センセイ

「藤堂さん」

「はい」

「全治1か月ですね」

「はい!?」

 柏木医師かしわぎせんせいはこちらを見ずにあっさりとそう言い切った。


「どうしますか?」

「と、いいますと?」

「ええ、骨折の場合固定するためにギプスをするのが通常ですが、藤堂さんは刑事さんのようなので、なるべく動ける方がいいのかと思いまして」

 感心した。この医師せんせいはちゃんと患者に向き合いながら、患者の利益を考えて治療計画をしてくれる。初めに少し疑ってしまった自分が恥ずかしくなる。

「ご配慮ありがとうございます。何か方法はありますか?」

「そうですねぇ……その折れてる部分的に固めるぐらいしかできないと思いますが……」

「立ったりはできるんですよね? 」

「できるとは思いますけど痛いですよ? 」

「息子にめしを作ってやらないといけないんで、台所に立つくらいの時間我慢できればいいんです」

――何だろう。そういった途端に医師せんせいがじぃ~っと俺を見ているような……。うんよく見るとこの女性ひと綺麗なだなぁ……


 ……っと、いかんいかん。へんな気を持ってはと同類だ。それだけは避けねばならない。


「えと、失礼ですが……藤堂さんはお一人でお子様を育てていらっしゃるんですか?」

「え ?ええ、そうですネ。たまに両親に見てもらってますがね」

「ああ、そうですか。ではウチと一緒ですねぇ」

ニコッと笑顔をみせた。

――あれ? この顔どこかで見たような……


 俺と話しながらも医師せんせいの手は休むことなく動き、俺の足に固定具を巻き付けていく。

「そういえば、ここに来る前に老夫婦に連れられたウチの息子くらいのに会いましてね」

「へぇ~、この近所でですか?」

「いえ、少し離れたところでしたね。確かそのも柏木さんというらしいですよ。偶然ですネ。医師せんせいと一緒だ」

突然ビクッと身震いした医師が顔を上げた。とても驚いているようで目を見開いている。

「その娘の名前なんてわかりませんよね?」

「確か……伊織ちゃん……とか言ってましたね」

――今度は顔を手で覆いながら恥ずかしそうに下をむく。なんだか……忙しい人だな。

「……す」

「は?」

「……です」

「はい?」

「むすめですぅ……。たぶんわたしのむすめだと思いますうぅぅ」

「え? えぇぇぇぇ!!? 」


なんといって言いかわからなかった。

と、頭に疑問が生まれた。あのは、たぶん自分の息子[真司]と同じ眼をもっているはず。、この女性ひとはそれに気付いているのだろうか…。

まぁ、気付いていたとしてもこんな初対面の男に言うはずはない。

「あの…藤堂さん。あの変な事を言ったりして困らせたりしませんでしたか? 」

「それは……どいう意味ですか?」

「え~っと……う~ん……、まぁいいかぁ」

なんか1人で悩んで1人で納得しちゃったけど、面白いなこの……医師せんせい


「幽霊が見える……とか?」


「え!?」

「え!!?」

二人で顔を見合わせた。



※作者の落書きのような後書き※


この物語はフィクションです。

登場人物・登場団体等は架空の人物であり、架空の存在です。

誤字脱字など報告ございましたら、コメ欄にでもカキコお願いします。


次回 ウチに来ませんか?

お楽しみに!!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます