伊織の決心

 見えない力で弾き飛ばされた自分。

 前回、体に入られたお義兄にいちゃんを救えなかったこともかなり心に大きな傷を作った。

 

――情けない。

 でも情けないままでいいのかと自分を奮い立たせようとする。でもどうしたらいいのかわからない。今まで相対してきたモノ達は、自分がいるだけで無力になったり消えて行ったりしていた。今回目の前に現れたモノは違う。少しだけ力が弱まってるみたいだけど、今の自分とは力の差が違う。それははっきりとわかっている。

 何より今回違ったことが一つだけある。足がすくんで動けなくなった事。

 隣にいるお義兄ちゃんを手助けできなかったこと。

 それが悔しい。情けない。

 あの人はまた立ち向かって行くんだろう。その時自分はそのそばに立てているのか……


 


考えれば考えるほど眠れなくなった伊織は、水を飲もうと降りてきた居間でまた考え込んでいた――


 コトッ

 ビクッ

 突然目の前に出されたコップに驚き体が震えた。

「ああ、ごめん驚いたか?」

 上げた顔の前には優しく微笑むお義兄にいちゃんをの姿があった。

「あ、お義兄ちゃん……」

「どうした? 眠れないのか?」

「うん……」

 お義兄ちゃんには今考えてる事は言えない。そんなことした知られてしまうから。

 だから困ってまた下を向いちゃった。

――こういう時、お義兄ちゃんはどうするの? どう考えてるの?

 そんな考えが頭に浮かんできて、無意識にクチにしちゃってた。


「お義兄ちゃん……は、いつからそんなに強いの?」

「俺が……強い?」

――あれ、私何か知らない間に口から言ってる。お義兄ちゃんも困ってる顔してるし。でも、なぜかクチが止まってくれない。


「うん。小さい時からそう……。どんな相手にもどんな時も立ち向かっていける」

「う~ん……」


――あぁぁぁぁぁ!!何をいってるのわたしぃぃぃぃぃ!!


 お義兄ちゃんが真剣になって悩んじゃってる。こんな私の考えなしの質問なのに。お義兄ちゃんは小さい時からそうだったけどね。


 小さい時のお義兄ちゃんは、ほんと私の事が嫌いなんじゃないかって思うくらい、ぜんっっっっっぜん! 話もしてくれなくて、でもそばにいる私を邪魔者みたいに扱うわけでもなく、逆に何かあるとすぐにかばってくれたり。

弱いんだけど。

 クスッ

 思い出すだけで笑顔になっちゃう。


「そんなこと……考えたこともなかったな。今気づいたよ。そうか俺はもともとは強かったのか……」


「え?」


 顔を上げて見えたお義兄ちゃんは微笑んでた。

「伊織がそう見えてたのは意外だったけど、俺は俺が思った通りに行動してるだけだよ」

「ッ!!」


――はい、今の私の胸に[ズキューン!!]ってきました。その顔でその言葉は反則ですよお兄ちゃん!!

もう!! やっぱり変わってないんだね。少し安心した。お義兄ちゃんは小さい時からはお義兄ちゃんはのまま、心の強さはやっぱりかなわないよ。


「お義兄ちゃんはやっぱりすごく強いし、すごく優しい。だから大好き……」

――はっ!! 何か口走っちゃったような気がするけど、聞こえてないよねお兄ちゃん!!


「あ、ありがとうお義兄にいちゃん。私も強くなれるように頑張るから」

――ううぅ~早くこの場所から逃げなきゃ!!

 よし!! お水飲んで戻ろ!!

 

 水をゴクゴク飲み干して、自分の部屋へと駆けていく。


 バタン


 自分の部屋のドアを閉めてベッドに思い切り飛び込んだ。

 枕もとの熊さんのぬいぐるみを抱きしめながら(正確には首を絞めてたけど)声にならない声をだした。


 落ち着いてきた心が私に言ってる。

「優しさがあるから強さがある。あなたの義兄あにはそれをもっている」と。

 

 なら私は? 

 どうすればいい?

 

 私は誓ったの。お義兄ちゃんを助けるって。でもそれが間違いだった。助けるんじゃい、助け合うんだと気づいた。


「よぉし!!」

 私は決心した。


――義兄ちゃんにこのを話す。そしてともに歩いていくんだ!!




 そうして、この日は熊さんを抱きながら伊織は眠りについた――






※作者の後書きみたいな落書き※

この物語はフィクションです。

登場人物・登場団体等は架空の人物であり、架空の存在です。

誤字脱字など報告ございましたら、コメ欄にでもカキコお願いします。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます