ボクたちは、考えずにはいられないから…


そんなボクらをタンポポは笑ってる。

水と太陽の光を力いっぱい溜め込んで、生き生きと咲いているタンポポが笑ってる。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

引き出しの隅っこの消しゴムとえんぴつ @halunatuakihuyu

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ