第2話 映画館にて

 僕は映画館で寝てしまっていた。

小さな単館の古びた映画館で、観客は僕一人。

映画は時代劇。

僕はいつの間にか寝てしまった。

その夢の中で、僕も甲冑を着て走り回っていた。

戦いの中で、友も死に、殿も死んだ。

多くの人間が、仲間が死んでいった。

僕は、悲しみの中で目が覚めた。

気づくと、ちょうど映画も終わっていた。

すると、いつの間にか館内は満員で、

エンディングと共に、観客のみんなが立ち上がった。

みんな甲冑を付けていた。

みんな、夢の中の連中だった。

僕に優しく微笑み掛けて、出口の方へ。

みんな、消えるように出ていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます