おうちに帰ってまずやること(手洗いのお話)

 寒さが増し、家の中が恋しい季節になりましたね。

 帰宅してすぐ暖房器具にあたためてもらうのもいいですが、まずは外で手についた汚れを落とし、感染症を防ぎましょう。


 今回は手洗いのお話をさせていただきます。



 感染症とは、ばい菌などの病原体が体の中に侵入し、感染することで引き起こされる病気です。

 汚れのついた手で室内の物に触ると菌が残ってしまうので、帰宅後すぐに手を洗うことが勧められています。


 調査によると、共用トイレの個室の鍵よりもドアノブや冷蔵庫の取っ手、テレビのリモコン、ぬいぐるみに付着する汚れのほうが多いらしいです。びっくり。

 だから、リモコンでテレビをつけた後にポテトチップスを食べるのは、衛生上あまりよくないんですね。ちなみに私は箸で食べる派です。


 外出先では乗り物のつり革や手すり、職場ではパソコンのキーボードやレジ周りがばい菌の多い場所でしょうか。触った後で食事をする際には気をつけたいですね。



 ばい菌は水洗いだけではなかなか落ちません。洗浄成分の配合されたハンドソープを使うのが基本です。汚れを落とすことで、ばい菌も剥がれやすくなるのです。


 手を濡らしたらハンドソープをしっかりと泡立ててください。

 洗い残しが多いのは指先やつめ、指と指の間、手首です。意識してしっかりと洗いましょう。

 

 外出先で手洗いが難しい場合は、持ち運べるアイテムが活躍します。


 アルコール消毒液などの手指消毒剤は、手に取って刷り込むとばい菌を洗浄できます。ただし汚れは落とせないので気をつけましょう。


 ウェットシートタイプであれば汚れもある程度落とせ、アルコール配合ならばい菌の洗浄もできます。

 使用する場合は、拭き残しの多い指先を意識してきれいにしましょう。


 それでは清潔を心がけて健康な生活を送ってくださいませ。それではー。



「ちょちょっ、なんか今回短くないですか⁉」


 お気づきになりましたか……実は想定していた以上に忙しいんですよ、今年。

 例年にない特売による客数増加、本部からの商品送り込みによる在庫過多で倉庫の利便性が低下、主力のアルバイトさんは学校行事で忙しく、ギリギリの人数でお店を回すため、通常業務も閉店後じゃないとできないことが多くて……。


「それで夜な夜な倉庫整理とか商品補充とか発注とか掃除をする、と」


 そうです。人がいないぶん効率的に店を回したくても、非効率的な出来事ばかり……特売とポイント還元セールを下手に被せるから、レジのシステムが対応しきれなくて手入力になり回転率が落ちる……いい加減に改善されてもいいところでしょう、何年同じことを繰り返せば現場の声を吸い上げるんですか偉い人間たちは……!


「リアルガチで攻めた不満を自分に言われてもちょっと」


 あっ、ここぞとばかりに不平不満を出してしまいました……失礼いたしました。

 おかげで家に居られる時間も短くなり、書くことも読むことも進まなくなっております。「未読〇〇話」の青文字が鮮やかで切ない色を放っていますよ、うぅ。


 そんなわけで、十二月の投稿は普段より短い文字数となりますが、引き続きご覧いただければ嬉しく思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます